ベルギーGP決勝:ハミルトンが優勝、2位はウェーバー

ベルギーGP決勝:ハミルトンが優勝、2位はウェーバー

2010年08月29日 – ベルギーGPの決勝レースが終わった。スタート直後と後半、2回に渡って雨が降ったため、波乱の展開となったレースだが、終わって見ればハミルトンが優勝、2位ウェーバー、3位クビサと、順位が入れ替わったものの予選のトップ3が顔をそろえる表彰台となった。アロンソ、バトンはリタイア、ヴェッテルも大きく順位を落として15位に終わった。また、小林は8位入賞。

2010年F1世界選手権第13戦ベルギーGPは、日曜日の決勝レースを迎えた。レース直前のコンディションは、気温16℃、路面温度20℃、湿度63%、風速3.5m、晴れのドライコンディションとなっている。

土曜日の予選を終えて、シューマッハ、ロズベルグ、ブエミ、グロック、デ・ラ・ロサの5名のドライバーがペナルティを科せられた。

シューマッハは21位、ロズベルグは14位、ブエミは16位、グロックは20位、デ・ラ・ロサは24位からのスタートとなる。

現地時間午後2時、全車がフォーメーションラップへ向かった。

ポールシッターのウェーバーを先頭に、24台のクルマがオールージュを上がって行く。

現在のスパ上空は晴れ間が見えるが、10分後に雨が降るとの予報が出ている。

多くのクルマがオプションを履いているが、バリチェロ、シューマッハはプライムを履いている。

全車がグリッドに着いた。

シグナルがブラックアウトし、レーススタート!

ウェーバーが出遅れる。ハミルトンを先頭に、クビサ、バトン、ヴェッテル、マッサがオールージュを駆け上がる。

ウェーバーは7番手までポジションを落としている。

シューマッハは17番手までポジションを上げている。

雨が降り始めたようで、多くのクルマが最終セクターでコースオフを喫した。

アロンソは他のクルマと接触し、ピットに入った。

他にも、デ・ラ・ロサ、ブエミ、グロック、コヴァライネンがピットに入った。

1周目を終えた時点での順位は、ハミルトン、クビサ、ヴェッテル、マッサ、バトン、ウェーバー、ヒュルケンベルグ、スーティル、ロズベルグ、アルグエルスアリ、リウッツィ、小林、山本、シューマッハ、ペトロフ、トゥルーリ、ディ・グラッシ、セナ、コヴァライネン、グロック、アロンソ、ブエミとなっている。バチチェロはクルマを止めている。

2周目を終え、ここでセーフティーカーが入ることになった。

3周目 セーフティーカーが出動するのを見てピットに入ったのは、小林、アルグエルスアリ、セナ、グロックの4台だ。

4周目 SCが戻りレースが再開された。デ・ラ・ロサ、コヴァライネン、セナ、ブエミが再びピットに入った。

5周目 アロンソとアルグエルスアリがピットイン。アロンソは1回目のピットインでインターミディエイトに交換したが、雨が止んだためプライムに交換した。アルグエルスアリはオプションに交換している。現在の順位は、ハミルトン、バトン、クビサ、ヴェッテル、ウェーバー、マッサ、ヒュルケンベルグ、スーティル、リウッツィ、ロズベルグ、ペトロフ、シューマッハ、トゥルーリ、ディ・グラッシ、山本、グロック、デ・ラ・ロサ、ブエミ、コヴァライネン、セナ、アロンソ、アルグエルスアリとなっている。

6周目 セナがピットイン。トラブルが起きたようで、エンジンを止めている。ガレージにクルマを入れるようだ。

7周目 ハミルトンは1分51秒789のファステストを記録した。2番手のバトンとの差は3秒8だ。バトンと3番手ヴェッテルの差はコンマ6秒、ヴェッテルと4番手クビサの差は1秒6、クビサと5番手ウェーバーの差はコンマ8秒となっている。

12番手のシューマッハは、前を走るペトロフにコンマ3秒差に迫っている。

8周目 アロンソがグロックと山本をパスして17番手にポジションを上げた。

9周目 ハミルトンとバトンの差は5秒5に開いた。バトンのペースはハミルトンよりもコンマ7秒遅い。アロンソはデ・ラ・ロサをパスして15番手までポジションを上げ、更に前を走るトゥルーリに迫っている。

アロンソはオープニングラップでバリチェロと接触し、クルマにダメージを受けている可能性があるが、チームメイトのマッサとそれほど遜色ないペースで走行している。

10周目 9番手リウッツィの後ろに列ができている。コンマ3秒差でロズベルグが続き、ペトロフ、シューマッハもすぐ後ろにつけている。

11周目 リウッツィがピットイン。

ペトロフがロズベルグをオーバーテイクし、ロズベルグは更にシューマッハに抜かれてしまった。その際、ロズベルグの左フロントのエンドプレートをシューマッハが踏んでしまった。

12周目 アロンソとバリチェロの接触事故はレース後に審議されることになった。

13周目 ヴェッテルがバトンをパスしようと狙っている。

ヴェッテルはケメルストレートエンドでバトンに並びかけたが、バトンはポジションをキープしている。アロンソもケメルストレートでリウッツィをパスしようとしたが、リウッツィはストレートエンドでアロンソをうまくブロックし、ポジションを守っている。

14周目 ハミルトンとバトンの差は8秒3に開いた。バトンの後ろには、ヴェッテル、クビサ、ウェーバー、マッサが列をなしている。

ここで山本がピットに入った。

バトンはフロントウイングの左下部にダメージを負っており、これがペースが上がらない原因の1つのようだ。

15周目 小林はロズベルグをパスしようとしたが、オーバースピードでコースオフを喫してしまった。

16周目 アロンソはリウッツィをパスして13番手にポジションを上げた。

ヴェッテルはバトンにオーバーテイクを仕掛けたが、バトンに追突してしまい、フロントウイングを落としてしまった。彼はすぐさまピットに入り、プライムに交換してコースに戻った。

バトンはクルマのリアにダメージを負い、リタイアとなった。

17周目 ヒュルケンベルグとペトロフがピットに入った。 

18周目 ヴェッテルは12番手にポジションを下げた。

バトンとヴェッテルの接触事故は審議対象となった。

19周目 トップのハミルトンと2番手のクビサとの差は10秒8だ。ウェーバー、マッサ、スーティルが続いている。

12番手のヴェッテルは、前を走るリウッツィの真後ろに迫っている。

20周目 現在の順位は、ハミルトン、クビサ、ウェーバー、マッサ、スーティル、シューマッハ、ロズベルグ、小林、アロンソ、ペトロフ、リウッツィ、ヴェッテル、デ・ラ・ロサ、アルグエルスアリ、ヒュルケンベルグ、ブエミ、トゥルーリ、ディ・グラッシ、グロック、コヴァライネン、山本となっている。

ヴェッテルにはドライブスルーペナルティが科せられた。

21周目 ヴェッテルは一度リウッツィをパスしたが、リウッツィはヴェッテルを抜き返してポジションを奪い返した。

ここでヴェッテルがピットに入り、ドライブスルーペナルティを受けた。

22周目 5番手のスーティルがピットイン。オプションからプライムに交換し、8番手でコースに戻った。

23周目 ハミルトンが1分51秒243のファステストを記録した。ウェーバーがピットに入り、プライムに交換した。

ウェーバーは4番手でコースに戻っている。

ここでヴェッテルが1分50秒868のファステストを記録した。

7番手のスーティルは小林を抜いて6番手にポジションを上げた。

24周目 クビサとマッサがピットイン。

クビサは2番手でコースに戻り、ウェーバーの前に出た。ウェーバーはクビサをパスしようとしたが、クビサは譲らない。

25周目 ハミルトンがピットイン。プライムに交換し、トップでコースに戻った。

スーティルが1分50秒800のファステストを記録している。

スーティルはストレートでシューマッハをオーバーテイクし、5番手にポジションを上げた。

26周目 クビサが1分50秒403のファステストを記録した。

リウッツィがピットに入った。

リウッツィはヴェッテルと接触したようで、フロントウイングにダメージを負っている。

ヴェッテルは左リアタイヤをパンクさせており、スローダウンしてピットに向かっている。

27周目 マッサが1分50秒111のファステストを記録した。

フェラーリのスメドリーは、マッサに「次の雨の可能性は20分後だ」と伝えている。

28周目 ヴェッテルがピットに戻ってきた。オプションに交換し、20番手でコースに戻った。

29周目 トップのハミルトンと2番手クビサの差は9秒5だ。クビサと3番手ウェーバーの差は1秒1、ウェーバーと4番手マッサの差は7秒8となっている。

30周目 現在の順位は、ハミルトン、クビサ、ウェーバー、マッサ、スーティル、シューマッハ、ロズベルグ、小林、アロンソ、ペトロフ、アルグエルスアリ、デ・ラ・ロサ、ヒュルケンベルグ、リウッツィ、ブエミ、トゥルーリ、ディ・グラッシ、グロック、コヴァライネン、ヴェッテル、山本となっている。

レッドブルのクルーは、10分後に雨が降るとウェーバーに伝えている。スパの上空には黒い雲が広がっており、この雲がいつどれくらいの雨を降らせるのかが、レースの鍵となりそうだ。

31周目 ハミルトンが1分49秒422のファステストを記録した。9番手のアロンソは小林の真後ろにつけており、オーバーテイクのチャンスを伺っている。

アロンソはストレートエンドで小林に近づいたが、パスできるほど接近することはできなかった。

32周目 ハミルトンは再びファステストラップを記録し、クビサとの差を12秒に広げた。

33周目 ヒュルケンベルグがデ・ラ・ロサにオーバーテイクを仕掛けたが、デ・ラ・ロサはポジションをキープしている。

34周目 レッドブルは軽い雨が20分降り続くと伝えた。グロックがピットに入り、ウェットに交換した。

35周目 山本、ブエミがピットイン。ついに雨が降り始めた。

スーティル、シューマッハ、小林、アロンソ、ロズベルグ、ペトロフ、トゥルーリ、ディ・グラッシがピットイン。

トップの4台はピットに入れず、ハミルトンはコースオフを喫して壁に接触しそうになった。

アルグエルスアリ、デ・ラ・ロサ、リウッツィ、コヴァライネンもピットに入った。

36周目 ハミルトン、クビサ、ウェーバー、マッサがピットイン。全車がインターミディエイトに交換した。クビサはピットで止まりきれず、ウェーバーに先を越されてしまった。

37周目 ヒュルケンベルグはドライタイヤのまま走行している。雨が強い区間の走行は非常に難しく、スピンを喫している。

ピットに入った際に接触しそうになったアロンソとヴェッテルは、審議対象となった。

38周目 ピット前は雨が激しく、クルマが走ると水しぶきが上がっている。

ヴェッテルがピットに入り、ウェットに交換した。

ここでアロンソがスピンを喫して壁に激突し、右フロントサスペンションが折れてしまった。彼はコース上にクルマを止めたため、SCが入ることになった。

リウッツィ、ブエミ、ヒュルケンベルグがピットに入った。

39周目 デ・ラ・ロサがピットに入った。SCが先導し、20台のクルマが一列になって走行している。

現在の順位は、ハミルトン、ウェーバー、クビサ、マッサ、スーティル、シューマッハ、小林、ロズベルグ、ペトロフ、アルグエルスアリ、デ・ラ・ロサ、リウッツィ、ブエミ、ヒュルケンベルグ、トゥルーリ、ヴェッテル、ディ・グラッシ、コヴァライネン、グロック、山本となっている。

40周目 ほとんどのクルマがインターミディエイトを履く中、ヒュルケンベルグ、グロック、ヴェッテル、山本はウェットを履いている。

アロンソのクルマは撤去され、SCがこのラップで戻ることになった。

残り4周 SCが戻り、レースが再開された。ロズベルグがシューマッハを交わし、6番手にポジションを上げた。

トゥルーリがスピンを喫したが、ランオフエリアに逃れてコースに戻った。

残り3周 ウェットを履いたリウッツィが、前を走るアルグエルスアリに迫っている。インターミディエイトでもきついほど、路面は濡れているようだ。

残り2周 ウェットを履いたデ・ラ・ロサがコースオフを喫し、12番手にポジションを落とした。

現在の順位は、ハミルトン、ウェーバー、クビサ、マッサ、スーティル、ロズベルグ、シューマッハ、小林、ペトロフ、アルグエルスアリとなっており、ここまでがポイント圏内だ。

11番以降は、リウッツィ、デ・ラ・ロサ、ブエミ、ヒュルケンベルグ、ヴェッテル、コヴァライネン、ディ・グラッシ、トゥルーリ、山本となっている。

ファイナルラップ ハミルトンはウェーバーに1秒8の差をつけてファイナルラップへ入った。

レース終了! ハミルトンがトップチェッカーを受けた。ウェーバー、クビサが続いている。

ベルギーGP決勝結果は、1位ハミルトン、2位ウェーバー、3位クビサ、4位マッサ、5位スーティル、6位ロズベルグ、7位シューマッハ、8位小林、9位ペトロフ、10位アルグエルスアリ、11位リウッツィ、12位デ・ラ・ロサ、13位ブエミ、14位ヒュルケンベルグ、15位ヴェッテル、16位コヴァライネン、17位ディ・グラッシ、18位グロック、19位トゥルーリ、20位山本となった。

アロンソ、バトン、セナ、バリチェロはリタイアに終わった。

ドライバーズチャンピオンシップは、ハミルトンが182pでトップに立ち、ウェーバーが179p、ヴェッテルが151p、バトンが147p、アロンソが139pとなっている。

コンストラクターズでは、レッドブルが330p、マクラーレンが329p、フェラーリが248p、メルセデスが145p、ルノーが123pとなっている。

雨で混乱したベルギーGPは、両チャンピオンシップを更に混沌とさせ、残りの6レースからますます目が離せなくなってきた。

次戦のヨーロッパラウンドの最終戦イタリアGPは、2週間後の9月12日に決勝レースを迎える。

関連記事

コメント

最新ニュース

  1. 2017年07月22日

  2. ハース 2018年もドライバーラインナップ継続へ 10:03

    ハース 2018年もドライバーラインナップ継続へ

    ハースのチームオーナー、ジーン・ハースは、2018年シーズンもロマン・グロージャンと…

    F1
  3. 2017年07月18日

  4. ピレリ フェラーリのタイヤトラブルについて「数日中」に結論 13:06

    ピレリ フェラーリのタイヤトラブルについて「数日中」に結論

    ピレリは、イギリスGP決勝でキミ・ライコネンとセバスチャン・ヴェッテルに起きたタイヤ…

    F1
  5. 2017年07月16日

  6. 22:41

    イギリスGP決勝結果

    F1
  7. イギリスGP決勝 ハミルトンがポール・トゥ・ウィン 22:40

    イギリスGP決勝 ハミルトンがポール・トゥ・ウィン

    イギリスGP決勝が行われ、ポールシッターのルイス・ハミルトンが優勝を飾った。2位にヴ…

    F1
  8. 20:52

    最新画像 イギリスGP(日曜日)

    F1
  9. 2017年07月15日

  10. 23:43

    イギリスGP予選結果

    F1
  11. イギリスGP予選 ハミルトンがポールポジション 23:42

    イギリスGP予選 ハミルトンがポールポジション

    イギリスGP予選が行われ、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。2位にキミ…

    F1
  12. フリー走行3回目 ハミルトンがトップタイム 23:38

    フリー走行3回目 ハミルトンがトップタイム

    イギリスGPフリー走行3回目で、ルイス・ハミルトンが1分28秒063のトップタイムを記録した。100分の3秒差でセバスチャン・ヴェッテルが2位に続き、ヴァルテッリ・ボタスが3位となった。

    F1
  13. 23:34

    最新画像 イギリスGP(土曜日)

    F1
  14. ボタス ギアボックス交換で5グリッド降格 11:12

    ボタス ギアボックス交換で5グリッド降格

    イギリスGP金曜フリー走行でトップタイムを記録したヴァルテッリ・ボタスが、ギアボック…

    F1
  15. 2017年07月14日

  16. フリー走行2回目 ボタスが再びトップタイム 23:29

    フリー走行2回目 ボタスが再びトップタイム

    イギリスGPフリー走行2回目で、ヴァルテッリ・ボタスが1分28秒496のトップタイム…

    F1
  17. 20:01

    最新画像 イギリスGP(金曜日)

    F1
  18. フリー走行1回目 ボタスがトップタイム 20:00

    フリー走行1回目 ボタスがトップタイム

    イギリスGPがシルバーストンサーキットで開幕し、フリー走行1回目でヴァルテッリ・ボタスがトップタイムを記録した。2位にルイス・ハミルトン、3位にマックス・フェルスタッペンが入った。メルセデスの両ドライバーは、昨年のポールポジションタイムを更新している。

    F1
  19. ヴェッテル シールドデバイスをテスト 11:09

    ヴェッテル シールドデバイスをテスト

    今週末のイギリスGPフリー走行で、セバスチャン・ヴェッテルがシールド型のコックピット…

    F1
  20. アロンソ イギリスGPで5グリッド降格 10:58

    アロンソ イギリスGPで5グリッド降格

    フェルナンド・アロンソは、今週末のイギリスGPでエンジン交換による5グリッド降格ペナ…

    F1
  21. 2017年07月13日

  22. イギリスGPプレビュー 08:41

    イギリスGPプレビュー

    オーストリアGPを終えたばかりのF1は今週末、イギリスへ向かう。現在の10チーム中7…

    F1
  23. 08:25

    最新画像 F1ライブ・ロンドン

    F1
  24. ビデオ オコンのイギリスGPプレビュー 08:24

    ビデオ オコンのイギリスGPプレビュー

    Force India driver Esteban Ocon previews this weekend's British Grand Prix, which takes place at Silverstone.

    F1
  25. 2017年07月11日

  26. FIA ボタスのスタートは「偶然」 13:56

    FIA ボタスのスタートは「偶然」

    FIAは、オーストリアGP決勝でのヴァルテッリ・ボタスのスタートについて、「偶然の判…

    F1
  27. 2017年07月09日

  28. 22:57

    最新画像 オーストリアGP(日曜日)

    F1
  29. オーストリアGP決勝 ボタスが今季2勝目 22:56

    オーストリアGP決勝 ボタスが今季2勝目

    オーストリアGP決勝が行われ、ポールシッターのヴァルテッリ・ボタスが2勝目を挙げた。…

    F1
  30. 22:56

    オーストリアGP決勝結果

    F1
  31. オーストリアGP予選 ボタスがポールポジション 08:20

    オーストリアGP予選 ボタスがポールポジション

    オーストリアGP予選が行われ、ヴァルテッリ・ボタスがポールポジションを獲得した。2位…

    F1
  32. フリー走行3回目 ヴェッテルがファステスト 08:09

    フリー走行3回目 ヴェッテルがファステスト

    オーストリアGPフリー走行3回目で、セバスチャン・ヴェッテルがウルトラソフトで1分5…

    F1
  33. 2017年07月08日

  34. ハミルトン ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ 17:49

    ハミルトン ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ

    オーストリアGP決勝を前に、メルセデスのルイス・ハミルトンがギアボックス交換により5…

    F1
  35. フリー走行2回目 再びハミルトンがトップ 17:38

    フリー走行2回目 再びハミルトンがトップ

    オーストリアGPフリー走行2回目で、ルイス・ハミルトンが再びトップタイムを記録した。0.147秒差でセバスチャン・ヴェッテルが2位に入り、ヴァルテッリ・ボタスが3位となった。

    F1
  36. フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム 17:35

    フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム

    オーストリアGPが開幕し、フリー走行1回目でルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。2位にマックス・フェルスタッペン、3位にヴァルテッリ・ボタスが入った。

    F1
  37. 2017年07月07日

  38. 21:26

    最新画像 オーストリアGP(金曜日)

    F1
  39. 2017年07月06日

  40. オーストリアGPプレビュー 09:22

    オーストリアGPプレビュー

    ドラマチックなアゼルバイジャンGPを経て、F1サーカスはオーストリアのシュピールベル…

    F1
  41. 2017年06月28日

  42. ホンダ オーストリアGPに「スペック3」PUを投入 10:37

    ホンダ オーストリアGPに「スペック3」PUを投入

    ホンダの長谷川祐介氏は、来週末のオーストリアGPに「スペック3」と呼ばれるパワーユニ…

    F1
  43. ウォルフ アゼルバイジャンで「ペースを確認」 10:35

    ウォルフ アゼルバイジャンで「ペースを確認」

    メルセデス代表のトト・ウォルフは、劇的なレースとなったアゼルバイジャンGPで優勝を逃…

    F1
  44. 2017年06月26日

  45. 00:21

    最新画像 アゼルバイジャンGP(日曜日)

    F1
  46. 00:20

    アゼルバイジャンGP決勝結果

    F1
  47. アゼルバイジャンGP決勝 劇的レースでリチャルド優勝 00:19

    アゼルバイジャンGP決勝 劇的レースでリチャルド優勝

    アゼルバイジャンGP決勝が51周で争われ、セーフティーカー3回、赤旗中断、リタイア7…

    F1
  48. 2017年06月25日

  49. 04:41

    最新画像 アゼルバイジャンGP(土曜日)

    F1
  50. 04:40

    アゼルバイジャンGP予選結果

    F1
  51. アゼルバイジャンGP予選 ハミルトンがポールポジション 04:39

    アゼルバイジャンGP予選 ハミルトンがポールポジション

    アゼルバイジャンGP予選が行われ、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。2…

    F1
  52. 2017年06月24日

  53. フリー走行3回目 ボタスがトップタイム 21:52

    フリー走行3回目 ボタスがトップタイム

    アゼルバイジャンGPフリー走行3回目で、ヴァルテッリ・ボタスがトップタイムを記録した。2位にキミ・ライコネン、3位にルイス・ハミルトンが入り、セバスチャン・ヴェッテルとマックス・フェルスタッペンはテクニカルトラブルに見舞われた。

    F1
  54. フリー走行2回目 再びフェルスタッペンがトップ 00:21

    フリー走行2回目 再びフェルスタッペンがトップ

    アゼルバイジャンGPフリー走行2回目で、マックス・フェルスタッペンが再びトップタイムを記録した。2位にヴァルテッリ・ボタス、3位にダニエル・リチャルドが入った。

    F1
  55. フリー走行1回目 フェルスタッペンがトップタイム 00:19

    フリー走行1回目 フェルスタッペンがトップタイム

    アゼルバイジャンGPが開幕し、フリー走行1回目でマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録した。2位にダニエル・リチャルドが入り、レッドブルが1ー2。セバスチャン・ヴェッテルが3位に続いた。

    F1
more news