イタリアGP決勝:アロンソが優勝、ハミルトンはリタイア

イタリアGP決勝:アロンソが優勝、ハミルトンはリタイア

2010年09月12日 – 2010年イタリアGPの決勝レースが終了した。アロンソがフェラーリの地元イタリアで優勝を果たし、チームメイトのマッサも3位と、フェラーリにとっては最高のグランプリウィークエンドとなった。2位はバトン、前戦までチャンピオンシップリーダーだったハミルトンは1周目でリタイアしてノーポイントに終わり、トップの座をウェーバーに譲った。

2010年F1世界選手権第14戦イタリアGPは、日曜日の決勝レースを迎えた。レース直前のコンディションは、気温25℃、路面温度35℃、湿度44%、風速2.9m、快晴のドライコンディションとなっている。

土曜日の予選ではアロンソがポールポジションを獲得し、フェラーリにとって2008年のブラジルGP以来となるポールをもたらした。また、ペトロフとグロックが5グリッド降格のペナルティを科せられ、ペトロフは20位、グロックは24位からのスタートとなる。

13番グリッドからスタートする予定だった小林可夢偉は、ギアシフトにトラブルを抱えたようで、クルマをガレージに入れている。ピットレーンからのスタートとなる見込みだ。

現地時間午後2時、23台のクルマがフォーメーションラップへ向かった。

ほとんどのクルマがオプションタイヤを履いている。

小林は今もガレージで待機している。

23台のクルマがグリッドに着いた。

シグナルがブラックアウトし、レーススタート!

バトンがアロンソをパスした。バトンがトップでターン1を通過した。アロンソ、マッサ、ハミルトン、ロズベルグ、クビサの順で続いている。

マッサをパスしようとしたハミルトンがマッサと接触し、右フロントタイヤにダメージを負ってしまった。

彼はコースアウトとを喫し、リタイアとなった。

1周目を終えた段階での順位は、バトン、アロンソ、マッサ、ロズベルグ、クビサ、ヒュルケンベルグ、ヴェッテル、シューマッハ、ウェーバー、ブエミ、バリチェロ、デ・ラ・ロサ、アルグエルスアリ、リウッツィ、ペトロフ、トゥルーリ、グロック、ディ・グラッシ、コヴァライネン、山本、セナ、スーティル、小林となっている。

2周目 小林はクルマを止めたようだ。

3周目 スーティルがピットイン。彼はターン11でコースオフを喫したようで、何かトラブルを抱えているのかもしれない。

スタートのリプレイが流れた。アロンソが少し出遅れた一方で、バトンは素晴らしいスタートで彼をパスした。アロンソとマッサがわずかに接触しており、バトンのクルマから何かのパーツが飛んでいる。

5周目 アロンソが1分27秒282のファステストを記録している。バトンとの差はコンマ4秒だ。

マッサに対し、チームはロズベルグとの差が開いていることを伝え、前の2台についていくように指示している。

6周目 ウェーバーがシューマッハをパスして8番手にポジションを上げた。

マッサが1分27秒093のファステストを記録している。前を走るアロンソとの差はコンマ9秒だ。

7周目 トップのバトンは1分26秒996のペースで走行している。アロンソが1分26秒993のファステストを記録し、バトンとの差はコンマ6秒となっている。

リタイアとなったハミルトンは、ヘルメットを被ったままチームのモーターホームへ歩いて向かった。

8周目 バトンとアロンソの差はコンマ5秒、アロンソとマッサの差は1秒、マッサとロズベルグの差は4秒5、ロズベルグとクビサの差は1秒7となっている。

8番手にポジションを上げたウェーバーは、前を走るヴェッテルにぴったりとついて走っており、差がコンマ8秒となっている。

9周目 5番手クビサの後ろに列ができている。コンマ9秒差でヒュルケンベルグが続き、ヴェッテル、ウェーバーも前のクルマとの差が1秒以内となっている。

10周目 バトンとアロンソの差はコンマ5秒となっており、アロンソの後ろにコンマ9秒差でマッサがつけている。完全に3台によるトップ争いが展開されており、4番手のロズベルグはマッサの5秒後方だ。

後方では、リウッツィがセクター1を最速タイムで通過した。彼は前を走るデ・ラ・ロサにコンマ6秒差に迫っている。

11周目 リウッツィはデ・ラ・ロサをパスして12番手にポジションを上げた。バトンがセクター2を最速タイムで通過している。

12周目 バトンは1分26秒861のファステストを記録した。トップ3による争いも接戦だが、5番手以降のクビサ、ヒュルケンベルグ、ヴェッテル、ウェーバーも依然として連なって走行している。

13周目 セナがコースサイドにクルマを止めている。

14周目 バトンは1分26秒695のファステストを記録し、アロンソとの差を1秒6に広げた。

15周目 アロンソは1分26秒421のファステストを記録したが、バトンとの差は1秒5とそれほど変わっていない。

プライムタイヤでレースをスタートさせたペトロフは、15番手を走行している。前を走るアルグエルスアリとの差はコンマ4秒だ。

16周目 アロンソはファステストを更新し、1分26秒288をマークした。バトンとの差は1秒3に縮まっている。

17周目 再びアロンソがファステストを記録し、1分26秒101をマークした。バトンとの差は1秒1に縮まっている。

ここでアルグエルスアリがピットに入った。

スーティルはグロックをパスして16番手にポジションを上げた。

18周目 デ・ラ・ロサがピットに入った。

19周目 アルグエルスアリがターン1をカットした可能性があるとして、審議対象となった。

20周目 アロンソが1分26秒048のファステストを記録した。バトンとの差は1秒となっている。3番手のマッサと4番手のロズベルグの差は10秒1に開いており、7番手と8番手を走るレッドブルにとっては厳しいレースとなってしまった。

21周目 12番手のリウッツィは、前を走るバリチェロとの差をコンマ8秒につめている。

ヴェッテルは無線でエンジンにトラブルが起きていると伝えている。

彼は1秒以上ペースを落とし、ウェーバーにポジションを譲っている。

22周目 ヴェッテルは1分28秒487で前のラップを走行した。ウェーバーは1分26秒460をマークしているので、2秒も遅いペースだ。

アルグエルスアリにはドライブスルーペナルティが科せられ、彼はピットに入った。

23周目 マッサが1分25秒964のファステストを記録した。

トップのバトンと2番手のアロンソとの差はコンマ7秒に縮まっており、アロンソとマッサの差は2秒9となっている。

24周目 山本がピットイン。アルグエルスアリは19番手でコースに復帰している。ヴェッテルはペースを戻し、ウェーバーと同等のタイムで走行している。

25周目 19番手のコヴァライネンがピットに入った。バトン、アロンソ、マッサのトップグループは、周回遅れのドライバーたちを交わしながら走行している。

26周目 グロックがピットイン。可夢偉はレコノサンスラップでギアが4速に入らなくなり、オープニングラップでも同様のトラブルに見舞われ、リタイアを強いられたようだ。

27周目 トゥルーリ、ディ・グラッシがピットイン。

28周目 バトンが1分25秒929のファステストを記録した。アロンソとの差はコンマ7秒となっており、アロンソとマッサの差は2秒5となっている。

ヴェッテルはペースを戻し、ウェーバーとの差を2秒程度に保ちながら走行している。

29周目 バトンは1分25秒769を記録し、ファステストを更新した。アロンソも1分25秒台で走行している。

30周目 バトンは3周連続でファステストを記録し、1分25秒691をマークした。

ピットに救急車が来ており、誰かが運ばれたようだ。

31周目 アロンソが1分25秒674のファステストを記録した。1分25秒台で走行しているのはトップの3台だけだ。

31周目 マッサが1分25秒670のファステストを記録した。トップのバトンと2番手アロンソの差はコンマ8秒となっている。

ここでリウッツィがピットイン。プライムに交換し、13番手でコースに戻った。

33周目 バトンがミスをしたため、アロンソとの差が縮まった。アロンソはバトンをパスするチャンスを狙っている。

34周目 クビサがピットイン。

35周目 バトンとアロンソの差はコンマ7秒となっている。

36周目 マッサが1分25秒549のファステストを記録した。ウェーバーとロズベルグがピットに入った。

ピットレーンから出てきたウェーバーはクビサに並びかけたが、ウェーバーはクビサの後ろでコース復帰している。

37周目 バトンがピットイン。素早いピット作業でコースに戻った。

マッサが1分25秒366のファステストを記録し、アロンソとの差を1秒9に縮めている。

ヒュルケンベルグもピットに入り、ピットレーン出口でクビサに抜かれそうになったが、彼はポジションをキープした。

38周目 アロンソがピットイン。アロンソはピットレーン出口でバトンと並び、バトンの前でコースに復帰した。

39周目 マッサがピットイン。バリチェロ、スーティルもピットに入っている。

マッサは3番手でコースに復帰した。

40周目 アロンソは1分24秒942のファステストを記録した。ヒュルケンベルグは度々シケインをカットしている。

41周目 現在の順位は、アロンソ、バトン、マッサ、ヴェッテル、ロズベルグ、ヒュルケンベルグ、ウェーバー、クビサ、シューマッハ、ペトロフ、バリチェロ、ブエミ、リウッツィ、デ・ラ・ロサ、アルグエルスアリ、スーティル、グロック、コヴァライネン、トゥルーリ、ディ・グラッシ、山本となっている。

42周目 アロンソとバトンの差は1秒5となっている。バトンとマッサの差は3秒2だ。

ヴェッテルとペトロフはまだピットに入っていない。

43周目 アロンソが1分24秒676のファステストを記録し、バトンとの差を1秒8に広げた。

ウェーバーはヒュルケンベルグにコンマ9秒に迫っている。

44周目 レッドブルは、ヒュルケンベルグがシケインをカットしていることをスチュワードに伝えたようだが、何も答えが返って来ないとウェーバーに伝え、プッシュし続けろと指示している。

45周目 アロンソとバトンの差は3秒6に広がった。アロンソは1分24秒838、バトンは1分26秒028で走行している。

46周目 アロンソは1分24秒540のファステストを記録した。

直後に、ウェーバーが1分24秒531をマークしてファステストを更新した。

47周目 まだピットに入っていないヴェッテルは、プッシュを続けながらピットインのタイミングを見計らっている。後ろを走るロズベルグとの差は19秒1、その後ろのヒュルケンベルグとの差は21秒だ。

48周目 現在の順位は、アロンソ、バトン、マッサ、ヴェッテル、ロズベルグ、ヒュルケンベルグ、ウェーバー、クビサ、シューマッハ、ペトロフとなっており、ここまでがポイント圏内だ。ヴェッテルとペトロフはまだピットに入っていない。

49周目 アロンソが1分24秒483のファステストを記録した。

ここでトゥルーリがクルマを止めた。

50周目 ウェーバーがターン1でヒュルケンベルグに並び、オーバーテイクを仕掛けたが、失敗。しかし、直後に再びオーバーテイクを仕掛け、彼をパスした。

残り3周 アロンソはバトンに3秒7の差をつけて51周目に突入した。

ペトロフがピットに入り、彼は13番手でコースに復帰した。これでバリチェロが10番手にポジションを上げた。

ファイナルラップ ここでようやくヴェッテルがピットに入った。

ヴェッテルは4番手でコースに復帰した。

アロンソはバトンに2秒7の差をつけてファイナルラップに突入している。

パラボリカを回ったアロンソは、大声援を受けながらトップチェッカーを受けた。

レース終了! アロンソは2007年のイタリアGP以来となるポールトゥウィンを達成し、フェラーリにとっては2006年以来となる地元イタリアでの優勝となった。

2位にバトン、3位にマッサが入っている。

イタリアGP決勝の結果は、1位アロンソ、2位バトン、3位マッサ、4位ヴェッテル、5位ロズベルグ、6位ウェーバー、7位ヒュルケンベルグ、8位クビサ、9位シューマッハ、10位バリチェロ、11位ブエミ、12位リウッツィ、13位ペトロフ、14位デ・ラ・ロサ、15位アルグエルスアリ、16位スーティル、17位グロック、18位コヴァライネン、19位山本、20位ディ・グラッシとなった。

ドライバーズチャンピオンシップは、ウェーバーが187pでトップに立ち、リタイアに終わったハミルトンは182pで2位に後退した。アロンソは166pで3位に順位を上げた。バトンが165pで4位、ヴェッテルが163pで5位、マッサが124pで6位となっている。

コンストラクターズは、レッドブルが350pでトップをキープし、マクラーレンが347pで2位、フェラーリが290pで3位、メルセデスが158pで4位、ルノーが127pで5位となっている。

これでヨーロッパラウンドが終了し、これからF1サーカスはフライアウェイでのレースに向かうことになる。第15戦シンガポールGPは、2週間後の9月26日に決勝レースを迎える。

関連記事

コメント

最新ニュース

  1. 2017年07月22日

  2. ハース 2018年もドライバーラインナップ継続へ 10:03

    ハース 2018年もドライバーラインナップ継続へ

    ハースのチームオーナー、ジーン・ハースは、2018年シーズンもロマン・グロージャンと…

    F1
  3. 2017年07月18日

  4. ピレリ フェラーリのタイヤトラブルについて「数日中」に結論 13:06

    ピレリ フェラーリのタイヤトラブルについて「数日中」に結論

    ピレリは、イギリスGP決勝でキミ・ライコネンとセバスチャン・ヴェッテルに起きたタイヤ…

    F1
  5. 2017年07月16日

  6. 22:41

    イギリスGP決勝結果

    F1
  7. イギリスGP決勝 ハミルトンがポール・トゥ・ウィン 22:40

    イギリスGP決勝 ハミルトンがポール・トゥ・ウィン

    イギリスGP決勝が行われ、ポールシッターのルイス・ハミルトンが優勝を飾った。2位にヴ…

    F1
  8. 20:52

    最新画像 イギリスGP(日曜日)

    F1
  9. 2017年07月15日

  10. 23:43

    イギリスGP予選結果

    F1
  11. イギリスGP予選 ハミルトンがポールポジション 23:42

    イギリスGP予選 ハミルトンがポールポジション

    イギリスGP予選が行われ、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。2位にキミ…

    F1
  12. フリー走行3回目 ハミルトンがトップタイム 23:38

    フリー走行3回目 ハミルトンがトップタイム

    イギリスGPフリー走行3回目で、ルイス・ハミルトンが1分28秒063のトップタイムを記録した。100分の3秒差でセバスチャン・ヴェッテルが2位に続き、ヴァルテッリ・ボタスが3位となった。

    F1
  13. 23:34

    最新画像 イギリスGP(土曜日)

    F1
  14. ボタス ギアボックス交換で5グリッド降格 11:12

    ボタス ギアボックス交換で5グリッド降格

    イギリスGP金曜フリー走行でトップタイムを記録したヴァルテッリ・ボタスが、ギアボック…

    F1
  15. 2017年07月14日

  16. フリー走行2回目 ボタスが再びトップタイム 23:29

    フリー走行2回目 ボタスが再びトップタイム

    イギリスGPフリー走行2回目で、ヴァルテッリ・ボタスが1分28秒496のトップタイム…

    F1
  17. 20:01

    最新画像 イギリスGP(金曜日)

    F1
  18. フリー走行1回目 ボタスがトップタイム 20:00

    フリー走行1回目 ボタスがトップタイム

    イギリスGPがシルバーストンサーキットで開幕し、フリー走行1回目でヴァルテッリ・ボタスがトップタイムを記録した。2位にルイス・ハミルトン、3位にマックス・フェルスタッペンが入った。メルセデスの両ドライバーは、昨年のポールポジションタイムを更新している。

    F1
  19. ヴェッテル シールドデバイスをテスト 11:09

    ヴェッテル シールドデバイスをテスト

    今週末のイギリスGPフリー走行で、セバスチャン・ヴェッテルがシールド型のコックピット…

    F1
  20. アロンソ イギリスGPで5グリッド降格 10:58

    アロンソ イギリスGPで5グリッド降格

    フェルナンド・アロンソは、今週末のイギリスGPでエンジン交換による5グリッド降格ペナ…

    F1
  21. 2017年07月13日

  22. イギリスGPプレビュー 08:41

    イギリスGPプレビュー

    オーストリアGPを終えたばかりのF1は今週末、イギリスへ向かう。現在の10チーム中7…

    F1
  23. 08:25

    最新画像 F1ライブ・ロンドン

    F1
  24. ビデオ オコンのイギリスGPプレビュー 08:24

    ビデオ オコンのイギリスGPプレビュー

    Force India driver Esteban Ocon previews this weekend's British Grand Prix, which takes place at Silverstone.

    F1
  25. 2017年07月11日

  26. FIA ボタスのスタートは「偶然」 13:56

    FIA ボタスのスタートは「偶然」

    FIAは、オーストリアGP決勝でのヴァルテッリ・ボタスのスタートについて、「偶然の判…

    F1
  27. 2017年07月09日

  28. 22:57

    最新画像 オーストリアGP(日曜日)

    F1
  29. オーストリアGP決勝 ボタスが今季2勝目 22:56

    オーストリアGP決勝 ボタスが今季2勝目

    オーストリアGP決勝が行われ、ポールシッターのヴァルテッリ・ボタスが2勝目を挙げた。…

    F1
  30. 22:56

    オーストリアGP決勝結果

    F1
  31. オーストリアGP予選 ボタスがポールポジション 08:20

    オーストリアGP予選 ボタスがポールポジション

    オーストリアGP予選が行われ、ヴァルテッリ・ボタスがポールポジションを獲得した。2位…

    F1
  32. フリー走行3回目 ヴェッテルがファステスト 08:09

    フリー走行3回目 ヴェッテルがファステスト

    オーストリアGPフリー走行3回目で、セバスチャン・ヴェッテルがウルトラソフトで1分5…

    F1
  33. 2017年07月08日

  34. ハミルトン ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ 17:49

    ハミルトン ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ

    オーストリアGP決勝を前に、メルセデスのルイス・ハミルトンがギアボックス交換により5…

    F1
  35. フリー走行2回目 再びハミルトンがトップ 17:38

    フリー走行2回目 再びハミルトンがトップ

    オーストリアGPフリー走行2回目で、ルイス・ハミルトンが再びトップタイムを記録した。0.147秒差でセバスチャン・ヴェッテルが2位に入り、ヴァルテッリ・ボタスが3位となった。

    F1
  36. フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム 17:35

    フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム

    オーストリアGPが開幕し、フリー走行1回目でルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。2位にマックス・フェルスタッペン、3位にヴァルテッリ・ボタスが入った。

    F1
  37. 2017年07月07日

  38. 21:26

    最新画像 オーストリアGP(金曜日)

    F1
  39. 2017年07月06日

  40. オーストリアGPプレビュー 09:22

    オーストリアGPプレビュー

    ドラマチックなアゼルバイジャンGPを経て、F1サーカスはオーストリアのシュピールベル…

    F1
  41. 2017年06月28日

  42. ホンダ オーストリアGPに「スペック3」PUを投入 10:37

    ホンダ オーストリアGPに「スペック3」PUを投入

    ホンダの長谷川祐介氏は、来週末のオーストリアGPに「スペック3」と呼ばれるパワーユニ…

    F1
  43. ウォルフ アゼルバイジャンで「ペースを確認」 10:35

    ウォルフ アゼルバイジャンで「ペースを確認」

    メルセデス代表のトト・ウォルフは、劇的なレースとなったアゼルバイジャンGPで優勝を逃…

    F1
  44. 2017年06月26日

  45. 00:21

    最新画像 アゼルバイジャンGP(日曜日)

    F1
  46. 00:20

    アゼルバイジャンGP決勝結果

    F1
  47. アゼルバイジャンGP決勝 劇的レースでリチャルド優勝 00:19

    アゼルバイジャンGP決勝 劇的レースでリチャルド優勝

    アゼルバイジャンGP決勝が51周で争われ、セーフティーカー3回、赤旗中断、リタイア7…

    F1
  48. 2017年06月25日

  49. 04:41

    最新画像 アゼルバイジャンGP(土曜日)

    F1
  50. 04:40

    アゼルバイジャンGP予選結果

    F1
  51. アゼルバイジャンGP予選 ハミルトンがポールポジション 04:39

    アゼルバイジャンGP予選 ハミルトンがポールポジション

    アゼルバイジャンGP予選が行われ、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。2…

    F1
  52. 2017年06月24日

  53. フリー走行3回目 ボタスがトップタイム 21:52

    フリー走行3回目 ボタスがトップタイム

    アゼルバイジャンGPフリー走行3回目で、ヴァルテッリ・ボタスがトップタイムを記録した。2位にキミ・ライコネン、3位にルイス・ハミルトンが入り、セバスチャン・ヴェッテルとマックス・フェルスタッペンはテクニカルトラブルに見舞われた。

    F1
  54. フリー走行2回目 再びフェルスタッペンがトップ 00:21

    フリー走行2回目 再びフェルスタッペンがトップ

    アゼルバイジャンGPフリー走行2回目で、マックス・フェルスタッペンが再びトップタイムを記録した。2位にヴァルテッリ・ボタス、3位にダニエル・リチャルドが入った。

    F1
  55. フリー走行1回目 フェルスタッペンがトップタイム 00:19

    フリー走行1回目 フェルスタッペンがトップタイム

    アゼルバイジャンGPが開幕し、フリー走行1回目でマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録した。2位にダニエル・リチャルドが入り、レッドブルが1ー2。セバスチャン・ヴェッテルが3位に続いた。

    F1
more news