シンガポールGP決勝:アロンソ2連勝!ハミルトンはリタイア

シンガポールGP決勝:アロンソ2連勝!ハミルトンはリタイア

2010年09月26日 – シンガポールGP決勝は、フェルナンド・アロンソが2戦連続で優勝を飾り、ドライバーズチャンピオンシップ2位に浮上した。2位にセバスチャン・ヴェッテル、3位にマーク・ウェーバーが入り、ルイス・ハミルトンは36周目にウェーバーと接触し、クルマにダメージを負ってリタイアとなった。

2010年F1世界選手権第15戦シンガポールGPは、まもなく決勝レースがスタートする。

レース開始前の気温は30℃、路面温度は31℃、湿度61%でドライコンディションとなっている。雨の予報は出ていない。

11番グリッドのアルグエルスアリはマシントラブルによりピットスタートを選択。またヒュルケンベルグはギアボックス交換により5グリッド降格のペナルティを受けている。

昨日の予選でノータイムだったマッサは、エンジン交換を行った。

日本時間午後9時、フォーメーションラップがスタートした。

各車がフォーメーションラップを行っているが、アルグエルスアリのクルマはまだガレージに収まったまま作業が行われている。

ほとんどのクルマがグリッドに着こうというときになり、ようやくアルグエルスアリのクルマがガレージを出てピットレーン出口に向かった。

各車グリッドにつき、レースがスタート!

スタートは大きな混乱はなく、隊列がコーナーを駆け抜けていく。

オープニングラップを終えたところでの順位は、1位アロンソ、2位ヴェッテル、3位ハミルトン、4位バトン、5位ウェーバー、6位ロズベルグ、7位クビ サ、8位バリチェロ、9位シューマッハ、10位ペトロフ、11位小林、12位ブエミ、13位ヒュルケンベルグ、14位スーティル、15位リウッツィ、16 位コヴァライネン、17位トゥルーリ、18位グロック、19位クリエン、20位ディ・グラッシ、21位アルグエルスアリ、22位セナ、23位マッサ、24 位ハイドフェルドとなっている。

ハイドフェルドは1周目で接触があったようで、クルマのフロント部分を壊している。

1周目を終えてマッサがピットイン。オプションからプライムにタイヤを交換した。またハイドフェルドはノーズ交換のためにピットストップを行った。

2周目 リウッツィがストップ。サスペンションにダメージを負っている。ここでセーフティーカーが入る。

3周目 ハイドフェルドが2回目のピットストップ。

このセーフティーカーのタイミングに、ウェーバー、ペトロフ、ブエミ、ヒュルケンベルグ、スーティル、コヴァライネン、トゥルーリ、アルグエルスアリ、ク リエン、ディ・グラッシ、セナがピットストップを行っている。まだ隊列が短かったため、1周前にピットストップを行い、タイヤ義務を果たしたマッサはかな り有利になったと言える。

リプレイによると、1周目にハイドフェルドとリウッツィが接触。ハイドフェルドが前を走るリウッツィに追突し、リウッツィがリアのサスペンションを、ハイドフェルドがノーズ部分を破損した。リウッツィはリタイア。ハイドフェルドは走り続けている。

5周目 まだセーフティーカーが先導中。前のクルマとの車間を10車身以上空けるとペナルティの対象となるため、ピットからドライバーに注意が飛んでいる。

多くのクルマがピットストップを行ったため、マッサが15番手まで順位を上げている。マッサの前を走るクルマは、11位のウェーバーと12位のペトロフ、14位のスーティルを除く全車がまだピットストップを行っていない。

セーフティーカーのサインが消え、6周目からレースがリスタートすることとなった。

6周目 レース再開。リスタートでは大きな混乱はなかった。

トゥルーリの左リアタイヤがパンクしている。

7周目 現在の順位は1位アロンソ、2位ヴェッテル、3位ハミルトン、4位バトン、5位ロズベルグ、6位クビサ、7位バリチェロ、8位シューマッハ、9位 小林、10位ウェーバー、11位グロック、12位ペトロフ、13位ヒュルケンベルグ、14位スーティル、15位マッサ、16位ブエミ、17位アルグエルス アリ、18位コヴァライネン、19位ディ・グラッシ、20位クリエン、21位セナ、22位ハイドフェルド、23位トゥルーリとなっている。

ウェーバーが小林をパスして9位に浮上。またトゥルーリがタイヤ交換のためにピットに入っている。

8周目 トップのアロンソがほぼ毎周ファステストラップを更新しながら走行している。現在のファステストは1分53秒117。

10周目 トップのアロンソと2位ヴェッテルの差は1.4秒、ヴェッテルと3位ハミルトンの間は1.8秒。トップ3はほぼ同じペースで走行している。

11周目 6位のクビサと7位のバリチェロの間が4.6秒となっており、バリチェロが少しずつ遅れている。

ウェーバーがシューマッハをオーバーテイクして8番手に浮上。シューマッハのすぐ後ろに小林が迫っている。

アロンソが11周目に1分52秒160のファステストラップをマーク。2位ヴェッテルとの差は2秒に開いた。

13周目 まだピットストップを行っていないグロックが11番手を走行中。後ろにはスーティル、ヒュルケンベルグ、マッサ、ペトロフ、ブエミ、アルグエルスアリが1秒以内の差で連なっており、渋滞が起こっている。

14周目 ヴェッテルが1分52秒023のファステストラップをマーク。

15周目 スーティルがようやくグロックを交わして前に出た。11番手。10番手の小林とのギャップは12.2秒にまで広がってしまっている。

15周目にアロンソが1分51秒709のファステストラップ。

16周目 トップのアロンソと2位ヴェッテルの差は2.8秒。ヴェッテルから3位ハミルトンは差が開いて5.0秒のギャップがある。さらに5.2秒後方にバトン、3秒ずつの間隔でロズベルグとクビサが続いている。

17周目 1周目のハイドフェルドとリウッツィの接触が審議対象となった。

12位を走行していたグロックがカーブで大きく膨らみ、ヒュルケンベルグ、マッサ、ペトロフ、ブエミ、アルグエルスアリに抜かれて17位まで順位を落とした。

18周目 ハミルトンのペースが上がらない。トップのアロンソが1分51秒台で走行しているのに対し、3位ハミルトンは1分53秒台。前を走るヴェッテルとの差が7.2秒にまで広がっている。

18周目にトップのアロンソが1分51秒317のファステストラップをマーク。1分51秒台で走行しているのはアロンソと2位ヴェッテルの2台だけだ。

21周目 3番手ハミルトンのペースがまだ上がらない。2位ヴェッテルとの差は11.1秒。

9位のシューマッハも前を行くウェーバーのペースについていけていない。その差は6秒。シューマッハのすぐ後ろに小林がつけて、チャンスをうかがっている。

22周目 8位のウェーバーが前を走るバリチェロに0.4秒差まで迫り、プレッシャーをかけている。ウェーバーは上位陣でただ1人ピットストップを終えており、他のクルマがピットストップを行う際にいくつか順位を上げられるものと思われる。

22周目 アロンソが1分51秒204のファステストラップを出した。

23周目 バリチェロを追っていたウェーバーだったが、コーナーでバランスを崩すシーンが見られた。バリチェロとの差は1.5秒に広がった。

24周目 チームからハミルトンへの無線で、1周当たりコンマ3秒ほどペースを上げる必要があるとの指示が飛ぶ。ハミルトンは相変わらず1分53秒台で走行しており、2位ヴェッテルとの差は15.8秒にまで広がっている。6秒後方にはチームメイトのバトンがいる。

ハミルトンはまだピットストップを行っていないため、実質的に8番手のウェーバーと3位争いをしていることになる。

27周目 ハミルトンとバトンのラップタイムは1分54秒台にまで落ちている。ハミルトンと2位ヴェッテルとの差は21.2秒。また中団では9位シューマッハに対して0.6秒差で小林がプレッシャーをかけ続けている。

28周目 23番手を走行中のトゥルーリが3回目のピットストップを行っている。

トゥルーリはクルマをガレージに入れ、作業を行っている。何かトラブルがあった模様で、時間がかかっている。しかし、トゥルーリはまだクルマに乗ったままだ。

29周目 ハミルトンがピットイン。バトンが3番手に上がった。

ハミルトンはタイヤ交換をしてピットアウト。ウェーバーの後ろ、8番手でレースに戻った。ハミルトンとウェーバーが実質的な3位争いをしていたとすれば、ハミルトンがウェーバーに負けたことになる。

29周目 トップのアロンソと2位のヴェッテルが同時にピットイン。ほぼ同時にピットレーンに出て、アロンソが前、ヴェッテルが後ろという前と同じ順位でコースに戻った。

バトンもここでピットイン。前と変わらずハミルトンの後ろでコースに戻った。

31周目 ロズベルグがピットイン。続いてシューマッハもピットストップを行う。まだピットストップを行っていないのはクビサ、バリチェロ、小林、グロックの4台のみ。

31周目 シューマッハをオーバーテイクしようとした小林がシューマッハと接触。小林がシューマッハのインに突っ込み、シューマッハがコースの外にはじき出されてタイヤウォールに接触したが、両者とも走り続けている。

32周目 小林とセナがクラッシュしている。ここでセーフティーカーが出動。

リプレイを見ると、小林が単独でウォールに接触し、そこに後ろから来たセナが飛び込んだ形となっている。

33周目 クビサ、バリチェロ、グロックがピットイン。これで全車がピットストップを終えたことになる。まだセーフティーカーが先導中。

ブエミとクリエンがそれぞれ2回目のピットストップを行っている。

クリエンのクルマは後ろからガレージに入れられた。トラブルがあった模様。また、無線によるとハミルトンはドリンクボトルが壊れているとのこと。ペースが上がらない原因は体調によるものの可能性がある。

34周目 セーフティーカー先導中の順位は1位アロンソ、2位ヴェッテル、3位ウェーバー、4位ハミルトン、5位バトン、6位ロズベルグ、7位クビサ、8 位バリチェロ、9位スーティル、10位ヒュルケンベルグ、11位マッサ、12位ペトロフ、13位アルグエルスアリ、14位ハイドフェルド、15位シュー マッハ、16位ブエミ、17位コヴァライネン、18位ディ・グラッシ、19位グロックとなっている。クリエン、小林、セナ、トゥルーリ、リウッツィはリタ イアしている。

35周目 17番手のコヴァライネンが2回目のピットストップを行っている。

35周目 セーフティーカーのランプが消え、次の周からレースがリスタートする。

セーフティーカーラインを越え、各車ともスピードを上げて最終コーナーを抜けていく。大きな混乱なくレースが再開した。

36周目 ハミルトンがウェーバーにオーバーテイクを仕掛けるが、失敗。アウトからかぶせたハミルトンがはじき出された。ハミルトンのクルマはダメージを受け、ここでリタイアとなった。

ウェーバーは走り続けている。マシンに大きなダメージはない模様。

37周目 シューマッハのフロントウィングが落ちてぶら下がっており、火花を散らしながら走っている。また一方、ハイドフェルドがマシンをコース脇に止めている。ハイドフェルドとシューマッハの間で接触があったようだ。

シューマッハはピットに戻り、ノーズを交換してまたレースに戻った。ハイドフェルドはリタイア。

リプレイによると、ハイドフェルドがバックマーカーをからめてシューマッハにオーバーテイクを仕掛けた際に両者が接触している。

ウェーバーとハミルトン、シューマッハとハイドフェルドの接触ではセーフティーカーは出ず、レースはそのまま続行している。40周目現在の順位は1位アロ ンソ、2位ヴェッテル、3位ウェーバー、4位バトン、5位ロズベルグ、6位クビサ、7位バリチェロ、8位スーティル、9位ヒュルケンベルグ、10位マッ サ、11位ペトロフ、12位アルグエルスアリ、3位ブエミ、14位コヴァライネン、15位シューマッハ、16位グロック、17位ディ・グラッシとなってい る。ハイドフェルド、ハミルトン、クリエン、小林、セナ、トゥルーリ、リウッツィの7人がリタイアとなった。

39周目 ヴェッテルが1分49秒535のファステストラップをマーク。トップのアロンソとの差は1.4秒。3位ウェーバーは7秒後方。

中盤までで7台がリタイアするレースとなり、最後尾スタートだったマッサが10番手、ポイント圏内まで順位を上げている。

41周目 ヴェッテルが1分49秒314のファステストラップ。

43周目 17番手のディ・グラッシが2回目のピットストップを行っている。

レッドブルはヴェッテルのブレーキの調子を気にしているようだ。無線で「ブレーキの調子が悪かったら教えてくれ」との指示が飛んでいる。

44周目 8番手のスーティルが前を走るバリチェロから10.9秒差と遅れ始めている。スーティルの後ろはヒュルケンベルグ、マッサ、ペトロフ、ブエミ、アルグエルスアリという隊列ができている。

44周目にヴェッテルが1分48秒920のファステストラップをマークした。

46周目 7番手のクビサがピットストップ。タイヤ交換をしてまたコースへと戻った。

クビサはアルグエルスアリの後ろ、13番手に順位を落とした。ピットストップの理由は分かっていないが、タイヤ交換のみだったのでタイヤに何らかの問題があったものと思われる。

46周目にアロンソが1分48秒867のファステストラップ。

47周目 先ほどのハミルトンとウェーバーの接触はレーシングインシデントとして不問に付された。

ヴェッテルが47周目に1分48秒855のファステストラップをマークしている。

48周目はアロンソが1分48秒822のファステスト。トップのアロンソと2位ヴェッテルが交互にファステストラップを出している。この2台の差は1.2秒。まだ勝負の行方は分からない。

49周目 クビサがアルグエルスアリを抜き、現在12番手。前を走るブエミに1秒以内の差でプレッシャーをかけている。

50周目 ヴェッテルが1分48秒322のファステストラップ。

52周目 シューマッハとハイドフェルドのアクシデントもペナルティの対象とはならないことが決まった。

グロックが2回目のピットストップ。またクビサがようやくブエミをかわして11番手に浮上した。クビサの前は、今度はチームメイトのペトロフが走行している。

グロックはガレージでクルマを降り、ここでリタイアとなった。

残り9周 現在の順位は1位アロンソ、2位ヴェッテル、3位ウェーバー、4位バトン、5位ロズベルグ、6位バリチェロ、7位スーティル、8位ヒュルケンベ ルグ、9位マッサ、10位ペトロフ、11位クビサ、12位アルグエルスアリ、13位ブエミ、14位コヴァライネン、15位シューマッハ、16位ディ・グ ラッシとなっている。8台がリタイア。

クビサがペトロフを抜いて10番手に浮上した。チームの作戦だと思われる。クビサのすぐ前にはマッサがいるが、序盤にピットストップを行ったマッサのリアタイヤは相当傷んでいる。

53周目にヴェッテルが1分48秒466のファステストラップをマークしている。

残り7周 クビサはマッサもかわして9番手に浮上。次のターゲットはヒュルケンベルグで、ギャップは0.6秒となっている。

クビサは問題なくヒュルケンベルグを抜き、8位。次はスーティルが目の前にいる。

残り6周 クビサが今度はスーティルをオーバーテイク。非常にクリーンなオーバーテイク。これでクビサは7位となった。前のバリチェロとのギャップは30秒程度あり、残り数周で抜くのは難しそうだ。

残り6周 1位アロンソ、2位ヴェッテル、3位ウェーバー、4位バトン、5位ロズベルグ、6位バリチェロ、7位クビサ、8位スーティル、9位ヒュルケンベルグ、10位マッサというポイント圏内のオーダーとなっている。

トップのアロンソと2位ヴェッテルの差は1.2秒、3位ウェーバーと3位バトンのギャップは1.6秒。どちらも最後まで気を抜けない。

残り4周 トップのアロンソと2位ヴェッテルの差は0.9秒。また後方ではシューマッハが13いのコヴァライネンに0.2秒差まで迫っている。

58周目 トップのアロンソが1分47秒976のファステストラップをマーク。ヴェッテルに追われている中での好タイムだ。

残り2周 コヴァライネンのマシンの後部から炎が上がっている。ピットレーンの入り口をスルーし、ホームストレートの内側にクルマを止めた。クルーから消火器を受け取り、自ら消火活動を行っている。

レースは最終ラップへ。コヴァライネンが消火器を使っている横を、トップの2台が駆け抜ける。

アロンソとヴェッテルは0.2秒差でコントロールラインを通過。

2台は周回遅れを抜きながらもペースをほとんど緩めずに走っている。コーナーではほぼテール・トゥ・ノーズの状態。

2台は最終コーナーを回り、アロンソがトップ、ヴェッテルが2位でチェッカーフラッグを受けた。

シンガポールGP決勝レースの結果は、1位アロンソ、2位ヴェッテル、3位ウェーバー、4位バトン、5位ロズベルグ、6位バリチェロ、7位クビサ、8位 スーティル、9位ヒュルケンベルグ、10位マッサ、11位ペトロフ、12位アルグエルスアリ、13位シューマッハ、14位ブエミ、15位ディ・グラッシとなり、 コヴァライネンは16位完走扱いとなった。

グロック、ハイドフェルド、ハミルトン、クリエン、小林、セナ、トゥルーリ、リウッツィはリタイア。ハミルトンはチャンピオンシップ2位だったが、ここでノーポイントという痛いレースとなった。

ドライバーズチャンピオンシップは、ウェーバーが202pでトップを維持、アロンソが191pで3位から2位に浮上、ハミルトンが182pで3位、4位ヴェッテル181p、5位バトン177pとなっている。

コンストラクターズチャンピオンシップは今回2位、3位とダブル表彰台を獲得したレッドブルが383pでトップ、マクラーレンが359pで2位、3位フェラーリ316p、4位メルセデス168pとなっている。

次戦はいよいよ日本GP。10月10日に鈴鹿サーキットで決勝レースが行われる。

関連記事

コメント

最新ニュース

  1. 2017年07月22日

  2. ハース 2018年もドライバーラインナップ継続へ 10:03

    ハース 2018年もドライバーラインナップ継続へ

    ハースのチームオーナー、ジーン・ハースは、2018年シーズンもロマン・グロージャンと…

    F1
  3. 2017年07月18日

  4. ピレリ フェラーリのタイヤトラブルについて「数日中」に結論 13:06

    ピレリ フェラーリのタイヤトラブルについて「数日中」に結論

    ピレリは、イギリスGP決勝でキミ・ライコネンとセバスチャン・ヴェッテルに起きたタイヤ…

    F1
  5. 2017年07月16日

  6. 22:41

    イギリスGP決勝結果

    F1
  7. イギリスGP決勝 ハミルトンがポール・トゥ・ウィン 22:40

    イギリスGP決勝 ハミルトンがポール・トゥ・ウィン

    イギリスGP決勝が行われ、ポールシッターのルイス・ハミルトンが優勝を飾った。2位にヴ…

    F1
  8. 20:52

    最新画像 イギリスGP(日曜日)

    F1
  9. 2017年07月15日

  10. 23:43

    イギリスGP予選結果

    F1
  11. イギリスGP予選 ハミルトンがポールポジション 23:42

    イギリスGP予選 ハミルトンがポールポジション

    イギリスGP予選が行われ、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。2位にキミ…

    F1
  12. フリー走行3回目 ハミルトンがトップタイム 23:38

    フリー走行3回目 ハミルトンがトップタイム

    イギリスGPフリー走行3回目で、ルイス・ハミルトンが1分28秒063のトップタイムを記録した。100分の3秒差でセバスチャン・ヴェッテルが2位に続き、ヴァルテッリ・ボタスが3位となった。

    F1
  13. 23:34

    最新画像 イギリスGP(土曜日)

    F1
  14. ボタス ギアボックス交換で5グリッド降格 11:12

    ボタス ギアボックス交換で5グリッド降格

    イギリスGP金曜フリー走行でトップタイムを記録したヴァルテッリ・ボタスが、ギアボック…

    F1
  15. 2017年07月14日

  16. フリー走行2回目 ボタスが再びトップタイム 23:29

    フリー走行2回目 ボタスが再びトップタイム

    イギリスGPフリー走行2回目で、ヴァルテッリ・ボタスが1分28秒496のトップタイム…

    F1
  17. 20:01

    最新画像 イギリスGP(金曜日)

    F1
  18. フリー走行1回目 ボタスがトップタイム 20:00

    フリー走行1回目 ボタスがトップタイム

    イギリスGPがシルバーストンサーキットで開幕し、フリー走行1回目でヴァルテッリ・ボタスがトップタイムを記録した。2位にルイス・ハミルトン、3位にマックス・フェルスタッペンが入った。メルセデスの両ドライバーは、昨年のポールポジションタイムを更新している。

    F1
  19. ヴェッテル シールドデバイスをテスト 11:09

    ヴェッテル シールドデバイスをテスト

    今週末のイギリスGPフリー走行で、セバスチャン・ヴェッテルがシールド型のコックピット…

    F1
  20. アロンソ イギリスGPで5グリッド降格 10:58

    アロンソ イギリスGPで5グリッド降格

    フェルナンド・アロンソは、今週末のイギリスGPでエンジン交換による5グリッド降格ペナ…

    F1
  21. 2017年07月13日

  22. イギリスGPプレビュー 08:41

    イギリスGPプレビュー

    オーストリアGPを終えたばかりのF1は今週末、イギリスへ向かう。現在の10チーム中7…

    F1
  23. 08:25

    最新画像 F1ライブ・ロンドン

    F1
  24. ビデオ オコンのイギリスGPプレビュー 08:24

    ビデオ オコンのイギリスGPプレビュー

    Force India driver Esteban Ocon previews this weekend's British Grand Prix, which takes place at Silverstone.

    F1
  25. 2017年07月11日

  26. FIA ボタスのスタートは「偶然」 13:56

    FIA ボタスのスタートは「偶然」

    FIAは、オーストリアGP決勝でのヴァルテッリ・ボタスのスタートについて、「偶然の判…

    F1
  27. 2017年07月09日

  28. 22:57

    最新画像 オーストリアGP(日曜日)

    F1
  29. オーストリアGP決勝 ボタスが今季2勝目 22:56

    オーストリアGP決勝 ボタスが今季2勝目

    オーストリアGP決勝が行われ、ポールシッターのヴァルテッリ・ボタスが2勝目を挙げた。…

    F1
  30. 22:56

    オーストリアGP決勝結果

    F1
  31. オーストリアGP予選 ボタスがポールポジション 08:20

    オーストリアGP予選 ボタスがポールポジション

    オーストリアGP予選が行われ、ヴァルテッリ・ボタスがポールポジションを獲得した。2位…

    F1
  32. フリー走行3回目 ヴェッテルがファステスト 08:09

    フリー走行3回目 ヴェッテルがファステスト

    オーストリアGPフリー走行3回目で、セバスチャン・ヴェッテルがウルトラソフトで1分5…

    F1
  33. 2017年07月08日

  34. ハミルトン ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ 17:49

    ハミルトン ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ

    オーストリアGP決勝を前に、メルセデスのルイス・ハミルトンがギアボックス交換により5…

    F1
  35. フリー走行2回目 再びハミルトンがトップ 17:38

    フリー走行2回目 再びハミルトンがトップ

    オーストリアGPフリー走行2回目で、ルイス・ハミルトンが再びトップタイムを記録した。0.147秒差でセバスチャン・ヴェッテルが2位に入り、ヴァルテッリ・ボタスが3位となった。

    F1
  36. フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム 17:35

    フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム

    オーストリアGPが開幕し、フリー走行1回目でルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。2位にマックス・フェルスタッペン、3位にヴァルテッリ・ボタスが入った。

    F1
  37. 2017年07月07日

  38. 21:26

    最新画像 オーストリアGP(金曜日)

    F1
  39. 2017年07月06日

  40. オーストリアGPプレビュー 09:22

    オーストリアGPプレビュー

    ドラマチックなアゼルバイジャンGPを経て、F1サーカスはオーストリアのシュピールベル…

    F1
  41. 2017年06月28日

  42. ホンダ オーストリアGPに「スペック3」PUを投入 10:37

    ホンダ オーストリアGPに「スペック3」PUを投入

    ホンダの長谷川祐介氏は、来週末のオーストリアGPに「スペック3」と呼ばれるパワーユニ…

    F1
  43. ウォルフ アゼルバイジャンで「ペースを確認」 10:35

    ウォルフ アゼルバイジャンで「ペースを確認」

    メルセデス代表のトト・ウォルフは、劇的なレースとなったアゼルバイジャンGPで優勝を逃…

    F1
  44. 2017年06月26日

  45. 00:21

    最新画像 アゼルバイジャンGP(日曜日)

    F1
  46. 00:20

    アゼルバイジャンGP決勝結果

    F1
  47. アゼルバイジャンGP決勝 劇的レースでリチャルド優勝 00:19

    アゼルバイジャンGP決勝 劇的レースでリチャルド優勝

    アゼルバイジャンGP決勝が51周で争われ、セーフティーカー3回、赤旗中断、リタイア7…

    F1
  48. 2017年06月25日

  49. 04:41

    最新画像 アゼルバイジャンGP(土曜日)

    F1
  50. 04:40

    アゼルバイジャンGP予選結果

    F1
  51. アゼルバイジャンGP予選 ハミルトンがポールポジション 04:39

    アゼルバイジャンGP予選 ハミルトンがポールポジション

    アゼルバイジャンGP予選が行われ、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。2…

    F1
  52. 2017年06月24日

  53. フリー走行3回目 ボタスがトップタイム 21:52

    フリー走行3回目 ボタスがトップタイム

    アゼルバイジャンGPフリー走行3回目で、ヴァルテッリ・ボタスがトップタイムを記録した。2位にキミ・ライコネン、3位にルイス・ハミルトンが入り、セバスチャン・ヴェッテルとマックス・フェルスタッペンはテクニカルトラブルに見舞われた。

    F1
  54. フリー走行2回目 再びフェルスタッペンがトップ 00:21

    フリー走行2回目 再びフェルスタッペンがトップ

    アゼルバイジャンGPフリー走行2回目で、マックス・フェルスタッペンが再びトップタイムを記録した。2位にヴァルテッリ・ボタス、3位にダニエル・リチャルドが入った。

    F1
  55. フリー走行1回目 フェルスタッペンがトップタイム 00:19

    フリー走行1回目 フェルスタッペンがトップタイム

    アゼルバイジャンGPが開幕し、フリー走行1回目でマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録した。2位にダニエル・リチャルドが入り、レッドブルが1ー2。セバスチャン・ヴェッテルが3位に続いた。

    F1
more news