日本GP決勝:レッドブルが1−2勝利、小林が驚異の追い上げで7位

日本GP決勝:レッドブルが1−2勝利、小林が驚異の追い上げで7位

2010年10月10日 – 日本GPの決勝レースが終わった。優勝したのはポールポジションからスタートしたヴェッテル、2位はウェーバーで、レッドブルが1−2勝利を収めた。3位にはアロンソが入った。終盤、小林がポイント圏外からアルグエルスアリ、バリチェロ、ハイドフェルドをオーバーテイクして7位入賞を果たした。以下に詳細なレースレポートをお伝えする。

2010年F1世界選手権は、いよいよ日本GP決勝レースのときをむかえる。

セッション開始前の気温は27℃、路面温度は36℃、湿度51%で晴れ、ドライコンディションとなっている。午前中に行われた予選に比べて路面温度がかなり上がっている。また、風速6メートル前後の強い風がホームストレートで完全に追い風になる方向で吹いている。

予選で3位になったハミルトンはギアボックス交換により5グリッド降格となっている。また、5番グリッドからスタートするバトンはプライムタイヤでのスタートとなる。

フロントローはヴェッテルとウェーバーのレッドブル勢が独占、2列目にクビサとアロンソ、3列目がバトンとロズベルグというスタート順となっている。

ディ・グラッシはレース開始前、グリッドに向かう際にクラッシュし、レースに参加できなくなってしまった。

午後3時、フォーメーションラップがスタート。バトン、小林、マッサ、リウッツィがプライムタイヤを履いていることが確認できている。

ヴェッテルを先頭に隊列がシケインを回り、ホームストレートに戻ってくる。前から順に全車がグリッドに着いた。

シグナルがともり、ブラックアウト。レーススタート!

ペトロフがはじき飛ばされるようにホームストレート上でアウト側のウォールにクラッシュ!

ウェーバーが出遅れ、クビサが2番手に上がっている。先ほどのクラッシュでマッサもマシンを壊している模様。ここでイエローフラッグ。

セーフティーカーが導入された。

ペトロフのマシンはウォールに刺さったまま大破している。ドライバーはマシンを降りているようだ。

現在マシンがストップしているのはヒュルケンベルグ、マッサ、ペトロフ、リウッツィの4台。

1周目を終えたところでロズベルグ、トゥルーリ、グロック、セナがピットイン。

リプレイによると、ペトロフがまず最初にホームストレート上でヒュルケンベルグにぶつかってクラッシュ、1コーナーでマッサがリウッツィと接触という2つのアクシデントが起っていたことが分かった。クラッシュに関わった4台ともが大きくマシンを壊してリタイアとなっている。

3周目 セーフティーカーが先導中。現在の順位は1位ヴェッテル、2位クビサ、3位ウェーバー、4位アロンソ、5位バトン、6位ハミルトン、7位バリチェロ、8位シューマッハ、9位ハイドフェルド、10位スーティル、11位アルグエルスアリ、12位小林、13位ブエミ、14位ロズベルグ、15位コヴァライネン、16位山本、17位トゥルーリ、18位セナ、19位グロック。ヒュルケンベルグ、マッサ、ペトロフ、リウッツィがリタイア、ディ・グラッシはレースに出場していない。

ここでクビサにトラブルがあった模様。スローダウンし、コース脇にクルマを止めた。

リプレイを見ると、クビサの右リアタイヤが外れている。

4周目 まだセーフティーカーが先導中。バトンが無線でブレーキのバイブレーションを訴えているが、チームは問題ないと判断している。

6周目 クビサがリタイアしたため、現在は1位ヴェッテル、2位ウェーバー、3位アロンソ、4位バトン、5位ハミルトン、6位バリチェロ、7位シューマッハ、8位ハイドフェルド、9位スーティル、10位アルグエルスアリというトップ10となっている。小林は11番手、山本は15番手を走行中。

マクラーレンが無線でサイドブレーキの温度を気にするようなチームのコメントが流れた。

7周目 セーフティーカーが戻り、ここでレースリスタート!

大きな混乱なく、マシンが次々とホームストレートを駆け抜け、S字を上がっていく。

8周目 ロズベルグがブエミを130Rでパスしたが、その後コーナーではらみ、再び抜かれた。

シューマッハがバリチェロを抜き、6位に浮上。

9周目 マクラーレンの2台の差が0.4秒。プライムタイヤのバトンをオプションタイヤのハミルトンが追う形での4位争いとなっている。

現在、マクラーレンの2台だけが1分37秒台で走行している。

10周目 トップのヴェッテルと3位アロンソとのタイム差が1周あたり1秒もある。ヴェッテルから2位ウェーバーまでが1.6秒、ウェーバーからアロンソまでが2.3秒。アロンソが少しずつ離されている。

ヴェッテルとウェーバーが1分36秒台、アロンソ、バトン、ハミルトンが1分37秒台での走行。

12周目 7番手バリチェロのが前から離されつつある。後ろにハイドフェルド、スーティル、アルグエルスアリ、小林、ブエミ、ロズベルグという隊列ができている。

15番手山本は前のコヴァライネンから8.8秒遅れと大きく離され、後ろにトゥルーリ、グロックが1秒いないの差で迫っている。

14周目 小林がアルグエルスアリをヘアピンでインからオーバーテイクして10番手に浮上。ホイール・トゥ・ホイールで前輪が軽く接触し、何かパーツが飛んだようなシーンが流れた。

小林のタイムを見ると、先ほどの接触の影響はなさそうだ。

15周目 10番手小林は前を走るスーティル、ハイドフェルド、バリチェロよりも速いペースで走っている。山本はトゥルーリに抜かれ、16番手に後退。

16周目 トップのヴェッテルと2位ウェーバーの差は1.9秒、アロンソはさらに4.6秒後方を走っている。レッドブル2台とそれ以外のギャップが少しずつ広がっている。

18周目 小林がヘアピンでスーティルをインからオーバーテイクし、9位に浮上。スーティルも諦めずに追って並びかけるが、小林がこれをおさえ、スプーンでは完全に前に出ている。クリーンな、素晴らしいオーバーテイク。

19周目 ハイドフェルド、スーティルがピットイン。小林の前を走るハイドフェルドがピットに入ったため、小林の前はクリアになった。

20周目 1周目のマッサとリウッツィの接触、ヒュルケンベルグとペトロフの接触がともにレース後の審議対象となった。

現在の順位は、1位ヴェッテル、2位ウェーバー、3位アロンソ、4位バトン、5位ハミルトン、6位シューマッハ、7位バリチェロ、8位小林、9位アルグエルスアリ、10位ブエミ、11位ロズベルグ、12位ハイドフェルド、13位スーティル、14位コヴァライネン、15位トゥルーリ、16位山本、17位グロック、18位セナ。

21周目 バリチェロがピットイン。プライムタイヤに履き替えてピットアウト。

22周目 グロックが16番手の山本イン0.1秒差まで接近し、プレッシャーをかけている。

アルグエルスアリがここでピットイン。プライムに履き替えてコースへと戻る。

23周目 マクラーレンのピットクルーが準備を始める。ハミルトンがピットレーンへと向かう。

ハミルトンはタイヤをプライムに交換し、ピットアウト。小林の後ろ、7番手でコースに復帰した。

24周目 シューマッハがピットへ。タイヤを交換し、ロズベルグの後ろ、9番手でレースに戻った。

25周目 ここでヴェッテルがピットイン。3番手のアロンソも同時にピットイン。

ヴェッテルは3番手、アロンソが4番手でコースに復帰した。

ピットストップを終えたハミルトンが小林をオーバーテイクして5位に上がった。

26周目 トップを走っていたウェーバーがピットイン。3番手でコースに戻った。

25周目にハミルトンが1分35秒675のファステストラップ。順位を争っているチームメイトのバトンはまだピットストップを行っていない。

26周目 ハミルトンが再びファステストラップ。1分35秒563をマークした。

シューマッハがチームメイトのロズベルグに仕掛けたが、オーバーテイクはできず。ロズベルグは序盤のセーフティーカー中にタイヤ交換を行っており、タイヤ的にはシューマッハの方が有利な状況。

27周目 現在の順位は1位バトン、2位ヴェッテル、3位ウェーバー、4位アロンソ、5位ハミルトン、6位小林、7位ブエミ、8位ロズベルグ、9位シューマッハ、10位ハイドフェルド、11位バリチェロ、12位スーティル、13位アルグエルスアリ、14位コヴァライネン、15位トゥルーリ、16位山本、17位グロック、18位セナとなっている。

トップのバトン、6位小林、7位ブエミ、14位コヴァライネン、16位山本はまだピットストップを行っていない。

28周目 アロンソが1分35秒452のファステストラップをマーク。

30周目 アロンソが1分35秒214のファステストラップをマーク。

32周目 トップのバトン、6位小林はまだピットストップを行っていない。バトンとハミルトンとの差は15秒なので、バトンはここでピットストップを行うとハミルトンの後ろ、5番手に戻ることになる。また小林は12番手のアルグエルスアリの前に出られるかどうかというところ。

35周目 7位ロズベルグをチームメイトのシューマッハが0.6秒差で追いかけている。この争いはかなり長い間続いている。

アロンソに対して、レッドブルが今あまり速くないので、ペースを上げてみろという指示が飛ぶ。

ハミルトンが35周目に1分35秒182のファステストラップ。

アロンソとハミルトン、ブエミが1分35秒台。その他は1位から12位までの全車が1分36秒台。

37周目 コヴァライネンがピットストップ。

38周目 マクラーレンのクルーが準備をしている。

39周目 バトンがここでピットイン。オプションタイヤに交換してピットアウト。小林も同時にピットイン。

バトンは5番手、小林はブエミの前、12番手でコースに復帰した。

全員がピットストップを終えた現在の順位は1位ヴェッテル、2位ウェーバー、3位アロンソ、4位ハミルトン、5位バトン、6位ロズベルグ、7位シューマッハ、8位ハイドフェルド、9位バリチェロ、10位スーティル、11位アルグエルスアリ、12位小林、13位ブエミ、14位コヴァライネン、15位トゥルーリ、16位グロック、17位セナ、18位山本となっている。

ハミルトンが「3速ギアを失った」と無線でチームに報告している。これが順位にどう影響するか。

41周目 タイヤを交換したばかりのバトンが全セクターベストタイムでファステストラップをマーク。1分34秒205。

4位ハミルトンと5位バトンとの差は6.4秒。3速ギアを失ったハミルトンと新品のオプションタイヤを履いたバトンとの戦いが興味深い。

42周目 6位ロズベルグと7位シューマッハが熱いバトルを繰り広げている。また、11位アルグエルスアリのすぐ後ろに小林が迫っている。トップ10を狙うか。

43周目 5位バトンが前のハミルトンに2.2秒のところまで迫っている。ギアのトラブルを抱えたチームメイトをオーバーテイクできるか。

ハミルトンとバトンの4位争い、ロズベルグとシューマッハの6位争い、アルグエルスアリと小林の11位争いが現在の見どころ。

44周目 ハミルトンとバトンの差がいよいよ0.6秒。

ヘアピンでバトンがハミルトンをオーバーテイクして4位に浮上。ハミルトンが諦めて道を譲った形に見える。

45周目 小林がアルグエルスアリをオーバーテイク。軽い接触があったようで、アルグエルスアリのフロントウィングが壊れている。小林は11番手。

ここでスーティルのエンジンから白煙。何とか走り続けようとするが、炎も見える。スーティルはそのままピットに入りリタイア。

小林はこれで10番手に浮上。

46周目 小林の左のサイドポンツーンがはがれたようになっている。先ほどのアルグエルスアリとの接触によるものと思われる。アルグエルスアリはピットストップを行っている。

リプレイによると、ヘアピンで小林がアルグエルスアリをアウトからオーバーテイク。内側に十分なスペースを残していたが、アルグエルスアリが外側にはらみ、接触している。

残り6周 小林は前のバリチェロまで1秒差にまで迫っている。

バトンが46周目に1分33秒889のファステストラップをマークしている。

残り5周 シューマッハとの6位争いを繰り広げていたロズベルグがクラッシュ。左のリアタイヤがなくなっている。

そしてこのすきに小林はバリチェロを抜いて、ロズベルグがいなくなったために8位に浮上。

現在イエローフラッグが出ている。

残り4周 小林は前のハイドフェルドに0.2秒差。ヘアピンでハイドフェルドをオーバーテイク!! 素晴らしいオーバーテイクショーを繰り広げている。

小林はこれで7番手。

残り3周 現在の順位は1位ヴェッテル、2位ウェーバー、3位アロンソ、4位バトン、5位ハミルトン、6位シューマッハ、7位小林、8位ハイドフェルド、9位バリチェロ、10位ブエミというトップ10となっている。

小林が現在1分34秒台。トップ勢よりも速いペースで走っている。

51周目 ヴェッテルが1分33秒653のファステストラップをマーク。このレース初の1分33秒台。

残り2周 ヴェッテル、ウェーバー、アロンソがわずかな差を保ちながら走行中。

いよいよファイナルラップ。レッドブルのクルーがドライバーたちを祝福するためにピットウォールへと出てくる。

西日が差すコースを、ヴェッテルがトップで周回する。

最終コーナーを回り、ヴェッテルがトップでチェッカーフラッグを受ける。ウェーバーは最終ラップで1分33秒474のファステストラップをマークして2位、3位はアロンソ。

日本GPの結果は、1位ヴェッテル、2位ウェーバー、3位アロンソ、4位バトン、5位ハミルトン、6位シューマッハ、7位小林、8位ハイドフェルド、9位バリチェロ、10位ブエミ、11位アルグエルスアリ、12位コヴァライネン、13位トゥルーリ、14位グロック、15位セナ、16位山本となった。

ディ・グラッシはレース前にクラッシュしてスタートせず。リウッツィ、ペトロフ、マッサ、ヒュルケンベルグ、クビサ、スーティル、ロズベルグ7台がリタイアした。

ドライバーズチャンピオンシップはウェーバーが220ポイントでトップを守り、ヴェッテルとアロンソが206ポイントで並んだ。ハミルトンが192ポイントで4位、バトンが189ポイントで5位となっている。

コンストラクターズチャンピオンシップはレッドブルが426ポイントで1位、2位はマクラーレンで381ポイント、フェラーリが334ポイントで3位となっている。

次は韓国GPで、予定では10月24日に決勝レースが行われることになっている。

関連記事

コメント

最新ニュース

  1. 2017年07月22日

  2. ハース 2018年もドライバーラインナップ継続へ 10:03

    ハース 2018年もドライバーラインナップ継続へ

    ハースのチームオーナー、ジーン・ハースは、2018年シーズンもロマン・グロージャンと…

    F1
  3. 2017年07月18日

  4. ピレリ フェラーリのタイヤトラブルについて「数日中」に結論 13:06

    ピレリ フェラーリのタイヤトラブルについて「数日中」に結論

    ピレリは、イギリスGP決勝でキミ・ライコネンとセバスチャン・ヴェッテルに起きたタイヤ…

    F1
  5. 2017年07月16日

  6. 22:41

    イギリスGP決勝結果

    F1
  7. イギリスGP決勝 ハミルトンがポール・トゥ・ウィン 22:40

    イギリスGP決勝 ハミルトンがポール・トゥ・ウィン

    イギリスGP決勝が行われ、ポールシッターのルイス・ハミルトンが優勝を飾った。2位にヴ…

    F1
  8. 20:52

    最新画像 イギリスGP(日曜日)

    F1
  9. 2017年07月15日

  10. 23:43

    イギリスGP予選結果

    F1
  11. イギリスGP予選 ハミルトンがポールポジション 23:42

    イギリスGP予選 ハミルトンがポールポジション

    イギリスGP予選が行われ、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。2位にキミ…

    F1
  12. フリー走行3回目 ハミルトンがトップタイム 23:38

    フリー走行3回目 ハミルトンがトップタイム

    イギリスGPフリー走行3回目で、ルイス・ハミルトンが1分28秒063のトップタイムを記録した。100分の3秒差でセバスチャン・ヴェッテルが2位に続き、ヴァルテッリ・ボタスが3位となった。

    F1
  13. 23:34

    最新画像 イギリスGP(土曜日)

    F1
  14. ボタス ギアボックス交換で5グリッド降格 11:12

    ボタス ギアボックス交換で5グリッド降格

    イギリスGP金曜フリー走行でトップタイムを記録したヴァルテッリ・ボタスが、ギアボック…

    F1
  15. 2017年07月14日

  16. フリー走行2回目 ボタスが再びトップタイム 23:29

    フリー走行2回目 ボタスが再びトップタイム

    イギリスGPフリー走行2回目で、ヴァルテッリ・ボタスが1分28秒496のトップタイム…

    F1
  17. 20:01

    最新画像 イギリスGP(金曜日)

    F1
  18. フリー走行1回目 ボタスがトップタイム 20:00

    フリー走行1回目 ボタスがトップタイム

    イギリスGPがシルバーストンサーキットで開幕し、フリー走行1回目でヴァルテッリ・ボタスがトップタイムを記録した。2位にルイス・ハミルトン、3位にマックス・フェルスタッペンが入った。メルセデスの両ドライバーは、昨年のポールポジションタイムを更新している。

    F1
  19. ヴェッテル シールドデバイスをテスト 11:09

    ヴェッテル シールドデバイスをテスト

    今週末のイギリスGPフリー走行で、セバスチャン・ヴェッテルがシールド型のコックピット…

    F1
  20. アロンソ イギリスGPで5グリッド降格 10:58

    アロンソ イギリスGPで5グリッド降格

    フェルナンド・アロンソは、今週末のイギリスGPでエンジン交換による5グリッド降格ペナ…

    F1
  21. 2017年07月13日

  22. イギリスGPプレビュー 08:41

    イギリスGPプレビュー

    オーストリアGPを終えたばかりのF1は今週末、イギリスへ向かう。現在の10チーム中7…

    F1
  23. 08:25

    最新画像 F1ライブ・ロンドン

    F1
  24. ビデオ オコンのイギリスGPプレビュー 08:24

    ビデオ オコンのイギリスGPプレビュー

    Force India driver Esteban Ocon previews this weekend's British Grand Prix, which takes place at Silverstone.

    F1
  25. 2017年07月11日

  26. FIA ボタスのスタートは「偶然」 13:56

    FIA ボタスのスタートは「偶然」

    FIAは、オーストリアGP決勝でのヴァルテッリ・ボタスのスタートについて、「偶然の判…

    F1
  27. 2017年07月09日

  28. 22:57

    最新画像 オーストリアGP(日曜日)

    F1
  29. オーストリアGP決勝 ボタスが今季2勝目 22:56

    オーストリアGP決勝 ボタスが今季2勝目

    オーストリアGP決勝が行われ、ポールシッターのヴァルテッリ・ボタスが2勝目を挙げた。…

    F1
  30. 22:56

    オーストリアGP決勝結果

    F1
  31. オーストリアGP予選 ボタスがポールポジション 08:20

    オーストリアGP予選 ボタスがポールポジション

    オーストリアGP予選が行われ、ヴァルテッリ・ボタスがポールポジションを獲得した。2位…

    F1
  32. フリー走行3回目 ヴェッテルがファステスト 08:09

    フリー走行3回目 ヴェッテルがファステスト

    オーストリアGPフリー走行3回目で、セバスチャン・ヴェッテルがウルトラソフトで1分5…

    F1
  33. 2017年07月08日

  34. ハミルトン ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ 17:49

    ハミルトン ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ

    オーストリアGP決勝を前に、メルセデスのルイス・ハミルトンがギアボックス交換により5…

    F1
  35. フリー走行2回目 再びハミルトンがトップ 17:38

    フリー走行2回目 再びハミルトンがトップ

    オーストリアGPフリー走行2回目で、ルイス・ハミルトンが再びトップタイムを記録した。0.147秒差でセバスチャン・ヴェッテルが2位に入り、ヴァルテッリ・ボタスが3位となった。

    F1
  36. フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム 17:35

    フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム

    オーストリアGPが開幕し、フリー走行1回目でルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。2位にマックス・フェルスタッペン、3位にヴァルテッリ・ボタスが入った。

    F1
  37. 2017年07月07日

  38. 21:26

    最新画像 オーストリアGP(金曜日)

    F1
  39. 2017年07月06日

  40. オーストリアGPプレビュー 09:22

    オーストリアGPプレビュー

    ドラマチックなアゼルバイジャンGPを経て、F1サーカスはオーストリアのシュピールベル…

    F1
  41. 2017年06月28日

  42. ホンダ オーストリアGPに「スペック3」PUを投入 10:37

    ホンダ オーストリアGPに「スペック3」PUを投入

    ホンダの長谷川祐介氏は、来週末のオーストリアGPに「スペック3」と呼ばれるパワーユニ…

    F1
  43. ウォルフ アゼルバイジャンで「ペースを確認」 10:35

    ウォルフ アゼルバイジャンで「ペースを確認」

    メルセデス代表のトト・ウォルフは、劇的なレースとなったアゼルバイジャンGPで優勝を逃…

    F1
  44. 2017年06月26日

  45. 00:21

    最新画像 アゼルバイジャンGP(日曜日)

    F1
  46. 00:20

    アゼルバイジャンGP決勝結果

    F1
  47. アゼルバイジャンGP決勝 劇的レースでリチャルド優勝 00:19

    アゼルバイジャンGP決勝 劇的レースでリチャルド優勝

    アゼルバイジャンGP決勝が51周で争われ、セーフティーカー3回、赤旗中断、リタイア7…

    F1
  48. 2017年06月25日

  49. 04:41

    最新画像 アゼルバイジャンGP(土曜日)

    F1
  50. 04:40

    アゼルバイジャンGP予選結果

    F1
  51. アゼルバイジャンGP予選 ハミルトンがポールポジション 04:39

    アゼルバイジャンGP予選 ハミルトンがポールポジション

    アゼルバイジャンGP予選が行われ、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。2…

    F1
  52. 2017年06月24日

  53. フリー走行3回目 ボタスがトップタイム 21:52

    フリー走行3回目 ボタスがトップタイム

    アゼルバイジャンGPフリー走行3回目で、ヴァルテッリ・ボタスがトップタイムを記録した。2位にキミ・ライコネン、3位にルイス・ハミルトンが入り、セバスチャン・ヴェッテルとマックス・フェルスタッペンはテクニカルトラブルに見舞われた。

    F1
  54. フリー走行2回目 再びフェルスタッペンがトップ 00:21

    フリー走行2回目 再びフェルスタッペンがトップ

    アゼルバイジャンGPフリー走行2回目で、マックス・フェルスタッペンが再びトップタイムを記録した。2位にヴァルテッリ・ボタス、3位にダニエル・リチャルドが入った。

    F1
  55. フリー走行1回目 フェルスタッペンがトップタイム 00:19

    フリー走行1回目 フェルスタッペンがトップタイム

    アゼルバイジャンGPが開幕し、フリー走行1回目でマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録した。2位にダニエル・リチャルドが入り、レッドブルが1ー2。セバスチャン・ヴェッテルが3位に続いた。

    F1
more news