インドGP決勝 ヴェッテル優勝で4連覇達成!

インドGP決勝 ヴェッテル優勝で4連覇達成!

2013年10月27日 – インドGP決勝が60周で争われ、ポールシッターのセバスチャン・ヴェッテルがオルタネータートラブルの危険性を抱えながらも無事に全てのラップを走りきり、優勝とともにドライバーズチャンピオンシップ4連覇を達成した。2位にニコ・ロズベルグ、3位に1ストップ戦略で17位から追い上げたロマン・グロージャンが入った。コンストラクターズチャンピオンシップではレッドブルが4年連続でタイトルを獲得した。

2013年F1世界選手権第16戦インドGPの決勝レースがまもなくスタートする。

セッション開始前の気温は30℃、路面温度は33℃、湿度34%で曇り、ドライコンディションとなっている。

フロントトーはヴェッテルとロズベルグ、その後ろにハミルトンとウェーバーが並んでおり、先頭はレッドブル対メルセデスの戦いとなりそうだ。

トップ10のドライバーでは、4番手のウェーバー、8番手アロンソ、9番手ペレス、10番手バトンがミディアムタイヤでのスタートを選択している。

フリー走行、予選ではソフトタイヤに激しいブリスターが発生しているクルマが多く、タイヤの扱いがこのレースの鍵となりそうだ。

日本時間の午後6時半、フォーメーションラップがスタートした。

このレースのDRSゾーンはホームストレートとバックストレート(ターン3とターン4の間)となっている。

フォーメーションラップを終えたクルマがグリッドについていく。

最後のクルマがグリッドについた。

シグナルがブラックアウトしてレースがスタート!

ヴェッテルがいいスタートをきり、先頭でターン1へ。ロズベルグとハミルトンがそれに続く。

スタートで遅れたウェーバーとフェラーリの1台がターン1で接触。ライコネンも無線で接触があったと訴えている。

マッサがターン4でロズベルグを抜き、2番手に浮上。

1周目を終え、ディ・レスタとヴェルニュが早々にピットイン。早くもソフトタイヤを終え、ミディアムに履き替える。

1 周目を終えた時点での順位は、1位ヴェッテル、2位マッサ、3位ロズベルグ、4位ハミルトン、5位ヒュルケンベルグ、6位ライコネン、7位ウェーバー、8 位ペレス、9位リチャルド、10位アロンソ、11位スーティル、12位マルドナド、13位バトン、14位グティエレス、15位ディ・レスタ、16位グロー ジャン、17位ボタス、18位ビアンキ、19位チルトン、20位ヴェルニュ、21位ピック、22位ファン・デル・ガルデとなっている。

3周目 ヴェッテルがピットイン。アロンソ、ピックもピットに入っている。ヴェッテルはここで順位を落としてでもタイヤを交換し、後ろから追い上げることを選んだようだ。

DRSが使用可能となった。

4周目 ヴェッテルはピットストップを終え、17番手まで順位を落としている。アロンソは20番手。現在のトップはマッサ。

スタートのリプレイ。中団で小さな接触がいくつかあり、ウェーバーとライコネンがタイヤを当てているのが確認できる。また、アロンソが2台と接触し、フロントウィングを破損している。

6周目 ヒュルケンベルグ、ビアンキがピットイン。現在まだソフトタイヤで走行しているのは、マッサ、ロズベルグ、ハミルトン、ライコネン、グロージャン、マルドナドの6台のみ。

7周目 バトンがピットイン。ここでソフトタイヤを使用するようだ。

現 在の順位は、1位マッサ、2位ロズベルグ、3位ハミルトン、4位ウェーバー、5位ライコネン、6位ペレス、7位リチャルド、8位スーティル、9位グロー ジャン、10位バトン、11位マルドナド、12位グティエレス、13位ボタス、14位ヴェッテル、15位ヒュルケンベルグというオーダーとなっている。

8周目 ロズベルグとライコネンがピットイン。両者ともミディアムタイヤを選択している。

現在ソフトタイヤで走行しているのはトップのマッサ、2位ハミルトン、6位グロージャン、8位マルドナド、17位バトン。

一度17番手まで順位を落としたヴェッテルは、すでに9番手まで順位を上げている。

9周目 マッサとハミルトンがピットイン。これでウェーバーが暫定トップとなる。

マッサ、マルドナドともにミディアムタイヤを選択している。

現 在のトップはウェーバー、2位ペレス、3位リチャルド、4位グロージャン、5位スーティル、6位ヴェッテル、7位グティエレス、8位マッサ、9位ボタス、 10位ロズベルグ、11位ハミルトン、12位ヒュルケンベルグ、13位ディ・レスタ、14位ライコネン、15位バトン、16位ヴェルニュ、17位アロン ソ、18位チルトン、19位マルドナド、20位ビアンキ、21位ピック、22位ファン・デル・ガルデとなっている。

ヴェッテルは6番手まで浮上しているが、アロンソはまだ17番手にとどまっている。

10周目 アロンソがヴェルニュと16番手争いをしている。

11周目 ヴェッテルがグロージャンをオーバーテイクして4番手に浮上。

ウェーバー、ペレス、リチャルドの上位3台はまだ1回目のピットストップを行なっていない。4位ヴェッテルとトップウェーバーの差は14秒。ウェーバーがピットストップを行うと、ヴェッテルが前に出る計算になる。

グティエレスがジャンプスタートをしたということで審議対象となっている。

13周目 バトンが2回めのピットイン。

ヴェッテルが13周目に1分31秒086のファステストラップを記録。

14周目 グロージャンがピットイン。ミディアムタイヤに交換し、15番手でコースに戻っている。

15周目 マッサがグティエレスに0.7秒差まで詰め寄っている。

そのグティエレスにドライブスルーペナルティが科せられた。ジャンプスタートに対するペナルティとなる。

再びスタートのリプレイ。ブラックアウトよりも前にグティエレスのクルマが少し動いているのがわかる。

ヴェッテルが15周目に1分31秒021のファステストラップ。

17周目 グティエレスがドライブスルーペナルティを行っている。

18周目 バトンへの無線で、「我々が争っているのはアロンソだ」との情報。アロンソは現在14番手、バトンは19番手を走行している。

ペレスへの無線で、「後ろからヴェッテルが来ているが、彼と争っているわけではないので無茶はするな」との指示。

20周目 アロンソがグティエレスをホームストレートでオーバーテイクするリプレイ。しかし、その後また抜き返されており、グティエレス13番手、アロンソ14番手のまま。

21周目 ヴェッテルがターン4でペレスをオーバーテイクし、2番手に浮上した。

現在、1位ウェーバー、3位ペレス、4位リチャルド、5位スーティル、9位ボタス、19位チルトンがまだ一度もピットストップを行なっていない。

アロンソがようやくグティエレスをオーバーテイクし、13位に浮上している。

22 周目 現在の順位は1位ウェーバー、2位ヴェッテル、3位ペレス、4位リチャルド、5位スーティル、6位マッサ、7位ロズベルグ、8位ハミルトン、9位ボ タス、10位ヒュルケンベルグ、11位ライコネン、12位ディ・レスタ、13位アロンソ、14位グティエレス、15位グロージャン、16位ヴェルニュ、 17位マルドナド、18位バトン、19位チルトン、20位ビアンキ、21位ピックとなっている。ファン・デル・ガルデはリタイアしている。

24周目 ライコネンの無線のやりとりによると、クルマにオーバーヒートの傾向が見られるようだ。

マッサとロズベルグが6番手争い。ロズベルグがマッサを抜きかけたが、マッサがおさえている。

ヴェッテルが24周目に1分30秒188のファステストラップ。

25周目 ヴェッテルがさらにファステストを更新し、1分30秒148。

トップのウェーバーと2番手ヴェッテルの差は10.2秒。ウェーバーはまだ1回もピットストップを行なっていない。

27周目 グティエレスとヴェルニュがピットイン。両者とも新品のミディアムタイヤを選択してコースに戻っている。

28周目 ロズベルグがピットイン。新品ミディアムを選択し、コースへ。13番手でレースに復帰している。このピットストップの影響を受けるのはマッサ。

29周目 トップのウェーバーがピットイン。ソフトタイヤを選択している。2番手でレースに復帰。

3番手のペレスもピットイン。同じくソフトを選択している。ペレスは7番手でレースに戻っている。

現在のトップはヴェッテル、2位ウェーバー、3位リチャルド、4位スーティル、5位マッサ、6位ハミルトン、7位ペレス、8位ヒュルケンベルグ、9位ライコネン、10位ボタスというトップ10となっている。

グティエレスとグロージャンのインシデントが審議対象となっている。グティエレスが2回以上ラインを変更したことに対する審議。

30周目 ペレスが前を行くハミルトンに0.4秒差で迫っている。

ペレスがハミルトンをオーバーテイクして6番手に浮上。

ウェーバーが30周目に1分29秒500のファステストラップをマーク。

31周目 マッサとハミルトンがピットイン。先ほどピットに入ったロズベルグとの位置関係に注目だ。

マッサ、ハミルトンはともにミディアムを選択。ロズベルグよりも後ろでのピットアウトとなった。

ディ・レスタ、アロンソもピットに入っている。アロンソはソフトタイヤを選択。

32周目 トップを走行中のヴェッテルがピットイン。ミディアムタイヤを装着し、2番手でコースに戻る。現在のトップはウェーバー。

ボタスがピットイン。ミディアムタイヤを選択し、13番手でピットアウト。これが最初のピットストップである。

まだピットストップを行っていないのは、3番手リチャルドと5番手スーティルの2台のみ。ミディアムでスタートしているので、これからソフトタイヤを使用する必要がある。

33周目 トップのウェーバーがピットイン。ミディアムに履き替え、3番手でレースに戻っている。

バトンが3回めのピットイン。

ヒュルケンベルグとボタスのインシデントが審議対象となっている。ヒュルケンベルグがボタスに押し出され、コース外を走行してボタ素の前に出たことが問題となっている。

34周目 リチャルド、ペレス、ヒュルケンベルグがピットイン。

リチャルドはソフトタイヤ、ペレスとヒュルケンベルグはミディアムタイヤを選択。

35 周目 現在のトップはヴェッテル。2番手ウェーバーとの差は12.7秒。3位スーティル、4位ライコネン、5位ロズベルグ、6位グロージャン、7位マッ サ、8位リチャルド、9位ハミルトン、10位ペレス、11位ヒュルケンベルグ、12位マルドナド、13位アロンソ、14位ディ・レスタ、15位ボタス、 16位グティエレス、17位ヴェルニュ、18位バトン、19位チルトン、20位ビアンキ、21位ピックとなっている。

まだピットストップを行っていないのはスーティルのみ。

ヒュルケンベルグとボタスの審議はお咎め無しとなった。

37周目 アロンソが3回目のピットイン。ミディアムを選択し、16番手でコースに戻っている。

39周目 ピックがガレージにクルマを入れ、ここでリタイアとなった。クルマに問題が起こっているようだ。

リチャルドとマルドナドがピットイン。両者ともミディアムタイヤを選択している。

40周目 ウェーバーにギアボックスのトラブルという無線。ターン2でコース脇にクルマを止めている。

これにより、ライコネンが2番手に浮上している。

42 周目 現在のトップはヴェッテル、2位ライコネン、3位スーティル、4位ロズベルグ、5位グロージャン、6位マッサ、7位ハミルトン、8位ペレス、9位 ヒュルケンベルグ、10位ディ・レスタ、11位ボタス、12位グティエレス、13位リチャルド、14位アロンソ、15位マルドナド、16位ヴェルニュ、 17位バトン、18位チルトン、19位ビアンキとなっている。

ここでスーティルがとうとう1回目のピットイン。ソフトタイヤを選択している。タイヤが持てば、1ストップでフィニッシュが可能だ。

グロージャンとグティエレスの審議はお咎め無しとなった。

45周目 ロズベルグが1分28秒915のファステストラップをマーク。

46周目 2番手のライコネンはトップのヴェッテルよりも1秒遅いラップタイム。このまま1ストップで最後まで走りきれば、表彰台の可能性もある。ライコネンのタイヤの状況に注目だ。

47周目 2位ライコネンの後ろは6.1秒遅れでロズベルグ、その7.6秒後方にグロージャン。

48周目 グティエレスが3回目のピットイン。

49周目 ロズベルグへの無線。「このタイヤはよく持っている」とのチームのコメント。前を走るライコネンに対してタイヤでアドバンテージがあることを示唆している。

50周目 ボタスがピットイン。

グティエレスが49周目に1分28秒682のファステストラップ。

残り10周 3位のロズベルグが前を走るライコネンまで1.8秒差まで迫っている。ライコネンは43周はしったミディアムタイヤ、ロズベルグのタイヤは23周目だ。
ライコネンはもう1回ピットストップを行うと8番手あたりまで順位を落とすことになるだけに、このままコース上にとどまりたいところ。

残り9周 ロズベルグがライコネンに対してDRSを使える距離まで迫ってきている。ライコネンは耐え切れないだろう。

バックストレートでロズベルグがライコネンをオーバーテイク。2番手に浮上している。
ヴェッテルに対して「ドリンクボトルを使うな」との指示。ウェーバーと同様オルタネータに不安がある可能性がある。

残り8周 ロズベルグとライコネンの差は1.8秒。

残り7周 ロズベルグとライコネンの差は3.8秒にまで広がっている。ライコネンの5.9秒後方にはグロージャンがいる。

ヒュルケンベルグが3回めのピットストップ。ソフトタイヤに交換しているが、13番手まで順位を落としている。

ヴェッテルが54周目に1分28秒116のファステストラップをマーク。

残り6周 トップのヴェッテルと2番手ロズベルグの差は27.3秒。ヴェッテルのトップは安泰だが、いつもどおりスピードを緩める様子はない。

ヒュルケンベルグが4回目のピットイン。ガレージにクルマを入れ、ここでリタイア。

残り5周 グロージャンがライコネンに迫り、オーバーテイクの動きを見せたが、ライコネンの後ろにとどまっている。チームオーダーのようにも見える。

しかし、その後ろには2秒差でマッサが迫ってきている。

残り4周 ホームストレートでグロージャンがライコネンをオーバーテイク。マッサもこれに乗じてライコネンをかわし、グロージャンが3位、マッサが4位、ライコネンは5位となった。

リプレイによると、グロージャンが最初のオーバーテイクを仕掛けた時にコース外に飛び出しており、そのためにいったん順位を戻したものと見られる。

残り3周 1位はヴェッテル、2位ロズベルグ、3位グロージャン、4位マッサ、5位ライコネン、6位ハミルトン、7位ペレス、8位ディ・レスタ、9位スーティル、10位リチャルドというトップ10。

ライコネンのタイヤはほぼ終わった状態になっており、ハミルトンとペレスの2台が後ろに迫っている。

ライコネンはまったく踏ん張れず、ハミルトンとペレスに相次いで抜かれ、7番手まで後退。ペレスはうまくラインをとり、ハミルトンも交わして5番手に浮上している。

残り2周 ライコネンがここで2回目のピットストップ。ミディアムタイヤで50周走行した。

グロージャンに対してショートシフトの指示が飛ぶ。燃料が残り少ない可能性がある。

いよいよファイナルラップ。2位ロズベルグに27秒差をつけ、ヴェッテルが余裕の走行。

ヴェッテルが優勝すれば、文句なしの4年連続チャンピオンとなる。

ヴェッテルが最終コーナーを回り、スピードを落としてチェッカーフラッグを受けた。

手を突き上げ、チームの祝福を受ける。

ヴェッテルはこれでチャンピオンシップ4連覇となる。

2位はロズベルグ、後方グリッドからスタートしたグロージャンがなんと3位表彰台を獲得した。

最終ラップを前にタイヤ交換を行ったライコネンは、1分27秒679のファステストラップをマークした。

ロータスの2台、フォースインディアなど、数台のクルマがピットロード出口でクルマを止めている。燃料が残っていないようだ。

インドGPの最終結果は、1位ヴェッテル、2位ロズベルグ、3位グロージャン、4位マッサ、5位ペレス、6位ハミルトン、7位ライコネン、8位ディ・レスタ、9位スーティル、10位リチャルド、11位アロンソ、12位マルドナド、13位ヴェルニュ、14位バトン、15位グティエレス、16位ボタス、17位チルトン、18位ビアンキ、19位ヒュルケンベルグとなった。

ヒュルケンベルグは途中でリタイアしているが、完走扱い。

ウェーバー、ピック、ファン・デル・ガルデはリタイアとなっている。

ホームストレートに戻ってきたヴェッテルは、グランドスタンド前でドーナツターンを決め、クルマから飛び出して全身で喜びを表している。

このレースの結果により、ドライバーズチャンピオンシップはヴェッテルが322p、アロンソ207p、ライコネン183p、ハミルトン169p、ウェーバー148p、ロズベルグ144pとなった。

また、コンストラクターズチャンピオンシップはレッドブルが470p、メルセデス313p、フェラーリ309p、ロータス285pとなっている。

次戦アブダビGPは、1週間後の11月3日に決勝レースが行われる。

関連記事

コメント

最新ニュース

  1. 2017年09月23日

  2. F1 エキゾーストマイクを開発 15:46

    F1 エキゾーストマイクを開発

    パワーユニットのボリューム不足が指摘される中、「本物の音の増幅」を伝えるためにクルマ…

    F1
  3. 往年のマレーシアGPがオンラインで視聴可能に 15:45

    往年のマレーシアGPがオンラインで視聴可能に

    今年で最後を迎えるマレーシアGPの過去のレースが、今月末からF1公式サイトで視聴可能…

    F1
  4. 2017年09月18日

  5. 00:43

    シンガポールGP決勝結果

    F1
  6. シンガポールGP決勝 ハミルトン優勝、ヴェッテルはリタイア 00:42

    シンガポールGP決勝 ハミルトン優勝、ヴェッテルはリタイア

    ウェットコンディションとなったシンガポールGP決勝は、スタート直後からフェラーリ2台がリタイアする波乱の展開となり、予選4位のルイス・ハミルトンが優勝を飾った。2位にダニエル・リチャルド、3位にヴァルテッリ・ボタスが入った。

    F1
  7. 2017年09月17日

  8. 21:22

    最新画像 シンガポールGP(日曜日)

    F1
  9. 2017年09月16日

  10. シンガポールGP予選ヴェッテルPP、ハミルトン5位 23:39

    シンガポールGP予選ヴェッテルPP、ハミルトン5位

    シンガポールGP予選が行われ、セバスチャン・ヴェッテルがポールポジションを獲得した。2位にマックス・フェルスタッペン、3位にダニエル・リチャルドが入り、ルイス・ハミルトンは5位に終わった。

    F1
  11. フリー走行2回目 再びリチャルドがトップタイム 09:24

    フリー走行2回目 再びリチャルドがトップタイム

    シンガポールGPフリー走行2回目で、ダニエル・リチャルドが1回目に続き再びトップタイ…

    F1
  12. 09:24

    最新画像 シンガポールGP(金曜日)

    F1
  13. フリー走行1回目 リチャルドがトップタイム 09:10

    フリー走行1回目 リチャルドがトップタイム

    シンガポールGPがマリナーベイ・ストリートサーキットで開幕し、フリー走行1回目でダニエル・リチャルドがトップタイムを記録した。2位にセバスチャン・ヴェッテル、3位にマックス・フェルスタッペンが続いた。

    F1
  14. 2017年09月15日

  15. サインツ・ジュニア 2018年からルノーに加入 22:56

    サインツ・ジュニア 2018年からルノーに加入

    ルノーは、カルロス・サインツ・ジュニアを2018年のレースドライバーに起用することを…

    F1
  16. トロロッソ ホンダと複数年契約を締結 22:38

    トロロッソ ホンダと複数年契約を締結

    トロロッソは、来シーズンからホンダのパワーユニットを使用することを発表した。 ホンダ…

    F1
  17. ルノー 2018年からマクラーレンにパワーユニット提供 22:24

    ルノー 2018年からマクラーレンにパワーユニット提供

    ホンダとの提携を今季限りで解消することを発表したマクラーレンは、2018年シーズンか…

    F1
  18. サインツ ルノー移籍間近か 10:09

    サインツ ルノー移籍間近か

    カルロス・サインツ・ジュニアのマネージャーが、サインツ・ジュニアが間もなくルノーと2…

    F1
  19. ビデオ 契約延長について語るボタス 09:24

    ビデオ 契約延長について語るボタス

    Valtteri Bottas talks about his renewal with Mercedes for the 2018 season.

    F1
  20. ビデオ レッドブルのドリアンチャレンジ 09:23

    ビデオ レッドブルのドリアンチャレンジ

    Red Bull presents 'The Durian Fruit Challenge' with Daniel Ricciardo and Max Verstappen...

    F1
  21. 09:22

    最新画像 シンガポールGP(木曜日)

    F1
  22. 2017年09月03日

  23. 23:43

    最新画像 イタリアGP(日曜日)

    F1
  24. 23:42

    イタリアGP決勝結果

    F1
  25. イタリアGP決勝 ハミルトン優勝、メルセデス1ー2 23:41

    イタリアGP決勝 ハミルトン優勝、メルセデス1ー2

    イタリアGP決勝が行われ、ポールシッターのルイス・ハミルトンが優勝を飾った。2位にヴ…

    F1
  26. 09:46

    イタリアGP予選結果

    F1
  27. イタリアGP予選 ハミルトンが69回目のポール 09:27

    イタリアGP予選 ハミルトンが69回目のポール

    イタリアGP予選は雨の影響で開始が遅れ、ウェットコンディションの中、ルイス・ハミルト…

    F1
  28. 00:29

    最新画像 イタリアGP(土曜日)

    F1
  29. 2017年09月02日

  30. フリー走行2回目 ボタスがトップタイム 09:28

    フリー走行2回目 ボタスがトップタイム

    イタリアGPフリー走行2回目で、ヴァルテッリ・ボタスがトップタイムを記録した。2位にルイス・ハミルトンが入り、メルセデスが1ー2。3位と4位にフェラーリのセバスチャン・ヴェッテルとキミ・ライコネンが続いた。

    F1
  31. フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム 09:25

    フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム

    イタリアGPが開幕し、フリー走行1回目でルイス・ハミルトンが1分21秒537のトップタイムを記録した。2位にヴァルテッリ・ボタス、3位にセバスチャン・ヴェッテルが入った。

    F1
  32. 2017年08月28日

  33. 09:44

    最新画像 ベルギーGP(日曜日)

    F1
  34. 09:44

    ベルギーGP決勝結果

    F1
  35. ベルギーGP決勝 ハミルトンがヴェッテルを抑えて優勝 09:43

    ベルギーGP決勝 ハミルトンがヴェッテルを抑えて優勝

    ベルギーGP決勝が行われ、ルイス・ハミルトンがセバスチャン・ヴェッテルを終始抑えて今…

    F1
  36. 2017年08月27日

  37. 15:49

    ベルギーGPスターティンググリッド

    F1
  38. 08:53

    ベルギーGP予選結果

    F1
  39. 08:52

    最新画像 ベルギーGP(土曜日)

    F1
  40. ベルギーGP予選 ハミルトンがシューマッハの記録に並ぶ 08:49

    ベルギーGP予選 ハミルトンがシューマッハの記録に並ぶ

    ベルギーGP予選が行われ、ルイス・ハミルトンが68回目のポールポジションを獲得。ミハ…

    F1
  41. 2017年08月26日

  42. フリー走行2回目 ハミルトンがトップタイム 10:32

    フリー走行2回目 ハミルトンがトップタイム

    ベルギーGPフリー走行2回目は途中から雨に見舞われ、ルイス・ハミルトンがドライコンディション時にウルトラソフトで1分44秒753のトップタイムを記録した。2位にキミ・ライコネン、3位にヴァルテッリ・ボタスが入った。

    F1
  43. フリー走行1回目 ライコネンがトップタイム 10:31

    フリー走行1回目 ライコネンがトップタイム

    ベルギーGPが開幕し、フリー走行1回目でキミ・ライコネンがトップタイムを記録した。2位にルイス・ハミルトン、3位にセバスチャン・ヴェッテルが入った。

    F1
  44. 2017年08月23日

  45. マクラーレン ファンドーネ残留を発表 22:49

    マクラーレン ファンドーネ残留を発表

    マクラーレンは、ストッフェル・ファンドーネが2018年もチームに残留することを正式に…

    F1
  46. ライコネン 2018年もフェラーリ残留 22:40

    ライコネン 2018年もフェラーリ残留

    フェラーリは火曜日、キミ・ライコネンが2018年シーズンも同チームでレースをすること…

    F1
  47. 2017年08月10日

  48. サインツ・ジュニア 「F1には2つのカテゴリーがある」 09:30

    サインツ・ジュニア 「F1には2つのカテゴリーがある」

    トロロッソのカルロス・サインツ・ジュニアは、2017年シーズンのF1には「2つの異な…

    F1
  49. 2017年08月03日

  50. ビデオ テストについて語るクビサ 10:02

    ビデオ テストについて語るクビサ

    Robert Kubica talks about his return to official F1 testing action with Renault in Hungary on Wednesday.

    F1
  51. 10:01

    最新画像 ハンガリーテスト(水曜日)

    F1
  52. ハンガリーテスト2日目 ヴェッテルがトップタイム 10:00

    ハンガリーテスト2日目 ヴェッテルがトップタイム

    水曜日のハンガリーテスト2日目で、セバスチャン・ヴェッテルが1分17秒124のトップ…

    F1
  53. 2017年08月02日

  54. ハンガリーテスト初日 ルクレールがトップタイム 13:35

    ハンガリーテスト初日 ルクレールがトップタイム

    火曜日のハンガリーテスト初日で、フェラーリ育成ドライバーのチャールズ・ルクレールがト…

    F1
more news