イタリアGP決勝 ハミルトンが優勝、メルセデス1−2勝利

イタリアGP決勝 ハミルトンが優勝、メルセデス1−2勝利

2014年09月07日 – 2014年F1世界選手権第13戦イタリアGPの決勝レースが行われた。スタートでハミルトンが出遅れ、ロズベルグが独走態勢を築くかに見えた。しかし、中盤でハミルトンがロズベルグの後ろにつけ、プレッシャーをかけると、ロズベルグがターン1のシケインを直進するミス。それに乗じてハミルトンがトップに立ち、そのまま優勝を果たした。2位はロズベルグ、3位にはマッサが入り、今シーズン初表彰台を獲得した。

--------------------

2014年F1世界選手権第13戦イタリアGPは決勝レースを迎えた。セッション直前のコンディションは、気温26℃、路面温度44℃、湿度57%、晴れのドライコンディションとなっている。

土曜日の予選ではハミルトンがポールポジションを獲得し、ロズベルグが2位となった。メルセデスのフロントローの後ろには、ボタスとマッサが並び、3列目にマグヌッセンとバトン、4列目にアロンソとヴェッテル、5列目にリチャルドとペレスが並んでいる。

使用タイヤはミディアムとハードで、DRSゾーンはホームストレートとターン7と8の間の2カ所だ。

現地時間午後2時、21台のクルマがフォーメーションラップに向かった。エリクソンはピットレーンスタートとなる。

ヒュルケンベルグ、スーティル、グティエレス、グロージャン、クビアト、エリクソンがハードタイヤを履いている。それ以外はミディアムだ。

予選11位のクビアトは、エンジン交換により10グリッド降格ペナルティをうけた。最後尾からレースをスタートする。

全車がグリッドに着いた。シグナルがブラックアウトし、レーススタート!

ロズベルグが好スタート。マグヌッセンが2番手にポジションを上げ、マッサ、ハミルトン、ヴェッテルが続いている。

ハミルトンはDRSにトラブルを抱えているようだ。

2周目 現在の順位は、ロズベルグ、マグヌッセン、マッサ、ハミルトン、ヴェッテル、バトン、アロンソ、ペレス、ヒュルケンベルグ、ライコネン、ボタス、リチャルド、ヴェルニュ、マルドナド、スーティル、グティエレス、小林、ビアンキ、チルトン、クビアト、グロージャン、エリクソンとなっている。

4周目 ロズベルグとマグヌッセンの差は2秒8、マグヌッセンとマッサの差はコンマ6秒、マッサとハミルトンの差はコンマ3秒となっている。

スタートのリプレイ。ハミルトンとボタスの加速が悪く、ポジションを落としている。

5周目 マッサがマグヌッセンをパスした。ハミルトンもマグヌッセンをパスした。

6周目 ロズベルグが1分29秒711のファステストを記録した。マッサとの差は3秒8に開いている。

ボタスがヒュルケンベルグをパスして10番手となった。

チルトンがクルマを止めている。

2つ目のシケインで縁石に乗り上げ、クラッシュを喫したようだ。

7周目 マッサが1分29秒499のファステストを記録した。

4番手マグヌッセンの後ろに列ができている。

8周目 ボタスがライコネンをパスした。

9周目 ライコネンは再びボタスをパスし、ポジションを戻した。ロズベルグがターン1でミスをし、シケインを直進した。

ハミルトンがマッサに迫っている。

10周目 ハミルトンがターン1でマッサをパスし、2番手となった。グティエレスがピットに入っている。

ボタスは再びライコネンを抜き、9番手となった。

11周目 ハミルトンが1分29秒173のファステストを記録した。

12周目 ロズベルグが1分29秒173のファステストを記録した。ハミルトンとの差は2秒2となっている。

ハミルトンとマッサの差は1秒6、マッサトマグヌッセンの差は5秒9、マグヌッセンとヴェッテルの差はコンマ7秒、ヴェッテルとバトンの差はコンマ6秒となっている。

9番手のボタスがペレスに迫っている。

ターン1でビアンキにオーバーテイクを仕掛けたグロージャンだが、両者はシケインで軽く接触した。

14周目 ボタスがペレスをパスし、8番手となった。

15周目 ハミルトンが再びファステストラップを記録し、ロズベルグとの差が1秒6となった。

現在の順位は、ロズベルグ、ハミルトン、マッサ、マグヌッセン、ヴェッテル、バトン、アロンソ、ボタス、ペレス、ライコネン、リチャルド、ヒュルケンベルグ、ヴェルニュ、マルドナド、クビアト、スーティル、小林、グロージャン、ビアンキ、エリクソン、グティエレスとなっている。チルトンはリタイアしている。

16周目 ボタスがアロンソをパスし、7番手となった。

18周目 ボタスがホームストレートでバトンをパスした。

19周目 ロズベルグとハミルトンの差は1秒3、ハミルトンとマッサの差は6秒1、マッサトマグヌッセンの差は12秒となっている。

ヴェッテルがピットに入り、ハードに交換した。

20周目 ペレスとヒュルケンベルグがピットに入った。

5番手のボタスがマグヌッセンを狙っている。

21周目 ライコネンがピットイン。

ハードタイヤに交換した。

ボタスがマグヌッセンをパスし、4番手となった。

グロージャンもピットに入った。

22周目 マグヌッセン、アロンソがピットイン。

マルドナドもピットイン。

23周目 バトンがピットイン。

ハードに交換した。

24周目 小林、マッサがピットイン。

マッサはハードに交換し、5番手でコースに戻った。

25周目 ロズベルグがピットイン。

ボタスもピットに入った。

両ドライバーともハードタイヤに交換した。ヴェルニュもピットに入っている。

コースに戻ったボタスは、ヴェッテルとマグヌッセンにポジションを譲った。

26周目 ハミルトンがピットに入り、ハードに交換した。

ハミルトンは2番手でコースに復帰している。

現在の順位は、ロズベルグ、ハミルトン、リチャルド、マッサ、クビアト、ヴェッテル、マグヌッセン、ペレス、ボタス、バトン、アロンソ、ライコネン、ヒュルケンベルグ、ヴェルニュ、マルドナド、グティエレス、ビアンキ、スーティル、小林、グロージャン、エリクソンとなっている。

27周目 リチャルドがピットに入った。

クビアト、ビアンキ、エリクソンはまだピットに入っていない。

28周目 ハミルトンが1分28秒330のファステストを記録し、ロズベルグとの差を1秒3とした。

ビアンキがピットイン。

ハミルトンはロズベルグの後ろをキープし、タイヤをセーブしながらチームメイトについていくよう指示された。

29周目 ロズベルグがまたしてもターン1を直進。ハミルトンが彼をパスした。

アロンソがクルマを止めた。

30周目 アロンソがクルマを止めたシーンがリプレイで流れた。ホームストレートを走行中にダウンシフトを失い、ターン1でクルマを止めた。彼にとって今季初のリタイアだ。

31周目 クビアトがピットイン。

ターン1でボタスとマグヌッセンが軽く接触し、ボタスがコースオフした。

エリクソンがピットに入った。これで全車がピットに入ったことになる。

ヒュルケンベルグ、クビアト、グティエレス、スーティル、グロージャンがミディアム、あとはハードタイヤを履いている。

33周目 現在の順位は、ハミルトン、ロズベルグ、マッサ、ヴェッテル、マグヌッセン、ボタス、ペレス、バトン、ライコネン、リチャルド、ヒュルケンベルグ、ヴェルニュ、クビアト、マルドナド、グティエレス、スーティル、グロージャン、小林、ビアンキ、エリクソンとなっている。

34周目 ハミルトンとロズベルグの差は3秒6、ロズベルグとマッサの差は13秒7、マッサとヴェッテルの差は17秒6となっている。

35周目 リチャルドがライコネンをパスした。

ターン1で接触したボタスとマグヌッセンが審議対象となった。

37周目 ハミルトンとロズベルグの差が4秒6に開いた。

ここでグティエレスがピットに入った。

38周目 マグヌッセンに5秒のストップ&ゴーペナルティが科せられた。

39周目 バトンがペレスをパスして7番手となった。

ペレスは2つ目のシケインでバトンにオーバーテイクを仕掛け、サイドバイサイドの争いを続けた

結果的にペレスがバトンを抜き返した。

41周目 ボタスがヴェッテルをパスし、4番手となった。リチャルドはバトンをパスしている。

42周目 再びバトンとペレスがポジションを争っている。

43周目 現在の順位は、ハミルトン、ロズベルグ、マッサ、ボタス、ヴェッテル、マグヌッセン、リチャルド、ペレス、バトン、ライコネンとなっており、ここまでがポイント圏内だ。

44周目 リチャルドがターン1でマグヌッセンをパスした。

ハミルトンとロズベルグの差は4秒5、ロズベルグとマッサの差は17秒6、マッサとボタスの差は17秒1、ボタスとヴェッテルの差は5秒1、ヴェッテルとリチャルドの差は2秒5となっている。

47周目 リチャルドがターン1でヴェッテルにオーバーテイクを仕掛けた。ヴェッテルはポジションを守ったが、2つ目のシケインでリチャルドが前に出た。

48周目 バトンがペレスに迫っている。

残り5周 7番手のマグヌッセンがヴェッテルに迫っている。ヴェッテルは早めにピットに入ったため、タイヤの摩耗が厳しい状況になっている。

残り4周 グティエレスとグロージャンが接触したシーンが流れた。

残り3周 グティエレスがタイヤをパンクさせている。

グティエレスはピットに入った。

ヴェッテルの後ろにマグヌッセン、ペレス、バトンが連なっている。

残り2周 グティエレスとグロージャンの事故がレース後に審議されることになった。

クビアトがターン1でミスをし、コースオフを喫した。

ファイナルラップ ハミルトンはロズベルグに2秒9の差をつけてファイナルラップに入った。

レース終了! ハミルトンがトップチェッカーをうけ、イタリアGPを制した。ロズベルグが2位に入り、オーストリアGP以来となる1ー2フィニッシュを達成した。

マッサが3位に入り、今季初の表彰台を獲得。ボタス、リチャルド、ヴェッテル、マグヌッセンが続いた。

マグヌッセンは5秒のストップ&ゴーペナルティを行わなかったため、レース後に5秒加算される。

イタリアGP決勝結果は、1位ハミルトン、2位ロズベルグ、3位マッサ、4位ボタス、5位リチャルド、6位ヴェッテル、7位ペレス、8位バトン、9位ライコネン、10位マグヌッセン、11位クビアト、12位ヒュルケンベルグ、13位ヴェルニュ、14位マルドナド、15位スーティル、16位グロージャン、17位小林、18位ビアンキ、19位グティエレス、20位エリクソンとなった。

アロンソとチルトンはリタイアとなった。

ドライバーズチャンピオンシップは、ロズベルグ238p、ハミルトン216p、リチャルド166p、ボタス122p、アロンソ121p、ヴェッテル106pとなっている。

コンストラクターズチャンピオンシップは、メルセデス454p、レッドブル272p、ウィリアムズ177p、フェラーリ162p、マクラーレン110p、フォースインディア109pとなっている。

ウィリアムズがフェラーリを抜き、3位となった。

次戦のシンガポールGPは、2週間後の9月21日に決勝レースを迎える。

関連記事

コメント

最新ニュース

  1. 2017年06月24日

  2. フリー走行2回目 再びフェルスタッペンがトップ 00:21

    フリー走行2回目 再びフェルスタッペンがトップ

    アゼルバイジャンGPフリー走行2回目で、マックス・フェルスタッペンが再びトップタイムを記録した。2位にヴァルテッリ・ボタス、3位にダニエル・リチャルドが入った。

    F1
  3. フリー走行1回目 フェルスタッペンがトップタイム 00:19

    フリー走行1回目 フェルスタッペンがトップタイム

    アゼルバイジャンGPが開幕し、フリー走行1回目でマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録した。2位にダニエル・リチャルドが入り、レッドブルが1ー2。セバスチャン・ヴェッテルが3位に続いた。

    F1
  4. 2017年06月22日

  5. ビデオ アゼルバイジャンGPプレビュー 21:15

    ビデオ アゼルバイジャンGPプレビュー

    Azerbaijan Grand Prix organisers look ahead to this weekend's event with a preview teaser video.

    F1
  6. 21:14

    最新画像 アゼルバイジャンGP(木曜日)

    F1
  7. 2017年06月20日

  8. クビサ グッドウッドでルノーF1をドライブ 23:02

    クビサ グッドウッドでルノーF1をドライブ

    ロベルト・クビサが来週、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに初めて参加し、…

    F1
  9. 2018年のF1カレンダーにトリプルヘッダー 21:40

    2018年のF1カレンダーにトリプルヘッダー

    FIA世界モータースポーツ評議会は月曜日、2018年のカレンダーを発表。来シーズンが…

    F1
  10. 2017年06月12日

  11. 10:52

    最新画像 カナダGP(日曜日)

    F1
  12. 10:52

    カナダGP決勝結果

    F1
  13. カナダGP決勝 ハミルトン優勝、メルセデス1ー2 10:26

    カナダGP決勝 ハミルトン優勝、メルセデス1ー2

    カナダGP決勝が行われ、ポールシッターのルイス・ハミルトンが優勝を飾った。セバスチャ…

    F1
  14. 2017年06月11日

  15. カナダGP予選 ハミルトンが65回目のPP 09:17

    カナダGP予選 ハミルトンが65回目のPP

    カナダGP予選が行われ、ルイス・ハミルトンがアイルトン・セナに並ぶ65回目のポールポジションを獲得した。コンマ3秒差でセバスチャン・ヴェッテルが2位に入り、ヴァルテッリ・ボタスが3位となった。

    F1
  16. 09:14

    最新画像 カナダGP(土曜日)

    F1
  17. 2017年06月10日

  18. フリー走行2回目 ライコネンがトップタイム 08:56

    フリー走行2回目 ライコネンがトップタイム

    カナダGPフリー走行2回目で、キミ・ライコネンがウルトラソフトで1分12秒935のト…

    F1
  19. フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム 08:52

    フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム

    カナダGPフリー走行1回目で、ルイス・ハミルトンが1分13秒809のトップタイムを記録した。2位にセバスチャン・ヴェッテル、3位にヴァルテッリ・ボタスが入った。

    F1
  20. 08:45

    最新画像 カナダGP(金曜日)

    F1
  21. 2017年06月09日

  22. 09:15

    最新画像 カナダGP(木曜日)

    F1
  23. ビデオ オコンのカナダGPプレビュー 09:13

    ビデオ オコンのカナダGPプレビュー

    Force India's Esteban Ocon previews the Canadian Grand Prix in "American French" Montréal.

    F1
  24. 09:10

    最新画像 ラフティングを楽しむレッドブルファミリー

    F1
  25. 2017年06月08日

  26. カナダGPプレビュー 09:43

    カナダGPプレビュー

    ヨーロッパラウンド中、唯一のフライアウェイレース、カナダGP。同グランプリは、今週末…

    F1
  27. ビデオ フェラーリのカナダGPプレビュー 09:13

    ビデオ フェラーリのカナダGPプレビュー

    Ferrari looks ahead to the Canadian Grand Prix by analysing the characteristics of the Circuit Gilles Villeneuve.

    F1
  28. 2017年06月07日

  29. クビサ ルノーのF1マシンをテスト 14:00

    クビサ ルノーのF1マシンをテスト

    ロベルト・クビサが火曜日、2011年のラリーでのクラッシュ事故以来初めて、F1マシン…

    F1
  30. 2017年06月06日

  31. アロンソ 「仕事復帰は準備万端」 15:12

    アロンソ 「仕事復帰は準備万端」

    モナコGPを欠場してインディアナポリス500に参戦したフェルナンド・アロンソは、今週…

    F1
  32. シュタイナー トロロッソとの差は「詰められる」 15:10

    シュタイナー トロロッソとの差は「詰められる」

    ハース代表のギュンター・シュタイナーは、コンストラクターズ5位のトロロッソとのポイン…

    F1
  33. ビデオ ピンポンを楽しむハミルトン 15:07

    ビデオ ピンポンを楽しむハミルトン

    Mercedes' Lewis Hamilton takes on Senior Race Engineer Ricci Musconi in a game of ping pong.

    F1
  34. ビデオ ホームレースについて語るストロール 15:02

    ビデオ ホームレースについて語るストロール

    Williams rookie Lance Stroll looks ahead to his home Grand Prix at the Circuit Gilles Villeneuve.

    F1
  35. 2017年05月28日

  36. モナコGP決勝 ヴェッテル優勝、フェラーリ1ー2 22:58

    モナコGP決勝 ヴェッテル優勝、フェラーリ1ー2

    モナコGP決勝が行われ、セバスチャン・ヴェッテルが優勝を飾った。フェラーリがモナコG…

    F1
  37. 21:21

    最新画像 モナコGP(日曜日)

    F1
  38. 2017年05月27日

  39. 22:15

    最新画像 モナコGP(土曜日)

    F1
  40. 22:15

    モナコGP予選結果

    F1
  41. モナコGP予選 ライコネンPP、ハミルトンがQ2敗退 22:14

    モナコGP予選 ライコネンPP、ハミルトンがQ2敗退

    モナコGP予選が行われ、キミ・ライコネンが2008年シーズン以来のポールポジションを…

    F1
  42. フリー走行3回目 ヴェッテルがトップタイム 22:07

    フリー走行3回目 ヴェッテルがトップタイム

    モナコGPフリー走行3回目で、セバスチャン・ヴェッテルが1分12秒395のトップタイムを記録した。2位にキミ・ライコネンが入り、フェラーリが1ー2。3位にヴァルテッリ・ボタスが続いた。

    F1
  43. 2017年05月25日

  44. フリー走行2回目 ヴェッテルがファステスト 23:43

    フリー走行2回目 ヴェッテルがファステスト

    モナコGPフリー走行2回目で、セバスチャン・ヴェッテルが1分12秒720のトップタイ…

    F1
  45. 23:43

    最新画像 モナコGP(木曜日)

    F1
  46. フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム 23:41

    フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム

    モナコGPが開幕し、フリー走行1回目でルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。2位にセバスチャン・ヴェッテル、3位にマックス・フェルスタッペンが入った。

    F1
  47. バトン 「テストは無意味だと思っていた」 23:38

    バトン 「テストは無意味だと思っていた」

    今週末のモナコGPにスポット参戦するジェンソン・バトンは、バーレーンでのテストは「無…

    F1
  48. 2017年05月24日

  49. 23:12

    最新画像 モナコGP(水曜日)

    F1
  50. 23:10

    最新画像 モナコでのチャリティーサッカー

    F1
  51. ビデオ モナコGPの思い出 23:09

    ビデオ モナコGPの思い出

    Lewis Hamilton, Valtteri Bottas and others from the Silver Arrows family share their Monaco memories.

    F1
  52. ビデオ ペレスのモナコGPプレビュー 23:07

    ビデオ ペレスのモナコGPプレビュー

    Force India driver Sergio Pérez looks ahead to the Monaco Grand Prix, having finished on the podium in 2016.

    F1
  53. 2017年05月23日

  54. ボタスのリタイア原因はターボトラブル 08:48

    ボタスのリタイア原因はターボトラブル

    メルセデスは、スペインGPでのヴァルテッリ・ボタスのリタイアについて、ターボチャージ…

    F1
more news