シンガポールGP決勝 タイヤ戦略の戦いを制してハミルトンが優勝

シンガポールGP決勝 タイヤ戦略の戦いを制してハミルトンが優勝

2014年09月21日 – シンガポールGP決勝は、序盤にチャンピオンシップリーダーのニコ・ロズベルグがクルマのトラブルでリタイアする波乱の展開となったが、ポールシッターのルイス・ハミルトンが巧みなタイヤ戦略で2時間レースを制し、ドライバーズチャンピオンシップのトップに立った。セバスチャン・ヴェッテルが2位に入り、ダニエル・リチャルドが3位となった。

2014年F1世界選手権第14戦シンガポールGPは決勝レースを迎えた。現在のコンディションは、気温29℃、路面温度36℃、湿度64%、晴れのドライコンディションとなっている。

土曜日の予選ではハミルトンが僅差でロズベルグを破り、2戦連続のポールポジションを獲得した。2列目にリチャルドとヴェッテルが並び、3列目にアロンソとマッサ、4列目にライコネンとボタス、5列目にマグヌッセンとクビアトが並んでいる。

今回の使用タイヤはソフトとスーパーソフトだ。DRSゾーンは2カ所で、メインストレートとターン5と7の間が使用区域となる。

レコノサンスでトラブルを抱えたロズベルグは一度ピットに戻り、メカニックがステアリング周りを確認した。彼は再びコースに出てグリッドに着いている。

現地時間午後8時、22台のクルマがフォーメーションラップに向かった。

ロズベルグが動けない。

グリッド上にクルマを止めている。

全車がスーパーソフトタイヤを履いている。

ロズベルグのクルマはピットに戻された。電気系統の問題を抱えているようだ。

小林がスローダウンした。

彼はエスケープゾーンにクルマを止めた。

小林のクルマから白煙が上がっており、マーシャルが消火器で消している。

20台のクルマがグリッドに着いた。シグナルがブラックアウトし、レーススタート!

ハミルトンが飛び出す。アロンソが好スタートを切ったが、ターン1でコースアウトした。

ヴェッテルが2番手に続き、アロンソ、リチャルド、ライコネンが続いている。

11番手のバトンが飛び出し、7番手にポジションを上げている。

2周目 現在の順位は、ハミルトン、ヴェッテル、アロンソ、リチャルド、ライコネン、マッサ、バトン、ボタス、マグヌッセン、クビアト、ヴェルニュ、ヒュルケンベルグ、グティエレス、ペレス、グロージャン、スーティル、マルドナド、ビアンキ、エリクソン、チルトン、ロズベルグとなっている。

ヒュルケンベルグが無線でトラブルを訴えている。

オープニングラップのターン1でコースオフを喫したアロンソが審議対象となった。

3周目 アロンソはお咎めなしとなった。

ハミルトンとヴェッテルの差は1秒6、ヴェッテルとアロンソの差は2秒6、アロンソとリチャルドの差はコンマ8秒となっている。

マグヌッセンがターン7でトラックを離れた可能性があるとして審議対象となった。

4周目 スタートのリプレイが流れた。レッドブル2台が出遅れ、ターン1手前でサイドバイサイドになったところでアロンソが2台を抜いた。しかし、ターン1でコースオフを喫したため、ヴェッテルが先行した。

5周目 ハミルトンとヴェッテルの差は1秒6のままだ。ヴェッテルとアロンソの差が開き、4秒3となった。

6周目 ハミルトンが1分53秒035のファステストを記録した。

ロズベルグは20番手にポジションを上げ、前を走るエリクソンにコンマ4秒差に迫ってい。

審議対象のマグヌッセンはお咎めなしとなった。

7周目 ビアンキはブレーキ温度が高くなっていることを伝えられている。

8周目 ヴェルニュがクビアトをパスして10番手となった。

9周目 ハミルトンとヴェッテルの差は3秒1、ヴェッテルとアロンソの差は5秒6、アロンソとリチャルドの差は3秒9、リチャルドとライコネンの差は2秒5となっている。

スーティルがピットに入った。スーパーソフトに交換している。

10周目 ヒュルケンベルグがピットイン。

スーパーソフトに交換した。

ロズベルグは今もエリクソンの後ろを走行している。ブレーキランプが常に点滅した状態になっている。

11周目 マッサ、クビアト、グロージャンがピットイン。

クビアトはソフトに交換している。

12周目 ライコネン、ボタス、ヴェルニュがピットイン。

マルドナドもピットに入った。

ライコネンはマッサの後ろでコースに戻った。

13周目 ヴェッテル、アロンソ、リチャルドがピットイン。

いずれもスーパーソフトに交換している。

エリクソンがピットに入った。

14周目 ハミルトンがピットイン。

スーパーソフトに交換した。

マグヌッセンもピットに入り、ソフトに交換した。

ロズベルグがピットイン。ソフトに交換し、エンジンを一度きった。

ロズベルグのクルマが動かない。

15周目 バトンがピットイン。

ロズベルグは手を振り、クルマが起動しないことを伝えた。彼はリタイアとなった。

チャンピオンシップリーダーがリタイアとなり、ハミルトンにとってタイトル争いのリードを奪う絶好のチャンスが訪れた。

16周目 ペレス、グティエレス、ビアンキがピットイン。

ペレスとグティエレスはソフトに交換している。

17周目 リチャルドが1分52秒964のファステストを記録した。

現在の順位は、ハミルトン、ヴェッテル、アロンソ、リチャルド、マッサ、ライコネン、ボタス、バトン、ヴェルニュ、マグヌッセン、ヒュルケンベルグ、クビアト、グロージャン、スーティル、マルドナド、ペレス、グティエレス、ビアンキ、チルトン、エリクソンとなっている。ロズベルグと小林はリタイアとなった。

ここでチルトンがピットに入った。

18周目 ハミルトンが1分52秒882のファステストを記録した。ヴェッテルとの差は7秒2となっている。

ヴェッテルとアロンソの差は3秒2、アロンソとリチャルドの差は3秒3、リチャルドとマッサの差は8秒9となっている。

グティエレスが再びピットに入った。彼は先ほどのピットストップの際に右リアタイヤの装着に時間がかかった。

19周目 グティエレスはクルマを降りてリタイアとなった。物を蹴るなど怒りを露にしている。

20周目 チルトンがピットイン。タイヤがパンクしているようだ。

左フロントタイヤがパンクしていたようだ。ソフトに交換したが、少し手間取り時間がかかった。

アロンソが1分52秒849のファステストを記録した。

22周目 ハミルトンとヴェッテルの差は8秒6に広がった。ヴェッテルとアロンソの差が1秒9に縮まっている。

23周目 マッサがピットイン。

ソフトに交換した。

グロージャンもピットに入った。

24周目 リタイアしたグティエレスのクルマはバッテリーチャージにトラブルを抱えていたようだ。

ここでボタスがピットに入った。

ボタスはソフトに交換した。クビアトもピットに入っている。

マルドナドもピットに入った。

25周目 アロンソがピットイン。スーパーソフトに交換した。

ヴェルニュもピットに入った。

マルドナドのピットストップがリプレイで流れた。左フロントのホイールガンをつけたまま発進してしまったようだ。

26周目 ヴェッテルがピットイン。ソフトに交換した。

ライコネンもピットに入った。

ヴェッテルはアロンソの後ろでコースに戻っている。

ヒュルケンベルグもピットに入った。ボタスが1分52秒515のファステストを記録した。

27周目 ハミルトンがピットイン。スーパーソフトに交換した。

マグヌッセンもピットに入った。

ヴェルニュが1分52秒217のファステストを記録した。

28周目 リチャルドがピットイン。ソフトに交換した。

アロンソが1分52秒115のファステストを記録した。

ハミルトンはピットストップの際にフロントウイングに挟まったごみを取り除いたため時間がかかった。

29周目 現在の順位は、ハミルトン、アロンソ、ヴェッテル、リチャルド、バトン、マッサ、ライコネン、ボタス、ヴェルニュ、マグヌッセン、ヒュルケンベルグ、ペレス、グロージャン、クビアト、マルドナド、ビアンキ、スーティル、エリクソン、チルトンとなっている。

バトン、ペレス、ビアンキ、エリクソンは一度しかピットに入っていない。

30周目 ハミルトンが1分51秒405のファステストを記録した。アロンソとの差は5秒2となっている。

ペレスにオーバーテイクを仕掛けたグロージャンだが、ペレスがポジションを守った。両者はタイヤを接触させている。

ペレスがピットに入った。

31周目 ライコネンがマッサに迫っている。

ペレスがフロントウイングを失った。クルマの下に挟まっている。

ここでセーフティーカーが入ることになった。

ペレスはスーティルと接触し、フロントウイングにダメージを負ったようだ。

グロージャン、ペレス、ビアンキがピットに入った。

ペレスもピットに入った。

32周目 エリクソン、アロンソがピットイン。

アロンソはソフトに交換した。

バトン、ライコネンもピットイン。

ハミルトンはコース上の破片に気をつけるように指示された。

バトンとライコネンはソフトに交換した。ヒュルケンベルグもピットに入った。

スーティル、マルドナドがピットイン。

33周目 SCがレースを先導している。コースマーシャルがペレスのフロントウイングの破片を拾っている。

現在の順位は、ハミルトン、ヴェッテル、リチャルド、アロンソ、マッサ、ボタス、バトン、ライコネン、ヴェルニュ、マグヌッセン、クビアト、ヒュルケンベルグ、グロージャン、スーティル、マルドナド、ビアンキ、ペレス、エリクソン、チルトンとなっている。

ほとんどのクルマがソフトを履いているが、ハミルトン、リチャルド、ヴェルニュ、マグヌッセン、クビアト、スーティルはスーパーソフトを履いている。

34周目 スーティルはタイヤ交換の際に右リアタイヤの装着に時間がかかった。

35周目 ロズベルグがピットウォールでレースを見守っている。

周回遅れのクルマがSCをパスして隊列の最後尾に向かった。

36周目 スーティルは、トラックを離れたとして5秒のストップ&ゴーペナルティを科せられた。

ペレスとスーティルの接触事故が審議対象となった。

37周目 ペレスとスーティルの事故はお咎めなしとなった。

SCはこのラップで戻る。

38周目 SCが戻り、レースが再開された。

マグヌッセンがヴェルニュを狙っている。

39周目 ハミルトンとヴェッテルの差は3秒2となっている。

ヴェッテルとリチャルドの差はコンマ9秒、リチャルドとアロンソの差は1秒6となっている。

40周目 ハミルトンが1分50秒417のファステストを記録した。

61周のレースは40周目に突入し、残り21周となった。トップのハミルトンはタイヤ交換義務を果たしていないため、もう1度ピットに入る必要がある。

41周目 ハミルトンとヴェッテルの差は7秒6となった。

スーティルがガレージにクルマを入れ、リタイアとなった。

42周目 ハミルトンとヴェッテルの差は9秒7に開いた。ウィリアムズ、レッドブル、フェラーリはタイヤ交換義務を果たしているため、今のタイヤのままでレースを走りきる。

43周目 7番手のバトンがボタスに迫っている。

44周目 クビアトがピットイン。

13番手のグロージャンがマルドナドに迫っており、グロージャンの後ろにペレスも迫っている。

45周目 ヴェルニュ、ペレスがピットイン。

46周目 ハミルトンとヴェッテルの差は17秒3となった。

ビアンキがピットに入った。

47周目 マグヌッセンがピットイン。

ハミルトンとヴェッテルの差は18秒7となった。ピットに入らなければならないハミルトンはできるだけヴェッテルとの差を広げようとしているが、20周以上走ったスーパーソフトは徐々に厳しい状態になっている。

リチャルドはクルマにトラブルを抱えており、アロンソとの差が縮まってきている。

49周目 ハミルトンとヴェッテルの差は21秒1となった。

51周目 ハミルトンとヴェッテルの差は24秒となった。ハミルトンは「タイヤがだめ」と伝えており、そろそろピットに入ると思われる。

52周目 ハミルトンがピットイン。

ソフトに交換した。

ハミルトンはヴェッテルの後ろ、2番手でコースに復帰した。

これでシンガポールGPのラップリーダーはヴェッテルとなった。

ヴェッテルのソフトタイヤは27周目、ハミルトンのタイヤは新品だ。ハミルトンはヴェッテルの真後ろにつけた。

54周目 イエローフラッグが振られている。

ハミルトンはターン7でヴェッテルをパスし、再びトップに立った。

イエローフラッグの原因はバトンだ。彼はターン14でクルマを止めている。

55周目 現在の順位は、ハミルトン、ヴェッテル、リチャルド、アロンソ、マッサ、ボタス、ライコネン、ヒュルケンベルグ、ヴェルニュ、マルドナド、マグヌッセン、グロージャン、ペレス、クビアト、エリクソン、ビアンキ、チルトンとなっている。

ヴェルニュがトラックを離れた可能性があるとして審議対象となった。

56周目 ハミルトンとヴェッテルの差は3秒7、ヴェッテルとリチャルドの差は1秒1、リチャルドとアロンソの差はコンマ7秒となっている。

マグヌッセンがマルドナドをパスして10番手となった。

7番手のライコネンがボタスに迫っている。

残り5周 61周のレースは57周目に突入した。レースの2時間制限が迫っている。

ヴェッテルの後ろにリチャルドとアロンソが迫っている。

ヴェルニュに5秒加算ペナルティが科せられた。

ペレスがマルドナドをパスして11番手となった。

残り3周 ヴェッテルは依然として2位をキープしている。

ヴェルニュがヒュルケンベルグをパスして8番手となった。

ヴェルニュはボタスとライコネンをパスして7番手となった。彼はレース後に5秒加算ペナルティを科せられる。

残り周回数の数字が残り時間に変わった。

これが最後のラップとなる。

ここでレース終了となった。ハミルトンがトップチェッカーを受け、2連勝を飾った。

ボタスが大幅にポジションを落としている。

ペレスがライコネンをパスして7番手となった。

タイヤが摩耗しきったボタスは11位となり、ポイント圏外でレースを終えた。

6位でフィニッシュしたヴェルニュは、5秒タイム加算ペナルティを科せられても6位をキープした。

シンガポールGP決勝結果は、1位ハミルトン、2位ヴェッテル、3位リチャルド、4位アロンソ、5位マッサ、6位ヴェルニュ、7位ペレス、8位ライコネン、9位ヒュルケンベルグ、10位マグヌッセン、11位ボタス、12位マルドナド、13位グロージャン、14位クビアト、15位エリクソン、16位ビアンキ、17位チルトンとなった。

バトン、スーティル、グティエレス、ロズベルグ、小林はリタイアとなった。

ドライバーズチャンピオンシップは、ハミルトン241p、ロズベルグ238p、リチャルド181p、アロンソ133p、ヴェッテル124p、ボタス122pとなった。

コンストラクターズチャンピオンシップは、メルセデス479p、レッドブル305p、ウィリアムズ187p、フェラーリ178p、フォースインディア117p、マクラーレン111pとなった。

マリーナベイサーキットでは恒例の花火が上がっている。

チャンピオンシップリーダーがロズベルグからハミルトンに入れ替わり、残りの5レースでのタイトル争いが更に面白くなりそうだ。

次戦はいよいよ鈴鹿サーキットでの日本GPだ。決勝レースは2週間後の10月5日に行われる。

関連記事

コメント

最新ニュース

  1. 2017年08月10日

  2. サインツ・ジュニア 「F1には2つのカテゴリーがある」 09:30

    サインツ・ジュニア 「F1には2つのカテゴリーがある」

    トロロッソのカルロス・サインツ・ジュニアは、2017年シーズンのF1には「2つの異な…

    F1
  3. 2017年08月03日

  4. ビデオ テストについて語るクビサ 10:02

    ビデオ テストについて語るクビサ

    Robert Kubica talks about his return to official F1 testing action with Renault in Hungary on Wednesday.

    F1
  5. 10:01

    最新画像 ハンガリーテスト(水曜日)

    F1
  6. ハンガリーテスト2日目 ヴェッテルがトップタイム 10:00

    ハンガリーテスト2日目 ヴェッテルがトップタイム

    水曜日のハンガリーテスト2日目で、セバスチャン・ヴェッテルが1分17秒124のトップ…

    F1
  7. 2017年08月02日

  8. ハンガリーテスト初日 ルクレールがトップタイム 13:35

    ハンガリーテスト初日 ルクレールがトップタイム

    火曜日のハンガリーテスト初日で、フェラーリ育成ドライバーのチャールズ・ルクレールがト…

    F1
  9. 2017年08月01日

  10. ハンガリーテスト初日のドライバーラインナップ 21:26

    ハンガリーテスト初日のドライバーラインナップ

    8月1日(火)と2日(水)の2日間、ハンガリーGPを終えたばかりのハンガロリンクでテ…

    F1
  11. 21:13

    最新画像 ハンガリーテスト(火曜日)

    F1
  12. 2017年07月30日

  13. 23:03

    最新画像 ハンガリーGP(日曜日)

    F1
  14. 23:03

    ハンガリーGP決勝結果

    F1
  15. ハンガリーGP決勝 ヴェッテル優勝、フェラーリ1ー2 22:55

    ハンガリーGP決勝 ヴェッテル優勝、フェラーリ1ー2

    ハンガリーGP決勝が行われ、ポールシッターのセバスチャン・ヴェッテルがステアリングト…

    F1
  16. 2017年07月29日

  17. ハンガリーGP予選 フェラーリがフロントロー独占 22:05

    ハンガリーGP予選 フェラーリがフロントロー独占

    ハンガリーGP予選が行われ、セバスチャン・ヴェッテルがポールポジション、キミ・ライコ…

    F1
  18. ウィリアムズ マッサの代役にディ・レスタ起用 21:56

    ウィリアムズ マッサの代役にディ・レスタ起用

    ウィリアムズは、体調不良のフェリペ・マッサに替わり、リザーブドライバーのポール・ディ…

    F1
  19. フリー走行3回目 ヴェッテルがトップタイム 21:46

    フリー走行3回目 ヴェッテルがトップタイム

    ハンガリーGPフリー走行3回目で、セバスチャン・ヴェッテルがハンガロリンクのラップレコードを塗り替える1分17秒017のトップタイムを記録した。2位にキミ・ライコネン、3位にヴァルテッリ・ボタスが入った。

    F1
  20. 21:46

    最新画像 ハンガリーGP(土曜日)

    F1
  21. フリー走行2回目 再びリチャルドがファステスト 08:44

    フリー走行2回目 再びリチャルドがファステスト

    ハンガリーGPフリー走行2回目で、再びダニエル・リチャルドがトップに立った。2位にセ…

    F1
  22. フリー走行1回目 リチャルドがトップタイム 08:41

    フリー走行1回目 リチャルドがトップタイム

    ハンガリーGPが開幕し、フリー走行1回目でダニエル・リチャルドが1分18秒486のトップタイムを記録した。2位にキミ・ライコネン、3位にルイス・ハミルトンが入った。

    F1
  23. 2017年07月27日

  24. ハンガリーGPプレビュー 23:47

    ハンガリーGPプレビュー

    夏休み前最後のグランプリウィークエンドは、おなじみのハンガリー。真夏のハンガロリンク…

    F1
  25. 22:21

    最新画像 ハンガリーGP(木曜日)

    F1
  26. 2017年07月26日

  27. クビサ ハンガリーテストに参加 13:20

    クビサ ハンガリーテストに参加

    来週、ハンガロリンクで行われるシーズン中テストで、ロベルト・クビサがルノーの2017…

    F1
  28. ギオット ウィリアムズからF1テストデビュー 13:03

    ギオット ウィリアムズからF1テストデビュー

    F2ドライバーのルカ・ギオットが、来週のハンガリーテストでウィリアムズをテストするこ…

    F1
  29. 2017年07月22日

  30. ラウダ ハロ導入を批判 10:21

    ラウダ ハロ導入を批判

    F1が来シーズンから頭部保護デバイスとしてハロを導入することについて、ニキ・ラウダは…

    F1
  31. ハース 2018年もドライバーラインナップ継続へ 10:03

    ハース 2018年もドライバーラインナップ継続へ

    ハースのチームオーナー、ジーン・ハースは、2018年シーズンもロマン・グロージャンと…

    F1
  32. 2017年07月18日

  33. ピレリ フェラーリのタイヤトラブルについて「数日中」に結論 13:06

    ピレリ フェラーリのタイヤトラブルについて「数日中」に結論

    ピレリは、イギリスGP決勝でキミ・ライコネンとセバスチャン・ヴェッテルに起きたタイヤ…

    F1
  34. 2017年07月16日

  35. 22:41

    イギリスGP決勝結果

    F1
  36. イギリスGP決勝 ハミルトンがポール・トゥ・ウィン 22:40

    イギリスGP決勝 ハミルトンがポール・トゥ・ウィン

    イギリスGP決勝が行われ、ポールシッターのルイス・ハミルトンが優勝を飾った。2位にヴ…

    F1
  37. 20:52

    最新画像 イギリスGP(日曜日)

    F1
  38. 2017年07月15日

  39. 23:43

    イギリスGP予選結果

    F1
  40. イギリスGP予選 ハミルトンがポールポジション 23:42

    イギリスGP予選 ハミルトンがポールポジション

    イギリスGP予選が行われ、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。2位にキミ…

    F1
  41. フリー走行3回目 ハミルトンがトップタイム 23:38

    フリー走行3回目 ハミルトンがトップタイム

    イギリスGPフリー走行3回目で、ルイス・ハミルトンが1分28秒063のトップタイムを記録した。100分の3秒差でセバスチャン・ヴェッテルが2位に続き、ヴァルテッリ・ボタスが3位となった。

    F1
  42. 23:34

    最新画像 イギリスGP(土曜日)

    F1
  43. ボタス ギアボックス交換で5グリッド降格 11:12

    ボタス ギアボックス交換で5グリッド降格

    イギリスGP金曜フリー走行でトップタイムを記録したヴァルテッリ・ボタスが、ギアボック…

    F1
  44. 2017年07月14日

  45. フリー走行2回目 ボタスが再びトップタイム 23:29

    フリー走行2回目 ボタスが再びトップタイム

    イギリスGPフリー走行2回目で、ヴァルテッリ・ボタスが1分28秒496のトップタイム…

    F1
  46. 20:01

    最新画像 イギリスGP(金曜日)

    F1
  47. フリー走行1回目 ボタスがトップタイム 20:00

    フリー走行1回目 ボタスがトップタイム

    イギリスGPがシルバーストンサーキットで開幕し、フリー走行1回目でヴァルテッリ・ボタスがトップタイムを記録した。2位にルイス・ハミルトン、3位にマックス・フェルスタッペンが入った。メルセデスの両ドライバーは、昨年のポールポジションタイムを更新している。

    F1
  48. ヴェッテル シールドデバイスをテスト 11:09

    ヴェッテル シールドデバイスをテスト

    今週末のイギリスGPフリー走行で、セバスチャン・ヴェッテルがシールド型のコックピット…

    F1
  49. アロンソ イギリスGPで5グリッド降格 10:58

    アロンソ イギリスGPで5グリッド降格

    フェルナンド・アロンソは、今週末のイギリスGPでエンジン交換による5グリッド降格ペナ…

    F1
  50. 2017年07月13日

  51. イギリスGPプレビュー 08:41

    イギリスGPプレビュー

    オーストリアGPを終えたばかりのF1は今週末、イギリスへ向かう。現在の10チーム中7…

    F1
  52. 08:25

    最新画像 F1ライブ・ロンドン

    F1
  53. ビデオ オコンのイギリスGPプレビュー 08:24

    ビデオ オコンのイギリスGPプレビュー

    Force India driver Esteban Ocon previews this weekend's British Grand Prix, which takes place at Silverstone.

    F1
  54. 2017年07月11日

  55. FIA ボタスのスタートは「偶然」 13:56

    FIA ボタスのスタートは「偶然」

    FIAは、オーストリアGP決勝でのヴァルテッリ・ボタスのスタートについて、「偶然の判…

    F1
more news