日本GP決勝 ハミルトン優勝、メルセデス1ー2

日本GP決勝 ハミルトン優勝、メルセデス1ー2

2015年09月27日 – 日本GP決勝が53周で争われ、予選2位のルイス・ハミルトンがスタートでポールシッターのニコ・ロズベルグを交わし、その後、危なげない走りで優勝を飾った。ロズベルグが2位、セバスチャン・ヴェッテルが3位となった。

2015年F1世界選手権第14戦日本GPの決勝レースがまもなくスタートする。

レース開始前の気温は27℃、路面温度40℃、天気は曇りでドライコンディションとなっている。

ポールポジションからスタートするのはロズベルグ、その隣がハミルトン。2列目はボタスとヴェッテルというグリッド順となっている。

フェルスタッペンはペナルティによるグリッドダウン、クビアトはピットレーンからのスタートとなっている。

このレースで使用されるタイヤはハードとミディアムの2種類となっているが、スターティンググリッドを見るとハードタイヤでスタートするのは14番グリッドのバトンのみのようである。

日本時間午後2時となり、フォーメーションラップがスタートした。

すべてのクルマが問題なくグリッドを離れて周回している。

各車がシケインを回り、最終コーナーからホームストレートに戻ってきた。

全車がグリッドにつき、レッドシグナルが点灯、そしてブラックアウト! レーススタート!

ロズベルグとハミルトンが並んでホームストレートからターン1に入りったが、ターン2の立ち上がりでロズベルグが後退している。

マッサがスローダウン、リチャルドがパンクしている模様。

リチャルドが左リア、マッサが右フロントをパンクさせてピットに戻ってきた。

1周目が終わった時点での順位は、1位ハミルトン、2位ヴェッテル、3位ボタス、4位ロズベルグ、5位ライコネン、6位グロージャン、7位マルドナド、8 位ヒュルケンベルグ、9位アロンソ、10位サインツ、11位エリクソン、12位バトン、13位ナスル、14位フェルスタッペン、15位スティーブンス、 16位クビアト、17位ロッシ、18位ペレス、19位リチャルド、20位マッサとなっている。

ここでスタートのリプレイ。マッサとリチャルドは、1コーナー前で絡み、接触している。

また、ハミルトンとロズベルグがトップ争いをする中でロズベルグが後退した時に、それをボタスがうまく避けて順位を上げていることが分かる。

3周目、サインツがホームストレートでアロンソを交わして9位に上った。

6周目 アロンソはさらにエリクソンにオーバーテイクされ、11位に後退した。

7周目 トップのアロンソと2位ヴェッテルとの差は3.7秒、それと同じくらいの間隔でボタスが続いている。

メルセデスからロズベルグへの無線で、エンジンの温度が高くなっているとの連絡。

9周目 先ほどの無線を受けてか、ロズベルグが前を走るボタスとの間隔を少し開けたようだ。

10周目 トップのハミルトンと2位ヴェッテルとの差は5.2秒に広がっている。ハミルトンは3ストップ作戦の可能性がある。

アロンソとフェルスタッペンがピットイン。アロンソはミディアムタイヤを選択した。

11周目 ヒュルケンベルグがピットイン。

ナスル、バトンもピットに入っている。

12周目 ボタス、グロージャンがピットイン。

ボタスはミディアムタイヤを選択している。

マルドナドはミディアムタイヤでコースに戻っている。

グロージャンがエリクソンをオーバーテイクし、8位に浮上した。また、ここでフェラーリがピットの準備を行っている。

14周目 2番手を走行していたヴェッテルがピットイン。ハードタイヤを選択し、2.2秒でピットアウト。

ヴェッテルは5番手でコースに戻った。

トップのハミルトンと2番手ロズベルグとの差は2秒。

15周目 ライコネンがピットイン。ハードタイヤを選択し、3.3秒でコースへと向かう。

サインツとエリクソンもピットストップを行っている。

現在のトップはハミルトン、2位ロズベルグ、3位ヴェッテル、4位ボタスというオーダー。

16周目 ロズベルグがピットイン。ハードタイヤを装着して4番手でコースに戻った。

続いてハミルトンにもピットインの指示が飛んでいる。

17周目 ハミルトンがピットイン。こちらはミディアムを選択し、2.4秒でコースに戻った。ヴェッテルとの差が25秒以上あったため、トップのママレースに復帰している。

現在の順位は、1位ハミルトン、2位ヴェッテル、3位ボタス、4位ロズベルグ、5位ライコネン、6位ヒュルケンベルグ、7位グロージャン、8位マルドナ ド、9位サインツ、10位ペレス、11位アロンソ、12位クビアト、13位フェルスタッペン、14位バトン、15位エリクソン、16位ナスル、17位ス ティーブンス、18位ロッシ、19位リチャルド、20位マッサとなっている。

18周目 最終シケインでロズベルグがボタスのインに突っ込み、意地のオーバーテイク。3位に順位を上げた。

マッサがピットイン。マッサは1周目でリチャルドと接触してパンクして以降、ペースがまったく上がっておらず、今も最後尾を走行している。

ハミルトンが1分38秒121のファステストラップ。ピットストップ前はペースがなかなか上がらなかったが、タイヤを交換してペースを上げてきている。

19周目 ペレスがピットイン。

20周目 トップのハミルトンと2位ヴェッテルとの差は9.2秒、その2.6秒後ろにロズベルグがいる。

リチャルドが17位まで順位を上げている。

21周目 フェルスタッペンとともにアロンソを追っていたクビアトがここでピットイン。ミディアムを選択して16番手でコースに戻った。

22周目 ライコネンが0.6秒差で4位のボタスを追っている。また、10位アロンソの後ろにフェルスタッペン、12位バトンの後ろにエリクソン、14位ナスルの後ろにペレスが僅差で付いている。

23周目 バトンの背後でエリクソンがオーバーテイクの機会をうかがっている。その差は0.5秒。

24周目 トップのハミルトンと2位ヴェッテルとの差は12.1秒と開いているが、ヴェッテルと3位ロズベルグとの差は2秒を切っている。

25周目 リチャルドがマシンのコントロールに苦しんでいるようだ。コースアウトのリプレイが流れている。

26周目 リチャルドがピットイン。

フェルスタッペンがターン1でアロンソをかわして10位に浮上。

28周目 9番手のサインツがピットイン。フロントウィングを交換しているが、用意ができていなかったのかピットクルーが慌てて準備をしている。

サインツはピットレーン入り口に立っているボラードにマシンをぶつけ、フロントウィングを落としたようだ。

バトンもピットインしている。

29周目 3位のボタスを追っていたライコネンがピットイン。ハードタイヤを選択し、8番手でコースに戻った。ボタスの次のピットインで勝負が明らかになる。

アロンソがピットイン。

30周目 ロズベルグがピットイン。ハードタイヤを選択。さらにボタスがピットに入ってきている。

ボタスはライコネンの2つ後ろ、8番手でコースに復帰した。ライコネンのアンダーカットが成功した形だ。

現在の順位は、1位ハミルトン、2位ヴェッテル、3位ロズベルグ、4位ヒュルケンベルグ、5位グロージャン、6位ライコネン、7位ボタスとなっている。

31周目 ヴェッテルがピットイン。ロズベルグが猛プッシュしている。

ハードタイヤを履いたヴェッテルがピットレーンから出てくる鼻先をかすめてロズベルグがターン1に入る。このピットストップ競争はロズベルグの勝ちとなった。

フェルスタッペンがピットイン。

現在の順位は1位ハミルトン、2位ロズベルグ、3位ヴェッテル、4位ヒュルケンベルグ、5位ライコネン、6位ボタス。

32周目 ハミルトンがピットイン。ハードを選択してトップのままピットアウト。

ロズベルグが1分37秒147のファステストラップをマーク。

ヒュルケンベルグがピットイン。8番手まで下がっている。

上位陣のピットストップが一通り終わり、ロズベルグとライコネンがそれぞれアンダーカットに成功して順位を上げた。

34周目 グロージャンがピットイン。

35周目 トップのハミルトンと2位ロズベルグの差は10秒、その2.5秒後ろにヴェッテル、13.9秒後ろにライコネン、さらに3.1秒後方にボタスという上位の位置関係となっている。

現在の順位は1位ハミルトン、2位ロズベルグ、3位ヴェッテル、4位ライコネン、5位ボタス、6位マルドナド、7位ヒュルケンベルグ、8位グロージャン、 9位ペレス、10位サインツ、11位フェルスタッペン、12位アロンソ、13位エリクソン、14位バトン、15位クビアト、16位リチャルド、17位ナス ル、18位マッサ、19位スティーブンス、20位ロッシとなっている。

36周目 マッサがピットイン。ミディアムを選択してコースに戻ったが、位置は最後尾となっている。

37周目 マルドナドがピットイン。

ペレスもピットに入ってきている。

ペレスはハードタイヤを履いてコースに戻った。

39周目 ハミルトンが混みあった隊列を次々と周回遅れにしている。12位エリクソンから15位クビアトまでが、2秒差以内の行列状態になっている。

41周目 トップのハミルトンと2位ロズベルグの差は12秒、その1秒後ろにヴェッテルが迫っている。

42周目 現在僅差で争っているのは2位ロズベルグと3位ヴェッテル、そして12位エリクソンと13位ペレス、14位クビアトとなっている。

44周目 ホームストレートでペレスがエリクソンに対して激しいオーバーテイクを仕掛けるが、エリクソンがコーナーを利用して前に出て、失敗に終わった。

エリクソンの後ろには、0.3秒後ろにペレス、その0.8秒後ろにクビアト、さらに0.2秒後ろにリチャルドという隊列になっており、ペレスは何周にもわたって我慢を強いられている。

クビアトが若干後退したが、順位は変わっていない。

45周目 マノーの1台、スティーブンスがスピンを喫したが、レースに復帰している。

また、クビアトがブレーキの不調を訴えている。

47周目 現在のトップはハミルトン。2位ロズベルグとの差は約16秒、その2秒後方にヴェッテルというトップ3となっている。

残り5周 ハミルトンとロズベルグの差は16.5秒に開いている。3位ヴェッテル、4位ライコネン、5位ボタス、6位ヒュルケンベルグ、7位グロージャ ン、8位マルドナド、9位フェルスタッペン、10位サインツ、11位アロンソ、12位エリクソン、13位ペレス、14位クビアト、15位リチャルド、16 位バトン、17位ナスル、18位マッサ、19位ロッシ、20位スティーブンスという順位となっている。

残り4周 ペレスがついにエリクソンをオーバーテイク。場所は130R手前。

続いてクビアトがエリクソンの背後をうかがっている。

残り3周 クビアトが最終コーナー手前でエリクソンをオーバーテイク。13位に順位を上げた。

ナスルがここでガレージにクルマを入れ、リタイアする模様。

残り2周 エリクソンの1秒後方にはリチャルドがいる。

トップのハミルトンと2位ロズベルグの差は18秒近くに広がっている。

いよいよハミルトンがファイナルラップに突入。

ハミルトンとロズベルグの差は18.8秒。

ハミルトンは130Rを過ぎ、シケインを通過して最終コーナーを回った。そして、今シーズン8勝目のチェッカーフラッグを受けた。

ハミルトンはオープニングラップでトップを奪ってから、一度もその位置を譲ることなく鈴鹿連覇を達成した。

これでハミルトンは、アイルトン・セナに並ぶ41勝目を挙げたこととなる。

日本GP決勝レースの結果は、1位ハミルトン、2位ロズベルグ、3位ヴェッテル、4位ライコネン、5位ボタス、6位ヒュルケンベルグ、7位グロージャン、 8位マルドナド、9位フェルスタッペン、10位サインツ、11位アロンソ、12位ペレス、13位クビアト、14位エリクソン、15位リチャルド、16位バ トン、17位マッサ、18位ロッシ、19位スティーブンス、20位ナスルとなり、全車完走扱いとなった。

この結果により、ドライバーズチャンピオンシップのポイントはハミルトン277、ロズベルグ229、ヴェッテル218、ライコネン119、ボタス111となった。

また、コンストラクターズチャンピオンシップのポイントは、メルセデス506、フェラーリ337、ウィリアムズ208、レッドブル139、フォースインディア77となっている。

関連記事

コメント

最新ニュース

  1. 2017年09月25日

  2. アストンマーチンがレッドブルのタイトルスポンサーに 23:14

    アストンマーチンがレッドブルのタイトルスポンサーに

    イギリスの高級スポーツカーメーカー、アストンマーチンが、2018年からレッドブルのタ…

    F1
  3. 2017年09月23日

  4. F1 エキゾーストマイクを開発 15:46

    F1 エキゾーストマイクを開発

    パワーユニットのボリューム不足が指摘される中、「本物の音の増幅」を伝えるためにクルマ…

    F1
  5. 往年のマレーシアGPがオンラインで視聴可能に 15:45

    往年のマレーシアGPがオンラインで視聴可能に

    今年で最後を迎えるマレーシアGPの過去のレースが、今月末からF1公式サイトで視聴可能…

    F1
  6. 2017年09月18日

  7. 00:43

    シンガポールGP決勝結果

    F1
  8. シンガポールGP決勝 ハミルトン優勝、ヴェッテルはリタイア 00:42

    シンガポールGP決勝 ハミルトン優勝、ヴェッテルはリタイア

    ウェットコンディションとなったシンガポールGP決勝は、スタート直後からフェラーリ2台がリタイアする波乱の展開となり、予選4位のルイス・ハミルトンが優勝を飾った。2位にダニエル・リチャルド、3位にヴァルテッリ・ボタスが入った。

    F1
  9. 2017年09月17日

  10. 21:22

    最新画像 シンガポールGP(日曜日)

    F1
  11. 2017年09月16日

  12. シンガポールGP予選ヴェッテルPP、ハミルトン5位 23:39

    シンガポールGP予選ヴェッテルPP、ハミルトン5位

    シンガポールGP予選が行われ、セバスチャン・ヴェッテルがポールポジションを獲得した。2位にマックス・フェルスタッペン、3位にダニエル・リチャルドが入り、ルイス・ハミルトンは5位に終わった。

    F1
  13. フリー走行2回目 再びリチャルドがトップタイム 09:24

    フリー走行2回目 再びリチャルドがトップタイム

    シンガポールGPフリー走行2回目で、ダニエル・リチャルドが1回目に続き再びトップタイ…

    F1
  14. 09:24

    最新画像 シンガポールGP(金曜日)

    F1
  15. フリー走行1回目 リチャルドがトップタイム 09:10

    フリー走行1回目 リチャルドがトップタイム

    シンガポールGPがマリナーベイ・ストリートサーキットで開幕し、フリー走行1回目でダニエル・リチャルドがトップタイムを記録した。2位にセバスチャン・ヴェッテル、3位にマックス・フェルスタッペンが続いた。

    F1
  16. 2017年09月15日

  17. サインツ・ジュニア 2018年からルノーに加入 22:56

    サインツ・ジュニア 2018年からルノーに加入

    ルノーは、カルロス・サインツ・ジュニアを2018年のレースドライバーに起用することを…

    F1
  18. トロロッソ ホンダと複数年契約を締結 22:38

    トロロッソ ホンダと複数年契約を締結

    トロロッソは、来シーズンからホンダのパワーユニットを使用することを発表した。 ホンダ…

    F1
  19. ルノー 2018年からマクラーレンにパワーユニット提供 22:24

    ルノー 2018年からマクラーレンにパワーユニット提供

    ホンダとの提携を今季限りで解消することを発表したマクラーレンは、2018年シーズンか…

    F1
  20. サインツ ルノー移籍間近か 10:09

    サインツ ルノー移籍間近か

    カルロス・サインツ・ジュニアのマネージャーが、サインツ・ジュニアが間もなくルノーと2…

    F1
  21. ビデオ 契約延長について語るボタス 09:24

    ビデオ 契約延長について語るボタス

    Valtteri Bottas talks about his renewal with Mercedes for the 2018 season.

    F1
  22. ビデオ レッドブルのドリアンチャレンジ 09:23

    ビデオ レッドブルのドリアンチャレンジ

    Red Bull presents 'The Durian Fruit Challenge' with Daniel Ricciardo and Max Verstappen...

    F1
  23. 09:22

    最新画像 シンガポールGP(木曜日)

    F1
  24. 2017年09月03日

  25. 23:43

    最新画像 イタリアGP(日曜日)

    F1
  26. 23:42

    イタリアGP決勝結果

    F1
  27. イタリアGP決勝 ハミルトン優勝、メルセデス1ー2 23:41

    イタリアGP決勝 ハミルトン優勝、メルセデス1ー2

    イタリアGP決勝が行われ、ポールシッターのルイス・ハミルトンが優勝を飾った。2位にヴ…

    F1
  28. 09:46

    イタリアGP予選結果

    F1
  29. イタリアGP予選 ハミルトンが69回目のポール 09:27

    イタリアGP予選 ハミルトンが69回目のポール

    イタリアGP予選は雨の影響で開始が遅れ、ウェットコンディションの中、ルイス・ハミルト…

    F1
  30. 00:29

    最新画像 イタリアGP(土曜日)

    F1
  31. 2017年09月02日

  32. フリー走行2回目 ボタスがトップタイム 09:28

    フリー走行2回目 ボタスがトップタイム

    イタリアGPフリー走行2回目で、ヴァルテッリ・ボタスがトップタイムを記録した。2位にルイス・ハミルトンが入り、メルセデスが1ー2。3位と4位にフェラーリのセバスチャン・ヴェッテルとキミ・ライコネンが続いた。

    F1
  33. フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム 09:25

    フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム

    イタリアGPが開幕し、フリー走行1回目でルイス・ハミルトンが1分21秒537のトップタイムを記録した。2位にヴァルテッリ・ボタス、3位にセバスチャン・ヴェッテルが入った。

    F1
  34. 2017年08月28日

  35. 09:44

    最新画像 ベルギーGP(日曜日)

    F1
  36. 09:44

    ベルギーGP決勝結果

    F1
  37. ベルギーGP決勝 ハミルトンがヴェッテルを抑えて優勝 09:43

    ベルギーGP決勝 ハミルトンがヴェッテルを抑えて優勝

    ベルギーGP決勝が行われ、ルイス・ハミルトンがセバスチャン・ヴェッテルを終始抑えて今…

    F1
  38. 2017年08月27日

  39. 15:49

    ベルギーGPスターティンググリッド

    F1
  40. 08:53

    ベルギーGP予選結果

    F1
  41. 08:52

    最新画像 ベルギーGP(土曜日)

    F1
  42. ベルギーGP予選 ハミルトンがシューマッハの記録に並ぶ 08:49

    ベルギーGP予選 ハミルトンがシューマッハの記録に並ぶ

    ベルギーGP予選が行われ、ルイス・ハミルトンが68回目のポールポジションを獲得。ミハ…

    F1
  43. 2017年08月26日

  44. フリー走行2回目 ハミルトンがトップタイム 10:32

    フリー走行2回目 ハミルトンがトップタイム

    ベルギーGPフリー走行2回目は途中から雨に見舞われ、ルイス・ハミルトンがドライコンディション時にウルトラソフトで1分44秒753のトップタイムを記録した。2位にキミ・ライコネン、3位にヴァルテッリ・ボタスが入った。

    F1
  45. フリー走行1回目 ライコネンがトップタイム 10:31

    フリー走行1回目 ライコネンがトップタイム

    ベルギーGPが開幕し、フリー走行1回目でキミ・ライコネンがトップタイムを記録した。2位にルイス・ハミルトン、3位にセバスチャン・ヴェッテルが入った。

    F1
  46. 2017年08月23日

  47. マクラーレン ファンドーネ残留を発表 22:49

    マクラーレン ファンドーネ残留を発表

    マクラーレンは、ストッフェル・ファンドーネが2018年もチームに残留することを正式に…

    F1
  48. ライコネン 2018年もフェラーリ残留 22:40

    ライコネン 2018年もフェラーリ残留

    フェラーリは火曜日、キミ・ライコネンが2018年シーズンも同チームでレースをすること…

    F1
  49. 2017年08月10日

  50. サインツ・ジュニア 「F1には2つのカテゴリーがある」 09:30

    サインツ・ジュニア 「F1には2つのカテゴリーがある」

    トロロッソのカルロス・サインツ・ジュニアは、2017年シーズンのF1には「2つの異な…

    F1
  51. 2017年08月03日

  52. ビデオ テストについて語るクビサ 10:02

    ビデオ テストについて語るクビサ

    Robert Kubica talks about his return to official F1 testing action with Renault in Hungary on Wednesday.

    F1
  53. 10:01

    最新画像 ハンガリーテスト(水曜日)

    F1
  54. ハンガリーテスト2日目 ヴェッテルがトップタイム 10:00

    ハンガリーテスト2日目 ヴェッテルがトップタイム

    水曜日のハンガリーテスト2日目で、セバスチャン・ヴェッテルが1分17秒124のトップ…

    F1
more news