メキシコGP決勝 ロズベルグが復活のレースを制す

メキシコGP決勝 ロズベルグが復活のレースを制す

2015年11月02日 – メキシコGP決勝が71周で争われ、ポールシッターのニコ・ロズベルグが優勝を飾った。2位にルイス・ハミルトン、3位にヴァルテッリ・ボタスが入った。

2015年F1世界選手権第17戦メキシコGPは決勝レースを迎えた。レース開始直前のコンディションは、気温22℃、路面温度56℃、湿度40%、風速8.7m、曇りのドライコンディションとなっている。

土曜日の予選ではロズベルグがポールポジションを獲得し、ハミルトンが2位となった。2列目にヴェッテルとクビアト、3列目にリチャルドとボタス、4列目にマッサとフェルスタッペンが並んでいる。

予選15位のライコネンはギアボックス交換とパワーユニットコンポーテントの交換により35グリッド降格ペナルティを科せられた。また、アロンソは15グリッド、予選に参加できなかったバトンはエンジン交換により70グリッド降格ペナルティを科せられている。

今回の使用タイヤはソフトとミディアムだ。DRSゾーンは2箇所で、メインストレートとターン3と4の間となっている。

現地時間午後1時、全車がフォーメーションラップへ向かった。

アロンソ、ライコネン、バトンはミディアム、それ以外のドライバーはソフトタイヤを履いている。

全車がグリッドに着いた。シグナルがブラックアウトし、レーススタート!

ロズベルグが順調にスタート。ハミルトンが続き、クビアトが3番手にポジションを上げた。

ヴェッテルはタイヤをパンクさせたようだ。ずるずるとポジションを落としている。

アロンソはパワーを失ったと伝えている。

2周目 ヴェッテル、アロンソがピットイン。ヴェッテルはミディアムに交換した。

現在の順位は、ロズベルグ、ハミルトン、クビアト、リチャルド、ボタス、フェルスタッペン、マッサ、ペレス、ヒュルケンベルグ、サインツ、マルドナド、グロージャン、エリクソン、ナスル、ロッシ、ライコネン、バトン、スティーブンス、ヴェッテルとなっている。

4周目 ロズベルグとハミルトンの差は1秒2、ハミルトンとクビアトの差は2秒5、クビアトとリチャルドの差は2秒2、リチャルドとボタスの差はコンマ8秒となっている。

5周目 スタートのリプレイ。ヴェッテルが出遅れ、ターン1でリチャルドと接触したようだ。

ヴェッテルとリチャルドの接触が審議対象となった。

7周目 ライコネンが13番手までポジションを上げている。

9周目 ボタスがピットイン。ミディアムに交換した。

10周目 マッサ、ヒュルケンベルグがピットイン。

両ドライバーともミディアムに交換している。

7番手のサインツが前を走るペレスにコンマ6秒差に迫っている。

11周目 マルドナド、エリクソンがピットイン。

12周目 グロージャンがピットイン。

13周目 ロズベルグが1分24秒012のファステストラップを記録した。

ナスルがピットに入っている。

14周目 サインツがピットイン。

15周目 ロズベルグが1分23秒634のファステストを記録。ハミルトンとの差は1秒7となっている。

ハミルトンとクビアトの差は7秒9に開いている。

18周目 ヴェッテルがスピン。ヴェッテルはS字でリアを失い、単独スピンを喫した。

19周目 ペレスがピットイン。

21周目 ロズベルグとハミルトンの差が2秒6に開いた。ハミルトンとクビアトの差は14秒となっている。

22周目 クビアトがピットイン。

ボタスとライコネンがターン4で接触。

ライコネンにオーバーテイクを仕掛けたボタスがライコネンの右リアに乗り上げた。ライコネンはクルマを止めている。

24周目 ライコネンとボタスの接触が審議対象となった。

25周目 リチャルドがピットイン。

26周目 フェルスタッペンがピットイン。

27周目 ロズベルグがピットイン。ミディアムに交換した。

ライコネンとボタスの接触事故はお咎めなしとなった。

28周目 マルドナドにオーバーテイクを仕掛けたヴェッテルだが、抜くことができなかった。

スティーブンスがピットに入っている。

29周目 ハミルトンがピットイン。ミディアムに交換し、2番手でコースに戻った。

ロッシもピットに入った。これでピットに入っていないのはバトンのみとなった。

30周目 現在の順位は、ロズベルグ、ハミルトン、クビアト、ボタス、マッサ、リチャルド、ヒュルケンベルグ、フェルスタッペン、ペレス、サインツ、バトン、グロージャン、マルドナド、ヴェッテル、エリクソン、ナスル、スティーブンス、ロッシとなっている。

31周目 ハミルトンが1分22秒441のファステストを記録した。

32周目 バトンがピットイン。ソフトに交換した。

36周目 ヴェッテルがピットイン。ミディアムに交換した。

40周目 ロズベルグとハミルトンの差は2秒7、ハミルトンとクビアトの差は24秒6、クビアトとボタスの差は1秒9となっている。

41周目 エリクソンがピットイン。

44周目 サインツがピットイン。ソフトに交換している。

47周目 ロズベルグがピットイン。ミディアムに交換した。

48周目 メルセデスのクルーがピットインの準備をしていたが、ハミルトンはピットに入らなかった。

49周目 ハミルトンがピットイン。ミディアムに交換した。

50周目 6番手のリチャルドがマッサにコンマ3秒差に迫っている。

51周目 リチャルドがマッサをパスして5番手にポジションを上げた。

ペレスがフェルスタッペンをパスして8番手となった。

52周目 ヴェッテルがクラッシュ!クルマを止めている。

53周目 セーフティーカーが入ることになった。サインツ、エリクソン、クビアトがピットに入っている。

リチャルド、マッサ、ヒュルケンベルグ、ナスル、フェルスタッペン、グロージャン、マルドナドもピットに入っている。

クレーン車がヴェッテルのクルマを撤去している。

54周目 ボタスがピットイン。

55周目 マーシャルがヴェッテルがクラッシュした壁を直している。

現在の順位は、ロズベルグ、ハミルトン、クビアト、ボタス、リチャルド、マッサ、ヒュルケンベルグ、ペレス、フェルスタッペン、グロージャン、マルドナド、サインツ、エリクソン、ナスル、バトン、スティーブンス、ロッシとなっている。

多くのクルマがソフトを履いているが、ロズベルグ、ハミルトン、ボタス、マッサ、ヒュルケンベルグ、ペレスはミディアムを履いている。

SCが出た際にペレスはピットに入らずにコース上にとどまった。

58周目 SCが戻り、レースが再開された。

ボタスが3番手にポジションを上げた。ナスルがクルマを止めている。

59周目 ナスルはブレーキトラブルを抱えたようだ。

60周目 現在の順位は、ロズベルグ、ハミルトン、ボタス、クビアト、リチャルド、マッサ、ヒュルケンベルグ、ペレス、フェルスタッペン、グロージャン、マルドナド、サインツ、エリクソン、バトン、スティーブンス、ロッシとなっている。

62周目 ロズベルグとハミルトンの差は1秒1、ハミルトンとボタスの差は3秒9、ボタスとクビアトの差は1秒、クビアトとリチャルドの差はコンマ6秒となっている。

66周目 1ストップのペレスは8番手を走行中で、後ろにいる使用済みのソフトを履いているフェルスタッペンと同じペースを維持している。

68周目 ロズベルグが1分20秒521のファステストを記録した。

11番手のマルドナドがグロージャンにコンマ8秒差に迫っている。

残り2周 ロズベルグとハミルトンの差は1秒6となっており、ロズベルグが逃げ切る体制に入っている。

ファイナルラップ ロズベルグは1秒6差をつけてファイナルラップに突入した。

レース終了! ロズベルグがトップチェッカーを受け、今季4勝目を挙げた。

ハミルトンが2位、ボタスが3位に入っている。

メキシコGP決勝結果は、1位ロズベルグ、2位ハミルトン、3位ボタス、4位クビアト、5位リチャルド、6位マッサ、7位ヒュルケンベルグ、8位ペレス、 9位フェルスタッペン、10位グロージャン、11位マルドナド、12位エリクソン、13位サインツ、14位バトン、15位ロッシ、16位スティーブンスと なり、ナスル、ヴェッテル、ライコネン、アロンソはリタイアとなった。

ドライバーズチャンピオンシップは、ハミルトン345p、ロズベルグ272p、ヴェッテル251p、ボタス126p、ライコネン123pとなっている。

コンストラクターズチャンピオンシップは、メルセデス617p、フェラーリ374p、ウィリアムズ243p、レッドブル172p、フォースインディア112pとなっている。

今回のピレリの帽子は、メキシコでおなじみのソンブレロだ。

表彰式後のシャンパンファイトで、メキシコカラーの赤、緑、白の紙吹雪が舞っている。

久々にF1カレンダーに復帰したメキシコGPは、熱狂的なファンの後押しを受けて素晴らしい復活を遂げた。

次戦のブラジルGPは、2週間後の11月15日に決勝レースを迎える。

関連記事

コメント

最新ニュース

  1. 2017年07月22日

  2. ハース 2018年もドライバーラインナップ継続へ 10:03

    ハース 2018年もドライバーラインナップ継続へ

    ハースのチームオーナー、ジーン・ハースは、2018年シーズンもロマン・グロージャンと…

    F1
  3. 2017年07月18日

  4. ピレリ フェラーリのタイヤトラブルについて「数日中」に結論 13:06

    ピレリ フェラーリのタイヤトラブルについて「数日中」に結論

    ピレリは、イギリスGP決勝でキミ・ライコネンとセバスチャン・ヴェッテルに起きたタイヤ…

    F1
  5. 2017年07月16日

  6. 22:41

    イギリスGP決勝結果

    F1
  7. イギリスGP決勝 ハミルトンがポール・トゥ・ウィン 22:40

    イギリスGP決勝 ハミルトンがポール・トゥ・ウィン

    イギリスGP決勝が行われ、ポールシッターのルイス・ハミルトンが優勝を飾った。2位にヴ…

    F1
  8. 20:52

    最新画像 イギリスGP(日曜日)

    F1
  9. 2017年07月15日

  10. 23:43

    イギリスGP予選結果

    F1
  11. イギリスGP予選 ハミルトンがポールポジション 23:42

    イギリスGP予選 ハミルトンがポールポジション

    イギリスGP予選が行われ、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。2位にキミ…

    F1
  12. フリー走行3回目 ハミルトンがトップタイム 23:38

    フリー走行3回目 ハミルトンがトップタイム

    イギリスGPフリー走行3回目で、ルイス・ハミルトンが1分28秒063のトップタイムを記録した。100分の3秒差でセバスチャン・ヴェッテルが2位に続き、ヴァルテッリ・ボタスが3位となった。

    F1
  13. 23:34

    最新画像 イギリスGP(土曜日)

    F1
  14. ボタス ギアボックス交換で5グリッド降格 11:12

    ボタス ギアボックス交換で5グリッド降格

    イギリスGP金曜フリー走行でトップタイムを記録したヴァルテッリ・ボタスが、ギアボック…

    F1
  15. 2017年07月14日

  16. フリー走行2回目 ボタスが再びトップタイム 23:29

    フリー走行2回目 ボタスが再びトップタイム

    イギリスGPフリー走行2回目で、ヴァルテッリ・ボタスが1分28秒496のトップタイム…

    F1
  17. 20:01

    最新画像 イギリスGP(金曜日)

    F1
  18. フリー走行1回目 ボタスがトップタイム 20:00

    フリー走行1回目 ボタスがトップタイム

    イギリスGPがシルバーストンサーキットで開幕し、フリー走行1回目でヴァルテッリ・ボタスがトップタイムを記録した。2位にルイス・ハミルトン、3位にマックス・フェルスタッペンが入った。メルセデスの両ドライバーは、昨年のポールポジションタイムを更新している。

    F1
  19. ヴェッテル シールドデバイスをテスト 11:09

    ヴェッテル シールドデバイスをテスト

    今週末のイギリスGPフリー走行で、セバスチャン・ヴェッテルがシールド型のコックピット…

    F1
  20. アロンソ イギリスGPで5グリッド降格 10:58

    アロンソ イギリスGPで5グリッド降格

    フェルナンド・アロンソは、今週末のイギリスGPでエンジン交換による5グリッド降格ペナ…

    F1
  21. 2017年07月13日

  22. イギリスGPプレビュー 08:41

    イギリスGPプレビュー

    オーストリアGPを終えたばかりのF1は今週末、イギリスへ向かう。現在の10チーム中7…

    F1
  23. 08:25

    最新画像 F1ライブ・ロンドン

    F1
  24. ビデオ オコンのイギリスGPプレビュー 08:24

    ビデオ オコンのイギリスGPプレビュー

    Force India driver Esteban Ocon previews this weekend's British Grand Prix, which takes place at Silverstone.

    F1
  25. 2017年07月11日

  26. FIA ボタスのスタートは「偶然」 13:56

    FIA ボタスのスタートは「偶然」

    FIAは、オーストリアGP決勝でのヴァルテッリ・ボタスのスタートについて、「偶然の判…

    F1
  27. 2017年07月09日

  28. 22:57

    最新画像 オーストリアGP(日曜日)

    F1
  29. オーストリアGP決勝 ボタスが今季2勝目 22:56

    オーストリアGP決勝 ボタスが今季2勝目

    オーストリアGP決勝が行われ、ポールシッターのヴァルテッリ・ボタスが2勝目を挙げた。…

    F1
  30. 22:56

    オーストリアGP決勝結果

    F1
  31. オーストリアGP予選 ボタスがポールポジション 08:20

    オーストリアGP予選 ボタスがポールポジション

    オーストリアGP予選が行われ、ヴァルテッリ・ボタスがポールポジションを獲得した。2位…

    F1
  32. フリー走行3回目 ヴェッテルがファステスト 08:09

    フリー走行3回目 ヴェッテルがファステスト

    オーストリアGPフリー走行3回目で、セバスチャン・ヴェッテルがウルトラソフトで1分5…

    F1
  33. 2017年07月08日

  34. ハミルトン ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ 17:49

    ハミルトン ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ

    オーストリアGP決勝を前に、メルセデスのルイス・ハミルトンがギアボックス交換により5…

    F1
  35. フリー走行2回目 再びハミルトンがトップ 17:38

    フリー走行2回目 再びハミルトンがトップ

    オーストリアGPフリー走行2回目で、ルイス・ハミルトンが再びトップタイムを記録した。0.147秒差でセバスチャン・ヴェッテルが2位に入り、ヴァルテッリ・ボタスが3位となった。

    F1
  36. フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム 17:35

    フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム

    オーストリアGPが開幕し、フリー走行1回目でルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。2位にマックス・フェルスタッペン、3位にヴァルテッリ・ボタスが入った。

    F1
  37. 2017年07月07日

  38. 21:26

    最新画像 オーストリアGP(金曜日)

    F1
  39. 2017年07月06日

  40. オーストリアGPプレビュー 09:22

    オーストリアGPプレビュー

    ドラマチックなアゼルバイジャンGPを経て、F1サーカスはオーストリアのシュピールベル…

    F1
  41. 2017年06月28日

  42. ホンダ オーストリアGPに「スペック3」PUを投入 10:37

    ホンダ オーストリアGPに「スペック3」PUを投入

    ホンダの長谷川祐介氏は、来週末のオーストリアGPに「スペック3」と呼ばれるパワーユニ…

    F1
  43. ウォルフ アゼルバイジャンで「ペースを確認」 10:35

    ウォルフ アゼルバイジャンで「ペースを確認」

    メルセデス代表のトト・ウォルフは、劇的なレースとなったアゼルバイジャンGPで優勝を逃…

    F1
  44. 2017年06月26日

  45. 00:21

    最新画像 アゼルバイジャンGP(日曜日)

    F1
  46. 00:20

    アゼルバイジャンGP決勝結果

    F1
  47. アゼルバイジャンGP決勝 劇的レースでリチャルド優勝 00:19

    アゼルバイジャンGP決勝 劇的レースでリチャルド優勝

    アゼルバイジャンGP決勝が51周で争われ、セーフティーカー3回、赤旗中断、リタイア7…

    F1
  48. 2017年06月25日

  49. 04:41

    最新画像 アゼルバイジャンGP(土曜日)

    F1
  50. 04:40

    アゼルバイジャンGP予選結果

    F1
  51. アゼルバイジャンGP予選 ハミルトンがポールポジション 04:39

    アゼルバイジャンGP予選 ハミルトンがポールポジション

    アゼルバイジャンGP予選が行われ、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。2…

    F1
  52. 2017年06月24日

  53. フリー走行3回目 ボタスがトップタイム 21:52

    フリー走行3回目 ボタスがトップタイム

    アゼルバイジャンGPフリー走行3回目で、ヴァルテッリ・ボタスがトップタイムを記録した。2位にキミ・ライコネン、3位にルイス・ハミルトンが入り、セバスチャン・ヴェッテルとマックス・フェルスタッペンはテクニカルトラブルに見舞われた。

    F1
  54. フリー走行2回目 再びフェルスタッペンがトップ 00:21

    フリー走行2回目 再びフェルスタッペンがトップ

    アゼルバイジャンGPフリー走行2回目で、マックス・フェルスタッペンが再びトップタイムを記録した。2位にヴァルテッリ・ボタス、3位にダニエル・リチャルドが入った。

    F1
  55. フリー走行1回目 フェルスタッペンがトップタイム 00:19

    フリー走行1回目 フェルスタッペンがトップタイム

    アゼルバイジャンGPが開幕し、フリー走行1回目でマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録した。2位にダニエル・リチャルドが入り、レッドブルが1ー2。セバスチャン・ヴェッテルが3位に続いた。

    F1
more news