ウィリアムズF1 40年の歴史

ウィリアムズF1 40年の歴史

2017年05月09日 – フランク・ウィリアムズは1977年5月の第2週、フランク・ウィリアムズ・レーシング・カーズ(1969年〜1975年)とウォルフ・ウィリアムズ・レーシング(1976年)を経て、チーム代表として3期目をスタートさせた。ポールポジション128回、優勝114回、タイトル16回を獲得した名門チームのF1における40年を振り返る。


ウィリアムズのF1デビューは1977年のスペインGP(ハラマ)。マーチ・フォードを駆ったパトリック・ネーヴェは12位でレースを終え、シーズンが進むにつれて彼は徐々に順位を上げていった。モンツァではポイント獲得にあと一歩に迫るも7位。そんなネーヴェは、今年3月に他界している。


1978年、自社デザインで初めてポイントと表彰台を獲得したウィリアムズは1979年シーズン、サウジアラビア最大の商社、アルビラドの支援を受けてさらなる飛躍を遂げる。シルバーストンではアラン・ジョーンズがチームに初のポールポジションをもたらし、レースではクレイ・レガッツォーニが初優勝を遂げた。


ウィリアムズが初のワールドチャンピオンシップ制覇を達成したのは、わずか4シーズン目だった。1980年、アラン・ジョーンズは表彰台3回、リタイア3回という複雑なスタートを切ったが、その後の8レースで優勝4回と表彰台3回を獲得。ネルソン・ピケを破りチーム初のタイトルをもたらした。またウィリアムズは、コンストラクターズチャンピオンシップでも余裕の優勝を飾っている。


カルロス・ロイテマンが苦闘の末、わずか1ポイント差でタイトルをピケに持って行かれた1981年を経て、1982年にケケ・ロズベルグがウィリアムズにとって2人目のワールドチャンピオンに輝いた。現チャンピオンのニコ・ロズベルグの父であるケケは、わずか1勝と44ポイントで不安定で不運なライバルたちを倒したのだった。


フランク・ウィリアムズは1986年、フランスで交通事故に巻き込まれ、車椅子での生活を余儀なくされた。写真は、ブランズハッチでナイジェル・マンセルとピケにパドックへの復帰を祝福されている場面。両ドライバーは最終戦までタイトルを争ったものの、マクラーレンのアラン・プロストに屈した。


1987年、ピケは自身にとって3回目にして最後となるF1のタイトルを獲得した。シーズンを通して再びマンセルとの争いになったが、マンセルが鈴鹿で大クラッシュを喫し、最後の2レースを欠場したことで決着がついた。


1988年から1991年までマクラーレン・ホンダが圧倒的な強さを見せたが、1992年、ウィリアムズが復権を果たす。マンセルはついに、39歳にして自身初のタイトルを獲得し、翌年、FW15Cで独走したプロストが4度目の栄冠を手にした。


プロストの引退を受けて、1994年、フランク・ウィリアムズはついにアイルトン・セナとの契約にこぎつけた。しかし、ドライバーエイドの取り締まりによりFW16はドライブしづらいクルマとなり、ウィリアムズの支配は続かなかった。さらに、サンマリノGPでの悪夢が追い打ちをかけてしまう。


セナの死によりウィリアムズのリーダーとなったのはデーモン・ヒルだった。1994年と1995年、ベネトンのミハエル・シューマッハにタイトルを奪われたものの、ヒルは1996年に念願のワールドチャンピオンとなった。1997年には、ジャック・ヴィルヌーヴがシューマッハとの1シーズンに渡るタイトル争いに論争を引き起こす形ながらもけりをつけ、チャンピオンシップを制した。これ以降、ウィリアムズはタイトルから遠ざかっている。


10年間にわたるウィリアムズとBMWのワークスエンジン提携は、期待を裏切る結果となった。ファン・パブロ・モントーヤとラルフ・シューマッハは優勝を量産したものの、ミハエル・シューマッハとフェラーリの圧倒的強さには歯が立たず。モントーヤは2004年、ブラジルでの勝利を手にチームを去った。


モントーヤの優勝を最後に表彰台の頂点から遠ざかっていたウィリアムズだったが、2012年、パストル・マルドナドがスペインGPを制したことで以前の定位置に復帰することができた。予選後に燃料不足が原因でルイス・ハミルトンがタイムを抹消されたため、マルドナドはポールポジションからレースをスタート。フェルナンド・アロンソを封じてF1初優勝を飾った。ウィリアムズは、このマルドナドに続く優勝を待ちわびている。

関連記事

コメント

最新ニュース

  1. 2017年07月22日

  2. ハース 2018年もドライバーラインナップ継続へ 10:03

    ハース 2018年もドライバーラインナップ継続へ

    ハースのチームオーナー、ジーン・ハースは、2018年シーズンもロマン・グロージャンと…

    F1
  3. 2017年07月18日

  4. ピレリ フェラーリのタイヤトラブルについて「数日中」に結論 13:06

    ピレリ フェラーリのタイヤトラブルについて「数日中」に結論

    ピレリは、イギリスGP決勝でキミ・ライコネンとセバスチャン・ヴェッテルに起きたタイヤ…

    F1
  5. 2017年07月16日

  6. 22:41

    イギリスGP決勝結果

    F1
  7. イギリスGP決勝 ハミルトンがポール・トゥ・ウィン 22:40

    イギリスGP決勝 ハミルトンがポール・トゥ・ウィン

    イギリスGP決勝が行われ、ポールシッターのルイス・ハミルトンが優勝を飾った。2位にヴ…

    F1
  8. 20:52

    最新画像 イギリスGP(日曜日)

    F1
  9. 2017年07月15日

  10. 23:43

    イギリスGP予選結果

    F1
  11. イギリスGP予選 ハミルトンがポールポジション 23:42

    イギリスGP予選 ハミルトンがポールポジション

    イギリスGP予選が行われ、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。2位にキミ…

    F1
  12. フリー走行3回目 ハミルトンがトップタイム 23:38

    フリー走行3回目 ハミルトンがトップタイム

    イギリスGPフリー走行3回目で、ルイス・ハミルトンが1分28秒063のトップタイムを記録した。100分の3秒差でセバスチャン・ヴェッテルが2位に続き、ヴァルテッリ・ボタスが3位となった。

    F1
  13. 23:34

    最新画像 イギリスGP(土曜日)

    F1
  14. ボタス ギアボックス交換で5グリッド降格 11:12

    ボタス ギアボックス交換で5グリッド降格

    イギリスGP金曜フリー走行でトップタイムを記録したヴァルテッリ・ボタスが、ギアボック…

    F1
  15. 2017年07月14日

  16. フリー走行2回目 ボタスが再びトップタイム 23:29

    フリー走行2回目 ボタスが再びトップタイム

    イギリスGPフリー走行2回目で、ヴァルテッリ・ボタスが1分28秒496のトップタイム…

    F1
  17. 20:01

    最新画像 イギリスGP(金曜日)

    F1
  18. フリー走行1回目 ボタスがトップタイム 20:00

    フリー走行1回目 ボタスがトップタイム

    イギリスGPがシルバーストンサーキットで開幕し、フリー走行1回目でヴァルテッリ・ボタスがトップタイムを記録した。2位にルイス・ハミルトン、3位にマックス・フェルスタッペンが入った。メルセデスの両ドライバーは、昨年のポールポジションタイムを更新している。

    F1
  19. ヴェッテル シールドデバイスをテスト 11:09

    ヴェッテル シールドデバイスをテスト

    今週末のイギリスGPフリー走行で、セバスチャン・ヴェッテルがシールド型のコックピット…

    F1
  20. アロンソ イギリスGPで5グリッド降格 10:58

    アロンソ イギリスGPで5グリッド降格

    フェルナンド・アロンソは、今週末のイギリスGPでエンジン交換による5グリッド降格ペナ…

    F1
  21. 2017年07月13日

  22. イギリスGPプレビュー 08:41

    イギリスGPプレビュー

    オーストリアGPを終えたばかりのF1は今週末、イギリスへ向かう。現在の10チーム中7…

    F1
  23. 08:25

    最新画像 F1ライブ・ロンドン

    F1
  24. ビデオ オコンのイギリスGPプレビュー 08:24

    ビデオ オコンのイギリスGPプレビュー

    Force India driver Esteban Ocon previews this weekend's British Grand Prix, which takes place at Silverstone.

    F1
  25. 2017年07月11日

  26. FIA ボタスのスタートは「偶然」 13:56

    FIA ボタスのスタートは「偶然」

    FIAは、オーストリアGP決勝でのヴァルテッリ・ボタスのスタートについて、「偶然の判…

    F1
  27. 2017年07月09日

  28. 22:57

    最新画像 オーストリアGP(日曜日)

    F1
  29. オーストリアGP決勝 ボタスが今季2勝目 22:56

    オーストリアGP決勝 ボタスが今季2勝目

    オーストリアGP決勝が行われ、ポールシッターのヴァルテッリ・ボタスが2勝目を挙げた。…

    F1
  30. 22:56

    オーストリアGP決勝結果

    F1
  31. オーストリアGP予選 ボタスがポールポジション 08:20

    オーストリアGP予選 ボタスがポールポジション

    オーストリアGP予選が行われ、ヴァルテッリ・ボタスがポールポジションを獲得した。2位…

    F1
  32. フリー走行3回目 ヴェッテルがファステスト 08:09

    フリー走行3回目 ヴェッテルがファステスト

    オーストリアGPフリー走行3回目で、セバスチャン・ヴェッテルがウルトラソフトで1分5…

    F1
  33. 2017年07月08日

  34. ハミルトン ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ 17:49

    ハミルトン ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ

    オーストリアGP決勝を前に、メルセデスのルイス・ハミルトンがギアボックス交換により5…

    F1
  35. フリー走行2回目 再びハミルトンがトップ 17:38

    フリー走行2回目 再びハミルトンがトップ

    オーストリアGPフリー走行2回目で、ルイス・ハミルトンが再びトップタイムを記録した。0.147秒差でセバスチャン・ヴェッテルが2位に入り、ヴァルテッリ・ボタスが3位となった。

    F1
  36. フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム 17:35

    フリー走行1回目 ハミルトンがトップタイム

    オーストリアGPが開幕し、フリー走行1回目でルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。2位にマックス・フェルスタッペン、3位にヴァルテッリ・ボタスが入った。

    F1
  37. 2017年07月07日

  38. 21:26

    最新画像 オーストリアGP(金曜日)

    F1
  39. 2017年07月06日

  40. オーストリアGPプレビュー 09:22

    オーストリアGPプレビュー

    ドラマチックなアゼルバイジャンGPを経て、F1サーカスはオーストリアのシュピールベル…

    F1
  41. 2017年06月28日

  42. ホンダ オーストリアGPに「スペック3」PUを投入 10:37

    ホンダ オーストリアGPに「スペック3」PUを投入

    ホンダの長谷川祐介氏は、来週末のオーストリアGPに「スペック3」と呼ばれるパワーユニ…

    F1
  43. ウォルフ アゼルバイジャンで「ペースを確認」 10:35

    ウォルフ アゼルバイジャンで「ペースを確認」

    メルセデス代表のトト・ウォルフは、劇的なレースとなったアゼルバイジャンGPで優勝を逃…

    F1
  44. 2017年06月26日

  45. 00:21

    最新画像 アゼルバイジャンGP(日曜日)

    F1
  46. 00:20

    アゼルバイジャンGP決勝結果

    F1
  47. アゼルバイジャンGP決勝 劇的レースでリチャルド優勝 00:19

    アゼルバイジャンGP決勝 劇的レースでリチャルド優勝

    アゼルバイジャンGP決勝が51周で争われ、セーフティーカー3回、赤旗中断、リタイア7…

    F1
  48. 2017年06月25日

  49. 04:41

    最新画像 アゼルバイジャンGP(土曜日)

    F1
  50. 04:40

    アゼルバイジャンGP予選結果

    F1
  51. アゼルバイジャンGP予選 ハミルトンがポールポジション 04:39

    アゼルバイジャンGP予選 ハミルトンがポールポジション

    アゼルバイジャンGP予選が行われ、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。2…

    F1
  52. 2017年06月24日

  53. フリー走行3回目 ボタスがトップタイム 21:52

    フリー走行3回目 ボタスがトップタイム

    アゼルバイジャンGPフリー走行3回目で、ヴァルテッリ・ボタスがトップタイムを記録した。2位にキミ・ライコネン、3位にルイス・ハミルトンが入り、セバスチャン・ヴェッテルとマックス・フェルスタッペンはテクニカルトラブルに見舞われた。

    F1
  54. フリー走行2回目 再びフェルスタッペンがトップ 00:21

    フリー走行2回目 再びフェルスタッペンがトップ

    アゼルバイジャンGPフリー走行2回目で、マックス・フェルスタッペンが再びトップタイムを記録した。2位にヴァルテッリ・ボタス、3位にダニエル・リチャルドが入った。

    F1
  55. フリー走行1回目 フェルスタッペンがトップタイム 00:19

    フリー走行1回目 フェルスタッペンがトップタイム

    アゼルバイジャンGPが開幕し、フリー走行1回目でマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録した。2位にダニエル・リチャルドが入り、レッドブルが1ー2。セバスチャン・ヴェッテルが3位に続いた。

    F1
more news